合コンの2次会ではカラオケに行くな!その理由は?

以前、どうしても場が盛り上がらないときの打開策として、席替えやコインゲームについて説明しました。
しかし、これはあくまで一時しのぎの窮地の策であって、基本的には席替えやゲームをせずとも、よほど女子を退屈させたり引かせない限り、2次会に行けることのほうが多いハズなんです。

僕の経験上、普通にやっていれば70%ぐらいの確率で、相手が特にごねることもなく2次会までは着いてきます。
逆に、一次会であまりにギクシャクしているようなら、席替えやゲームをして時間を稼いでまで2次会に持ち込んでも、うまくいかない可能性も高いかもしれません。
そういうときは、スパッと解散するのもアリかもしれませんが、2次会でさらにアルコールが入ることで(壊れて)態度やキャラが変わる女もいるので(笑)、可能なら2次会に行って、その可能性にかけてみるほうをオススメします。

それから、2次会への誘い方とかを気にする方もいるかもしれませんが、僕は、特に1次会の最中に次のお店に行くことを明言したりはしません。
強いて言えば、1軒めの会計を済ませた時点で、「じゃあ、次行こっか」って普通に宣言してます。
最初から、それが規定路線であるかのように。

ここで
「えー。電車なくなっちゃうよー」とか、「途中までしかいられないかも」とかいうコもいるかもしれませんが、そういうときも基本はGOです。

ギャグっぽく、
「だいじょぶ、だいじょぶ。JRには俺が1本電話入れとくから」
とか、
「まあ、とりあえず行こうよ。で、向こうに行ってから考えようよ」
とか言いながら、お店に向かっちゃっていいと思います。

ただし、2次会へスムーズに移行するためにも、お店だけは事前に決めておいたほうがいいです。
もし、お店が決まらないまま、入れるお店を見つけるのに時間を食うようだと、女のコも冷めてきます。
特に、季節が冬だったり、外が雨などの悪天候だったりすると、1次会から2次会へと移動するときにモタつくのはかなり危険です。

なので、基本的に2次会用のお店は、事前に携帯に数件登録しておき、1次会終了と同時に電話を入れて予約しちゃうのが、いちばん間違いないです(※ただし、金曜土曜はどこも満席で、事前連絡だと入れないお店も多いので要注意)。
お店さえ決まっていれば、場合によっては、2組以上に分乗してタクシーで移動しちゃうのもアリだと思います。

2次会でカラオケに行くのはご法度!

2次会で絶対に行くべきじゃないのが、カラオケです。
なぜか?

以前、合コンにおいて「みんなで盛り上がる」のはマイナスだと書きましたよね?
実はカラオケこそ、その「みんなで盛り上がる」最たるものなんです。
どうして、みんなで盛り上がることがいけないかを説明しましょう。

まずひとつは、女のコたちが歌に走ってしまうと、こちらが口説く機会や、仕掛けるタイミングを逸してしまうからです。
2次会というのはマンツーマンを固める場です。
つまり、意中の相手との距離を一気に縮めて、その気にさせるべく畳み掛ける「勝負の時間」が2次会なんです。
いかに効果的なジャブを何発も繰り出せるかが問われる時間なのに、みすみすカラオケに行ってしまったら、少なくとも相手が歌う時間、自分が歌う時間はムダになります。
また、歌がある分、相手も逃げやすいので、落ち着いて、じっくり距離を詰めることもできません。
要するにカラオケに行った時点で、相手に逃げ道を与えちゃうワケです。

さらに、カラオケのもうひとつのマイナスが、歌い続けることで、女のコたちの酒が抜けてしまうことです。
それじゃ、1次会で飲ませた意味がありません。
お酒を飲ませることを誘導できるのが合コンのメリットなのに、「酒を飲ませない方向に持っていって、どうすんの」っていう話なんです。

もちろん、カラオケボックスでもお酒は飲めますよ。
でも、歌に逃げることができる環境では、飲むペースは明らかに落ちます。
まして、お酒がそれほど好きじゃないコは、まず率先しては飲まなくなります。
こういう状況と、2次会でも個室で飲むのとでは、どちらが相手との距離を詰められるかは、言うまでもありません。

繰り返しになりますが、2次会でのカラオケというのは、自ら墓穴を掘っているようなものなんです。
どうしても行かねばならない状況になってしまった場合は、歌で目立つことより、意中のコとマンツーマンの形になることを意識すべきです(歌によほどの自信がある場合は別ですが)。

結局、合コンでのゴールは、最終的に相手に仕掛けるまでの前段階で、どれだけ相手に「この後、この人と2人きりになってもいいかな」と意識させることができるかが勝負なワケですから、得意げになって歌ってる場合じゃないんです。
まして男子メンバーのひとりが熱唱してしまうことで、全員がマイクを持ち出し、カラオケ大会のようになってしまう危険性もあります。

こうなると場のムードが健全になってしまうばかりか、なんとかマンツーマンの状況をつくろうと頑張っている男(これこそが正しい攻め方なのに)が、その空間でひとり浮いてしまいかねないワケです。
こういう本末転倒な事態が起こりうるので、僕は合コン慣れしていない人たちがカラオケに行くことをあまりオススメしないんです。

まあ、例外もなくはないですよ。
部屋の照明を限りなく落として、周囲が歌っているのを尻目に、完全にツーショットに持ち込んで距離を詰めることも不可能ではないですけど、それが可能なのは、相手のコもアナタに興味を持っていることが前提(つまり1次会である程度、好感触を掴めているような場合)です。

そういうケースもあるにはありますが、やはり2次会でのカラオケはオススメしません。
唯一、行ってもいいのは、「カラオケが設置された個室」のある店です。
これなら、全員が歌わなければいいだけの話ですから、それほど問題はありません。
そんなワケで、基本的に2次会でのカラオケはNGと心得てください。
実際、過去に2次会でカラオケに行ってしまったことで、数々の後悔を生んだ僕が言うんだから(苦笑)、間違いないです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする