書くワークやイメージングでポジティブになる方法

近頃 PC の発達であまり「紙に直接書く」という動作をしなくなりましたが、「書く」という動作は、人間の知的活動の中で、かなり重要な部分を占めています。

事実、自己啓発セミナーや NLP、コーチング、ソースワークショップなどに行くと、「書くワーク」というものは無数にあり、とても重要視されています。
(ですので、そのようなセミナーに参加する際は、プライベートであってもペンと紙を持って行く方が良いですよ♪)

書いていると、ブレスト(ブレインストーミング=発想法の一つ。一つのアイディアから想起されるものを次々と書いていくもの)がとても上手くいき、どんどんアイディアが湧いてくるし、情報を整理していくと、その過程でオートクライン(自分で勝手に考えがまとまっていく事)が起こったりもします。
(オートクラインに関しては、コーチングのように「誰かに話す」のが一番効率が良いですが、書くことにもそれに順ずる効果があります)

また、「達成したい夢を紙に書いて持ち運んだり、部屋の壁に貼っておくと、夢が叶う」とも良く言われています。実際に、書いた事が叶った!という方がいるのです
という事で、実際に書いてみましょう♪

<書くワーク>

(1)<したい事を書くワーク>
時間の制約もなく、お金の制約も無かったとしたら、あなたは何をしますか?
幾らでもお金はあります。時間もたっぷりあります。地位も名誉もあります。一国の大統領に会いたければすぐ会えます。

さぁ、何をしますか?「楽しくて」「ウキウキワクワクするもの」を5つ書いて下さい♪
(制限時間があった方が良いなと言う方は、5分以内を目安に書いてみて下さい♪)

たくさん書けそうなら、続けて下さい。
逆に5つ書くのが大変なら、5つまでいかなくても結構です。
自分が実際にそれを行っているところを考えて、「ニヤニヤ出来るもの」が最高です

どうですか?書けましたか?
書けたら、是非部屋の壁に貼ったり、バッグの中に入れたりスケジュール帳の中に貼ってみましょう
そして、時々見直してニヤニヤするのです。それだけで、何だかテンションが上がって来ますよ

ちなみに私は、自宅の壁に5年後に達成する目標が貼ってあり、スケジュール帳の裏表紙にも目標が書かれた小さな紙が貼ってあり、1日に1度くらい見てニヤニヤしています

(2)<アファメーション>
「自分が将来こうありたい姿を書くこと」を、「アファメーション」と言います。

例えば、
「私は年収2000万円です。温かく素敵な仲間に囲まれています。毎日充実して幸せです」
というようなものです。

ポイントは、「○○です」と、「現在形」で書くことです。現在形で書くことで、「断言出来る(=より強く想いが宿る)」し、「既に達成している気持ちになれる」ので、「達成することが当たり前で自然な事」に感じられ、達成への壁が一気に低くなります。

アファメーションは幾ら書いても良いです。一つでもいいし、100個書いてもいいのです。
自分が心地いいと思うだけ書けば良いのです。

ただ、今回は様々な角度から書いてもらうために、「3つ」書いてもらいます。(もちろん、それ以上書けるならたくさん書いて下さい♪)
という事で、自分がなりたい姿、こうありたい姿を思い浮かべ、「私は○○です」とアファメーションを「3つ」書いてみましょう^^

「収入」でも「心の状態」でも「スキル(能力)」でも「周りの仲間」でも「職業」でも「家族」でも「環境」でも、なんでも良いです♪
勿論、ポイントは「思わずニヤニヤしちゃう感じ」にアファメーションすることです

どうですか?ニヤニヤしましたか?
ちなみに私は、先ほどの「達成したい夢」と同じように、このアファメーションも壁に貼ってあります
(「私は幸せである」、とか「私は豊かである」、とかです)

アファメーションは途中で修正しても良いし、付け加えても良いので、日々見るようにしてみましょう
(その前に書いた「夢(したい事)」は、暫く置いておいて下さいね

同じ物を何度も見て強烈に頭にインプットして実現するものですし、ノートに書いたりした場合は、忘れた頃に達成したりすることが多いみたいです
どうしても変えたい場合は、「追加」という形を取れば、両方叶っちゃうかもしれませんよ)

<まとめ>
「やりたい事」や「なりたい自分」を紙に書く事で楽しい気分になれる。また、それを壁に貼ったり毎日持ち歩いたりする事で、将来叶う可能性が高まる。

イメージングでポジティブになる方法

前向きな人・成功者は、「楽しげな未来」を想像する傾向があります。
日曜日に、「明日会社でどんなワクワクする事が待っているかな!楽しみ!」と思う人と、「明日はまた出社しなきゃいけない。また上司から怒られるのかなぁ」と思う人では、気持ちが全く違うし、その結果「実際に起こる事」も違って来るのです。

例えば、「きっと楽しい事が起こるぞ!」と思っている人には、「ほら起きた!」と、本当に楽しい事が起きて、「また上司に怒られるのかな、嫌だな」と思っている人は、「ほら怒られた」と、本当に怒られる事が多いです。

分析すると、プラス思考の時には、何が起こってもプラスに捉えるから、それを「楽しい事」や「ツイてること」と捉える事が出来、なお且つプラス思考だから発想も柔軟で仕事に創意工夫が出来て上手く行きやすく、逆にマイナス思考の人は、マイナス思考であるが故に発想が貧弱になり、創意工夫も出来ずに失敗をし、その結果怒られてしまう、という事でしょう。

ナポレオン・ヒルという方は、「思考は現実化する」と説きました。
確かに、「プロになる」と小学校の頃から思い描いていたイチロー選手は、メジャーリーグで大活躍していますし、とあるアメリカの大学の研究では、「卒業時に明確に目標を持っている学生」と「持っていない学生」の追跡調査をしたところ、その後「卒業時に明確に目標を持っていた学生」が、「持っていない学生」の何倍もの収入を得ていたそうです。

その方々は、具体的な「思考」を重ねていたのでしょうね。そしてそれが現実のものになったのです。

では、ワークをやってみましょう

<イメージするワーク>

(1)<自分をイメージするワーク>
(目を閉じながらやってみて下さい。そして、時々PC 画面を見て、やり方を確認して下さい)

まずはウォーミングアップです。
では、楽な体勢で、深呼吸して、リラックスして下さい。
宜しいですか?

では、有名人を一人思い浮かべて下さい。その際、「全身」を思い浮かべるようにして下さい。
では、その全身像を大きくしたり小さくしたりしてみましょう。ちょっとオーバーかな、くらいにやって丁度良いです。

では次に、その全身像をキラキラと輝かせたり、セピア色にしたりしてみましょう。これも、ちょっとオーバーなくらいにやってみましょう。眩しい!っていうくらいに輝かせたり、かと思えばセピア色にしたり。

どうですか?出来ましたか?

では次に、あなた自身を思い浮かべて下さい。これも全身像です。
そして、その全身像を大きく大きくしていき、更にキラキラさせていきましょう。
そして、想像の中の自分を、素敵な笑顔にしてみましょう。そして、たくさんの人々を登場させて、あなたの全身像の周りでスタンディングオーベーションで拍手をしてもらいましょう。

みんな満面の笑顔です。
「最高だ!」
「ブラボー!」
そんな声も聞こえます。
そしてもう一度自分の全身像に意識を向けましょう。
大きくて、キラキラ輝いていて、素敵な笑顔の自分。

では、そのイメージを思い浮かべながら、ニッコリ笑ってみましょう。
十分に味わい尽くすまで続けて下さい。
十分味わい尽くしたなと思ったら、目を開けて続きを読んで下さい。

どうだったでしょうか?
キラキラ輝いている人物、それは紛れもなくあなたなのです。
大丈夫。自信を持ってください。あなたは、自分が思っている以上の力を持っているのですから。

あなたがあなたであること。それだけで、十分素敵なのですから

(2)<「朝起きた時に奇跡が起こっている」というイメージワーク>
これもまた、目を閉じてやって下さい。楽な体勢で、深呼吸して、リラックスして下さい。
これを読んで、今夜寝たあと、明日の朝起きると、奇跡が起こっています。

何故かは分かりません。しかし、あなたが願っていた事が全て叶っています。
では、朝起きて全てが叶っている事が分かる最初の小さなきっかけは何でしょうか?
あなたは、何かひとつの事に気付きます。もしくは、何か一つの事が起こります。

それは、自分の心の中の事かもしれないし、音や声がするかもしれないし、匂いがするかもしれないし、何か肌で感じるかもしれないし、誰かを見たり誰かに会うかもしれません。それは一体なんでしょうか?

そして、そこから少しストーリーを進めてみましょう。
理想が叶った世界。あなたは何をするでしょうか。誰に会うでしょうか。何を経験するでしょうか。
どんなワクワクする事があるでしょうか。

十分に味わえましたか?
十分に味わいつくすまで、続けて下さい。
そして、十分に味わえましたら、にっこりしてみましょう
そうしたら、目を開けて下さい。

はい、では、どうだったでしょうか?
理想の未来を想像する、というのは、NLP で(時にコーチングでも)よくやります。
その理由は、まず単純に心地いいからです
そして、先ほど言いましたように、「思考は現実化する」からです
楽しげな明るい未来を想像すれば、実際に明るい未来を呼び寄せる事が出来ますよ♪

<まとめ>
楽しげな未来を想像すれば、楽しい気持ちになり、実際に楽しい未来がやってくる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする