合コンでの席の座り方と効果的なドリンクの頼み方

合コンのスタート時において、いちばん避けてほしいのが、男女が対面で座ってしまうことです。
最初にこの形で座ってしまった合コンは、まず、うまくいきません。というか、うまくいくものも、うまくいかなくなります。
ですので、対面は避けて、あくまで男、女、男…と男女交互に座る形にこだわってください。

なぜ男女対面だと、うまくいかないか? といえば、やはりテーブルを隔てているぶん、どうしても距離を詰めにくいし、口説きモードにも入りにくい。そのうえ、席替えをしようにも、仕掛けどきが非常に難しくなるからです。
そして、男女対面で何よりいちばん問題なのが、勝つための絶対戦略である「マンツーマン」の形がつくりにくいことです。

たとえば4対4の合コンで、男女が向かい合う形で横並びにテーブルに座った場合、自分の真向かいのコだけを相手にするのは不自然だし、難しいでしょう。
そのため、どうしても斜め向かいのコも交えて数人で会話のボールを回すことになるので、2対2とか、3対3で会話をするような形が続きます。

これがよくないんです。
実はこの「みんなで盛り上がる」という図式は、合コンにおいてゴールを遠ざける一因になります。

もちろん、みんなで盛り上がる合コンは、その場はそれなりに盛り上がりはしますが、たいていはそのまま解散になることが多く、終わってみると、「あれ? 俺、誰の連絡先も聞いてねえや」というパターンに陥りがちです。
これじゃ、合コンをしたことに、なんの意味もないですよね。
お食事会だったら、それでもいいですけど、僕らのやっていることは食事会じゃなくて、あくまで合コンですからね。

だから、もしアナタが結果にこだわる合コンをするのであれば、マンツーマンの形をつくるためにも、まずは男女交互に座るべきです。
そして、そうするために、いちばん理想的なのは、「男が先に店に入って、席をひとつづつ空けた状態で女のコを待つ」というやり方です。

で、いざ女のコが到着したら、「こんちはー。じゃあ、女のコはひとりづつ空いてるところに座ってー」という感じで持っていくと。
これなら女のコからも特に抵抗されるなく、男女交互の形をつくれるハズです。

ところが、もし女のコと同時に部屋に入るタイミングでこれをやろうとすると、「えー、いいじゃん。普通に座れば」とか言って躊躇するコがいるんですね。で、そこで変に男がごねると、いきなりこちらの評価を下げかねません。
ですので、スムーズに男女交互の形をつくるためにも、女のコたちと外で合流して一緒に店に入るのではなく、男が先に店に入っておくべきです。

ちなみに、これはちょっとした裏テクですが、3VS3の合コンで、こちらが用意した個室に座布団が8枚あったとします。
こういう場合、僕なら、女のコが到着する前に、余分な2枚は隠しちゃいます(笑)。
そのぐらい、席を男女交互にさせることにこだわるべきなんです。

合コンの待ち合わせのやり取りに関しては、女のコにメールでお店の名前とMAP(ホームページやぐるなびの、お店のMAPに飛べるURL)を貼り付けたうえで、
「お店は、以下のお店を20 時から○○の名前で取ってます。 ~URL~ 集合はお店に直でよろしく」
と送っておけばOKです。

とはいうものの、なかには、一旦外で女のコたちと合流せざるを得ない場合もあるかと思います。
その場合の注意点としては、交わすのは最初の挨拶ぐらいに留めておいて、あとは合コン会場に着くまであまり会話をせずに、男が先導する形でどんどん歩いていく(たまに後ろを振り返る程度で)ことをオススメします。

もちろんこれも作戦で、そうすることで、女のコたちは「今日の合コンは大丈夫なのかな?」と、一瞬、不安を抱きます。
あえて微妙な距離感をつくって相手に不安を抱かせておきながら、いざ本番では化けることで、ギャップ効果を生み出せるワケです。

これが、最初から普通に会話しながら移動しちゃうと、相手にがっつき感を与えかねないし、向こうからしてみれば「合コンに来るイメージのまんまの男」になってしまうんですね。
だから、最初は冷めてるぐらいの対応でちょうどいいんです。
これはお店に入って、各自ドリンクを頼んだ後、全員のドリンクが運ばれてくるまでも同じです。

最初はフリートークであえてまとまりのない空気をつくっておきながら、全員のドリンクがきた時点から、一気に合コンモードに入っていく。
このほうがギャップを演出できるハズです。

効果的なドリンクの頼み方~酒を飲ませるという意識~

さて、お酒が運ばれてきたら、いよいよ合コン本番です。
ここから先は、やはり女のコがどれだけお酒を飲むか(または飲ませることができるか)が、流れを左右する大きなポイントです。

向こうも「酒を飲む」という前提で来ているのが合コンなワケで、初手から酒を飲ませることが許されるこの状況を生かさない手はありません。
言い換えれば、ある程度は飲んでもらわないと、わざわざ「合コン」に誘った意味がないワケです。

誤解してほしくないのですが、僕の言う「飲ませる」というのは、決して、べろべろに酔わせて判断力を鈍らせて持ち帰りを狙えとかいう意味ではありません。
単純な話、誰だって飲めばテンションが上がるし、警戒心も下がります。
そうなって初めて、普段はガードが堅いイイ女にも付け入る隙が出てきます。
その「隙」を生むための「酒」なんです。

わかりやすく例え話をすると、同じ合コンの場に、普段は女のコと出会う機会も少なく、モテたこともほとんどない普通の会社員「A男」がいたとします。
一方で、ファッション雑誌の読者モデルなんかもつとめる、普段から男にナンパされまくりモテまくりの女子大生「B子」もいるとします。
ボクシングで言えば、A男が4回戦ボクサーなら、B子は日本ランカーといったところでしょうか。

でも、A男の狙いはB子。
この場合、4回戦ボクサー(A男)が、いつもどおりのまま日本ランカー(B子)に挑んで、パンチをバンバン当てられるでしょうか?
当たるワケないですよね?

でも、日本ランカーのガードが下がってディフェンスがゆるくなれば、徐々にパンチが当たることもあるでしょう。
そして、そのパンチの中に、快心のパンチが一発でもあれば、日本ランカーが倒れることだってあるかもしれません。
つまり、格下が大物食いを果たす可能性が生まれるんです。

普段は勝負するチャンスすらなかなかないようなイイ女と、互角のせめぎ合いをするためには、まず同じレベルで勝負できる環境をつくらなければいけません。
そのためには、女のコたちに「飲まされてるな」と感じさせずに、お酒を飲むよう誘導していくことも大切です。

たとえばドリンクをオーダーする際、僕は、「じゃあ、俺、ビール。ほかにビールの人~?」と手を挙げながら皆に聞いちゃいます。
そこで、男が全員手を挙げると、女のコも結構同調するものなんです(ビールが飲めないコを除いては)。
何も言わないと、最初からサワーを頼んじゃうコもいますからね。

だから、「ビールの人~?」と聞くのも、ある種の誘導なワケです。
このとき、お店によっては、ビールがピッチャーやデキャンタで頼めるところもあるので、この場合は、そっちを頼むほうがよいです。
女のコの酒がなくなりそうになったら、すかさず注げますからね。

そうやって、合コン中は、常に女のコの酒を切らさないようにすることが大切です。
飲み放題コースで取っているなら、お酒は常に多めに頼んで、テーブルに置いておけばいいんです。飲み放題なら、別に多く頼んで困るものじゃないし、置いておけば誰かは飲むでしょうから。

また、お店によってはワインがデキャンタで頼めたりするところもあります。
この場合は、ワインをフルに活用すべきです。

ここからはちょっとダークなテクニックの話になりますが、ワインというのは比較的アルコール度数の高い飲み物です。
そこへいくと、サワーなんかは、お店やつくる人によってアルコールの濃さはバラバラですよね?
つまり、同じ量を飲んだ場合、サワーよりもワインのほうが確実に酔うんです。
さらに好都合なことに、お酒が飲める女のコで、ワインが嫌いというコはあまりいません。

なぜかワインが好きな女のコって多いんですよ。
飲みやすいからあまり悪酔いしなそうなイメージがあるのかもしれませんが、どっこい、ワインは結構あとからくるんです。
だから、もし、「もうビールは飲めない」とか言われたら、「じゃあサワーにすれば?」とか安易に言っちゃいけません。
「じゃ、ワインとかにすれば?」
これが正解です(笑)。

ワインじゃないにせよ、日本酒、焼酎、梅酒、そのあたりをススめるべきです。
これもひとつの誘導です。
さっきも言ったように、ガードの固い美女の懐に入って勝負するには、まずはガードを下げさせなければいけません。
そのためには、1次会~2次会の限られた時間の中で、ある程度は酔ってもらわなくてはいけないワケですから、同じ量なら、少しでも度数の強いお酒を飲んでもらうほうが効率的です。

「なんか、そんなに飲んでないのに気付いたら酔っちゃった…」
女のコがそう思うような酔い方をするのが理想です。
ひとつ言っておきますが、「強引に飲ませる」のと、「飲ませ上手」は、全然、意味が違います。

飲ませるのではなく、あくまで飲ませ上手になって、女のコが「自分の意志で」少しでも多くお酒を飲むように誘導してください。
でも、あまりにもしつこく酒を薦めるのはダメですよ。
「ホント、もう飲めない」とか、「ちょっと1回、水飲ませて」とか言われたら、それは応じてあげてください。

何度も言うように、「飲まされてる」と思われないようにするのが、デキる男の飲ませ方ですから。

それから、いちおう書いておきますが、最初のお酒が運ばれてきたときの「乾杯」の音頭は、そんなに凝る必要はないと思います。
乾杯のやり方で笑いを取りにいくこともいできますが、僕自身は、ほとんど「カンパーイ」とか、「おつかれー」とか普通にやっています。
まあ、凝った乾杯でも、普通の乾杯でも、大勢に影響はないのでノーマルな感じでいいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする