関係を修復したいのにうまくいかない!やり方は?

私は、今まで様々な方々の男女関係の悩み相談を受けてきました。
悩みが深ければ深いほど、孤独感を感じ「どうして良いか分からない・・・。」と精神的に疲れながら目の前のことだけを追いかけてしまいます。

仲良く楽しく時間を過ごしたいのに、気持ちがすれ違う・・・・。
しかし、相手が大好きだから、大切だからこそ悩み続けてしまいます。

私は、一人で悩み続けているあなたのために、今までのカウンセリングを通して得てきた内容を一つのマニュアルにまとめました。
このブログを通して、一人でも多くの方がパートナーとの関係を改善し幸せだと思える時間を過ごして頂きたいと心より願っています。

クライアントが実績に成果を出している内容、本当に参考にして頂ける再現性の高い目先の方法ではなく、この先長く使える考え方を伝授致します。
テクニックを沢山紹介しても、実際に生活していても「この場合はどうしたら良いの?」と疑問だらけになってしまいます。
第一は、円満な関係を築くための考え方を学ぶべきなのです。

恋愛とは、特訓を繰り返すことだと思っています。
一つのことだけをクリアして、テクニックを習得しても長い関係を続けようとすれば必ず悩みが出てきます。
関係を修復する方法は、実績の内容を知り実践で繰り返して自分のものにしていくことがとても重要です。

数十人、数百人のクライアントの相談を受けてきましたが、私がしてきたアドバイスは全て一つの法則にのっとって回答させて頂いてきました。
これから伝授する法則を利用し応用するだけでかなりの悩み解決に繋がります。
<実際に私がそうアドバイスを行い、クライアントの方々は皆さん結果を出してきたわけですから自信を持って活用して下さい。>

関係をゼロ地点に戻す

まず、理想的な関係を表した図からお教えします。

理想的な形とは、お互いの気持ちと行動があいての方向を向いていることです。
相手のためにと『やり過ぎる行動』はしません。
更に、自分中心で相手に合わせてもらうだけの行動もしません。

1.ゼロ地点とは何か?

今まで私が沢山の恋愛、夫婦仲に悩み方々のカウンセリングを通して悩みを持つ方に見られる一つの共通点を説明致します。
関係のバランスが崩れているということです。

元々、2人で一緒にいて心地良いから交際を始めたはずですが、いつの間にか関係に力関係が生まれ、片方がもう一方に引っ張られている状態になっているのです。

『えっ、力関係? 別に下手に出てもいないけど? それって、どういうこと? 』
と疑問に思わせてしまったかもしれません。
要は、2人の関係バランスが崩れている状態ということです。

例えば、付き合い当初のカップルや、交際前の初めてのデートでこんな経験ありませんでしたか?

初めてのデートでは相手の様子を伺いながらお互いが気を遣い、デート先で相手に不快感を与えないように、より好いてもらうように気をつけて行動しますね。

『飲み物は何にする? 何が好きかな?』と男性が聞きます。
サラダが出てくれば『あっ、取ってあげるね。お皿かして!』と女性が気を遣います。

よくあるパターンですね。
確かに気を遣いあっている関係とはいっても、とてもバランスが取れているのです。
男性、女性共にお互いが興味を持ち、相手に関心を持ってもらおうとしています。

それが、交際が長くなるに従い、男性の我がままから女性よりも仕事や友人関係、趣味を優先したり、女性がパートナーである男性に合わせるのが面倒になり自分勝手な行動をとるようになります。

どちらかが離れようとすれば、もう片方は追いかけようと努力します。
今まで常に週末は一緒だったのに、序々に相手が言い訳をつけて会う頻度が少なくなると、もう片方は何とか一緒にいようと頑張ります。
今まで以上にメールをしたり、電話をしたり、、、
(あなたも、パートナーが今まで違う態度をしたり、会う頻度を少なくしようとされると不安から相手の探りを入れたり、今まで以上に会う頻度を増やそうとしたことはありませんか?)

今までと違う行動をとられると、本能的に矯正しようとする行動をとります。
更に、「相手が私から離れようとしているのでは?」と感じた時、相手を追いかけようと努力しなければ、交際・夫婦関係が終焉するという恐怖感が生まれ、より必死に行動します。

追いかけている方は必死になりますから、一時的にとても強いエネルギーが生まれます。
しかし、結局一時的なエネルギーですから、あるときグッと精神的な疲れが襲ってきたり、相手の行動が常に気になり何事にも集中できずにパートナー中心の精神的エネルギーをすり減らしながら送る生活になります。

あなたのもとを離れようとしている恋人やパートナーを追いかけようと頑張っている時に、精神的に不安定になったり、一気に精神的疲れを感じたり、不安感を感じませんか?

離れようとする相手の心を捕まえようと頑張り過ぎても、大抵の場合は悪循環になります。
相手は既に離れようとしている訳です。
その相手に更に頑張って近づこうとしても、当然相手は何とか離れようとします。

Aさん:追いかけようとしている
Bさん:離れようとしている

Bさんは何らかの理由からAさんから距離を置こうとしているので、Aさんが近づこうとした分だけ更に距離を取ろうと努力します。

(別れようと思っていなくても、)恋人と距離を持ち自分の感情を整理したいと考えている時に相手が毎日のように会おうとしたり、こまめにメールを送ってきたらどうですか?
自分の時間を確保して受験準備や新しく始まった仕事のプロジェクトに集中し始めた時に今まで以上にパートナーが泊まりにきたり、メールや電話をしてきたら距離を置こうとします。

離れようとしている相手に追いかけないと不安で仕方がない感情はとても深く共感しますが、その行動が悪循環になっているのです。

長く交際しているカップルや結婚して10年以上経つ夫婦にも関わらず、周囲が羨むような幸せで仲の良い関係を保っている方々もいます。
二人の関係はとてもバランスが取れているのです。

周囲が羨むカップルは時間の共有、様々な場面でお互いの力・想いが丁度中間点で交差する関係が出来ています。
(相手の気持ちを探って気を使い合う関係ではなく、)様々な場面を通してお互いを思う力がゼロ地点(中間地点)に近いので関係が継続的にうまくいきます。

恋愛や男女の関係はとても複雑に思われがちです。
『仕事が原因で別れた・・・』
『数日前に大きな喧嘩をして別れた・・・』

よく聞きませんか?
元々は仕事が原因で関係のバランスが崩れているのに、頑張ろうとする行動が更にバランスを崩し“別れる”という結果に結びついた例は少なくありません。
複雑な関係を複雑と捉えては、なかなか前に進めません。
常にゼロ地点に関係を戻す法則こそが、私が恋愛カウンセラーとしてクライアントの様々な内容の相談に答えてきた基本の考え方です。

「相手との関係が上手にいかない・・・。」と悩む方のほとんどはバランスを崩しているだけなので、この法則で解決出来てしまいます。

ただ離れようとしている相手を追いかけようとしても関係は改善されません。
関係のバランスをゼロ地点に戻さなければ受け入れてくれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする