美肌になるための洗顔法と保湿法とは?

美肌復元法での一番のポイントは洗顔になります。

皮膚の再生のメカニズムを皮膚のメカニズムを知って美肌になるではみてきましたね。角質層に深いダメージをあたえることは肌のもつバリア機能を損ねるだけでなく肌の老化にもつながることもわかりました。

それではどうすればダメージを与えすぎないケアができるのでしょうか。ポイントは手を使い、石鹸を使い、スペシャルケアをすることです。

美肌復元法、洗顔のポイント

洗顔は手で行ってください。手は微細な力加減ができるので毎日の洗顔にはスポンジやブラシなどの洗顔用グッズを使わないようにしましょう。

力がはいりすぎると角質層の深いところまでダメージを与えてしまいます。

また手で肌に直接触れることによって、そのときの肌の状態を微細に手の皮膚で感じることができます。人間の皮膚感覚を信じましょう。様子を見ながら手洗い洗顔を行って下さい。

美肌復元法の洗顔は石験で行います。 洗顔フォームやクレンジングをかねフォームは余分な油やトリートメント成分が入っていますので肌本来の力を回復させて復元させるという目的では 不必要です。

ですから石鹸で行ってください。石験ですがなるべく不純物の入っていないものをおすすめします。あなたのお肌にあう石験であればどんな石鹸でも問題ありません。

ちなみに私はドラッグストアなどで市販されているIVORYという石鹸を使っています。

大きな石鹸ですがこれは99%が脂肪ですのでお風呂の中に落としても浮きます。無香料、無着色ですので洗顔、お風呂、台所、洗濯の下洗いまでこの石験ですべて行っています。

勿論子供は新生児の頃からこれで体を洗っています。高価な石鹸ではありませんのでご安心くださいね。4個入りで400円から600円くらいです。

確か松嶋菜々子さんもこの石験の愛用者だと以前雑誌で読んだことがありますよ。

美肌復元法、スペシャルケアについて

週に一回、お風呂でスペシャルケアをします。 すこし厚くなった角質層を除去して新しい角質層を再生させるためです。

使うものはめがねクロスです。

最近ではTV番組で微細な泡立ちで毛穴の奥の汚れまで除去することができるという効果が確認されたため、このめがねクロスを洗顔用にしたものも売り出されています。

お風呂で週一回このクロスで洗顔してください。洗顔後、すぐに保湿用ジェルを塗ります。そして20分から30分くらい半身浴をします。毛穴を開かせて保湿ジェルの浸透をよくするのです。

いわば美顔器のスチームの役割と考えてください。蒸し美容ですね。

ジェルと書きましたが油分は肌に残ると酸化、しみの原因になりますのでクリームタイプではなく必ずジェルタイプを使ってください。

ちなみにめがねクロスですが私は東レのトレシーを使っています。

洗顔クロス用が発売される前から使っておりますがきめの細やかな泡が立ち、 洗顔すると肌がむきたまごのようになるので楽しいです。

40代の今の私の保湿ジェルはコエンザイムQ10ジェルです。(20代後半から3 0代はGEL&gelでした。)

保湿ジェルもあなたの年齢にあったものを選んでください。というのは、年齢を重ねるに従って皮膚のバリア機能の回復が遅れます。

そしてその回復をたすけるためにはサポートするサプリメントなりスキンケア製品が必要になってきます。

20代の肌と40代の肌では回復力が違いますので同じものをすすめることはできません。かえって、20代のときから効果の高い美容液などを使っているとお肌はそれが普通になってしまいます。

30代、40代で本当に美容液の効果が欲しいときにそれでは効かないということにもなりかねません。ビタミン剤を常に飲んでいた友人があるとき、ビタミン剤をきらしたことがありました。すると眼がかすむようになったのです。

体もサプリメントに頼り切った結果です。最初は気軽に効果があるからといって始めて、常用するようになるとそれが普通=あたりまえになります。

そしてそれがなくてはいられない肌や体になります。

ですから加齢していく肌を考えて常用しても差し支えない程度のものを使う方がよいと思います。また、最初は、高額で即効性をうたっているものよりも、長く続けられる適度な金額のものを使ってください。

そして肌年齢を考えながら保湿ジェルもステップアップしていくのがアンチエイジングのこつではないかと思います。

美肌復元法の洗顔法まとめ

く朝の洗顔と保湿>

石鹸を泡立てて手に取り、洗顔します。朝は冷たい真水で行ってください。

汚れを落としすぎずに毛穴を引き締め、むくんだ顔も小顔にする効果があります。

これは夜十分にクレンジングと保湿をしますのでぬるま湯でまた石鹸洗顔すると、肌の水分、汚れを取りすぎてしまうからです。

また、石験を泡立ててつけるのは一回ですが、その石験を肌に残さないよう5回から10回以上ばしゃばしゃと水をかけてください。

保湿は化粧水を手でパッティングして使ってください。乳液は使いません。 すこし乾いているなという感じがする場合は夜使用した保湿ジェルを塗ってください。

く夜の洗顔と保湿>

石鹸を泡立てて手に取り、洗顔します。夜はぬるま湯(35°Cから40°Cくらい)で洗顔します。

メイク落としなどのクレンジングフォームは使いません。

化粧用コットンなどにクレンジングオイルやクリームを含ませてのふき取りはしわ、たるみの原因にもなりますので、一切行いません。

不要な力を肌に与えないよう石鹸洗顔のみ行ってください。

その際、石鹸をつけるのは一回ですがぬるま湯で流す作業は5回から10回以上は必ずしてください。

石験を肌に残すことがダメージになりますので石鹸を完全に取りきるまでばしゃばしゃ洗顔してください。

保湿はジェルを使ってください。

酸化する油分の入ったクリーム類は使わないようにします。洗顔後すぐに保湿して下さい。お風呂の時に洗顔する場合は保湿ジェルがその場で使えるようにお風呂場に持って入ってください。年齢の出る首もジェルで必ず保湿しましょう。

注意

普段のお化粧を濃くしないことも美肌のためです。

私は普段の化粧はファンデーションを使わず日焼け止めにおしろいだけなので、(アイシャドーやマスカラ、口紅は使っていますが)お風呂でIVORY石験で洗顔するだけでOKなのです。(体も同じ石鹸で洗っています。)

どうしてもファンデーションを使った日は、クレンジングフォームで洗顔後、 石鹸洗顔して下さい。そのときもしつこいぐらいぬるま湯で汚れを流す作業が必要です。

美肌復元法、洗顔の手順と化粧法まとめ

く朝>

真水で石鹸洗顔・すすぎをよくすること(冬もがんばって真水でしましょう)
保湿は化粧水を手でパッティングして使ってください。

く夜>

ぬるま湯で石鹸洗顔・すすぎをよくすること(クレンジングクリームやオイ ルなどでむやみに肌をひっぱらないでください) 保湿は保湿ジェルを塗る(首も忘れないで)

<週一回>

スペシャルケア・めがねクロスで洗顔する一角質層落とし (石験をクロスにつけて泡立てます。泡のついたクロスでそっと顔をなでるようにしていきます。そのときゴシゴシすらないで優しく行ってください。)

すぐに保湿ジェルを塗り半身浴 (時間がない場合は半身浴しなくてもお風呂場で塗るだけで効果がありま す。)

く毎日の化粧>

日焼け止めを下地にする。 (日焼け止めを塗る。なるべくさっぱりしたのびのいいものを使ってください。乳液タイプでよいと思います。)

ファンデーションは使わない。おしろいを使う。

口紅やアイメイク、マスカラなどは女性の美しさを強調するものなので行って構いません。要は肌に一番負担をかけるファンデーションをやめましょう。

素肌がきれいになればファンデーションの必要はなくなります。(どうしても塗りたいときは帰宅後、すぐにファンデーションを洗い流してください)

上の作業を繰り返すことで自然に美肌が復元されます。そして気付くと美白もできてしまっています。

毎日の化粧も簡単にするだけで肌の美しさが増してより美しくなります。 だまされたと思ってトライしてみてくださいね。

睡眠と栄養

いままで肌を外側からみてきました。いうまでもないことですが美肌作りには、内側からのサポートも欠かせません。たくさん睡眠をとることと、バランスの取れた食事です。 この土台2点がなければ美肌は目指せません。

精神的なリラックスも美肌には大事です。ストレスを与えられた肌はストレスのない肌より角質層の復元時間がかかることが実験でも明らかにされています。

全くストレスのない生活というのは無理かもしれませんが、好きな音楽を聴いたり、好きなものを食べたり、好きな人と過ごしたり、アロマリラックスをしたりすることで美肌復元の回復力を取り戻しましょう。

床に寝て体の力を抜き、目をつぶるだけでもリラックスできますよ。最近では皮膚は、光も感じることができるのではないかと言われ始めています。睡眠をとるときは、必ず真っ暗にして寝てくださいね。そうすることで精神的リラックスのみならず体のリラックスも得ることができます。

最近読んだDR. カーネギー著『道は開ける』の中で悩みを解決する方法について書かれていた部分は非常に参考になりました。若さを保つ秘訣は悩みをなくすことでもあります。以下は日常生活の中での悩みから解放される秘訣です。

  1. 悩みを他人に打ち明けよう。信頼できる伴侶や友人に話そう
  2. 自分が気に入ったフレーズや感銘を受けた言葉を常に自分のそばに見たり、読んだりできるようにしておこう
  3. 他人の欠点をみないこと。他人の欠点が気になる時は、 その人の欠点ではなく、その人のよいところだけを書き出してみよう
  4. 知らない人でもそこで会うのは縁と思い、話しかけてみよう
  5. 明日のスケジュール、するべきことを今日寝る前に確認しよう。そうすることで、スケジュールに追い立てられるような気分から 解放され、明日が終わったときに達成感がもたらされる。
  6. 体の緊張を解いて、リラックスしよう

どうでしょう。少し物事の見方を変えたり、日々の姿勢を変えたりすることで日常の悩みが軽減されることは間違いありません。美肌にはストレスが対敵ですのでこれらを実践することは美肌復元の効果があるのです。

体の外側(肌)と体の内側(精神)が共に健やかであるよう心がけることで美肌復元はもちろんですが、あなたの美人度アップは間違いありません。どうぞ実践してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする