合コンでは女子は無料?女にもお金を払わせるべきこれだけの理由

1次会のお店を出る際の会計をどうするかについても僕なりの見解を述べておきます。
おそらく、1次会は男が全部出してもいいのでは? と思っている人も少なくないかと思うのですが、それは違います。
必ず女子からもお金は取ってください。

女子は基本的に、男には驕られ慣れている生き物ですから、驕ってもらえて当たり前ぐらいの感覚でいるコもいるにはいます。
しかし、だからといって、1次会を全部男が出してしまうのは得策とは言えません。
なぜなら、女子にもお金を払わせないと、流した合コンをされてしまう可能性が高いからです。

わかりやすく例えると、お見合いパーティーの料金設定で、男子5千円、女子無料とか、あるじゃないですか?
そういうパーティーに5千円払って参加している男子と、無料で参加している女子のモチベーションが同じじゃないのは当たり前です。
どうしたって、女子のほうは、別にタダだし次があるからいいや、という気持ちになりますからね。
これが自腹を切って3千円でも払っていたなら、最低でも「元を取ってやろう」という気になるので、のめり込み方が変わるハズです。

要は、合コンでもそれと一緒のことが言えるワケです。
つまり、お金を払わせたほうが、向こうにも「元を取ろう」という意識が芽生えるんですね。
例えば、4対4の合コンで3980 円の飲み放題(料理つきコース)をとっていた場合、会計は31840 円です。
これをどう割り振るかは、幹事の腹ひとつです。

僕なら、このケースは男子2万円。女子が残り(11840 円)という感じに割り振ると思います。
男子がひとり5千円、女子がひとり2960 円(3千円もらって、おつりを返す)という計算です。このぐらいが、いちばんいいバランスじゃないでしょうか。
ただし、これは2次会に行くのが確定していることが前提の割り振りです。

相手との年齢差などを考慮して、2次会により確実に引っ張ることを考えるなら、男が6千円、女2千円でもナシではないですが、その場合、2次会ではもっと払わせていいと思います。
これが、もし1次会で解散しそうな雰囲気なら、極端な話、割り勘でもいいと思います。
1次会解散になっても、絶対に次につなぎたい相手であれば、多少多めに出してあげたてもいいと思いますが、「今日いけないなら、日を改めて攻めるほどでもないな」と思うのであれば、割り勘でもいいんじゃないでしょうか。

例外として、相手が学生だったり、セッティング段階で「驕るから」と言ったりした場合は別ですけど。
さすがに社会人が、学生相手に割り勘というのは、ちょっとかわいそうですからね。

そういった例外を除けば、基本的に僕の会計に対する考え方は、そんな感じです。
完全割り勘とはいかないまでも、意識としては「ほぼ割り勘」がポイントです。
そんな強気で大丈夫ですか? という声もあるかもしれませんが、女のコもその場を楽しいと思ってさえいれば、お金を払ってくれるものです。
だって、相手がCAだろうがイベコンだろうが、1次会でお金を取ったことでブーブー言うような女たちなら、どう考えても性格がいいワケないですから。
そんな女、彼女にしたいと思いませんよね?

不思議なもので、僕がこれまで結果を出せたときの合コンを振り返ってみると、そのほとんどは女にも金を払わせています。
つまり抱けた女は、自分も金を払っている女なんですね。
逆に、全部驕ったり、ちょっと高めのお店でやって男が多く払った合コンというのは、結果が出ていないケースが多いんです。
これは僕の中で、データとしてハッキリ出てます。

それがどういうことなのか、僕自身も明確に分析はできていないのですが、やはりお金を払わせたほうが、女子の真剣度が上がるのは間違いないです。
こちらが全部驕っちゃうと、女子はそれで満足しちゃうんだと思います。

そりゃ、驕ってあげれば、その場は喜ばれはするでしょう。
でも、何も恩恵を与えてくれない女に、「男だから」という理由だけで全部驕ってやる必要なんかありません。
だって、それじゃキャバクラ行くのと変わらないですから。
もし、「女に金を払わせるのは俺の美学に反する」という方がいれば、それは1対1のデートのときにやってください。
こと合コンに関しては、全部驕るのは得策とは言えません。
少なくとも800 回以上合コンをやってきた僕の経験からは、ハッキリそう言えます。
会計の額によって男が多少多めに出すのは仕方ないにしても、女子にも最低2千円ぐらいは払わせたほうがいいと思います(千円だと、あまり意味がないです)。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする