転職での面接時に上手に面接官の質問に答えるにはどうすればいいか?

ついにここまでやってきました。面接を(複数回あることも多いですが)最終選考と位置づけている会社が殆どなので、これを突破すれば無事内定がゲットできるということになります。

面接にあたり、忘れてはならないこと、それは、面接に呼ばれた時点で必ずあなたには合格の可能性があるということです。
書類選考であなたが通った時点で、採用する側としてはあなたに何らかの点で興味をいだいています。(もし全く興味がなかったら、わざわざ時間を割いてまであなたに会おうとは思わないからです)
従って、そのポイントをうまくつき相手のあなたへの興味を“確信”へと変えること、これが面接を通るために、あなたがやるべきことです。

そのためには、面接に対する準備(対策)と、面接への慣れ(場慣れ)が必要です。
慣れについては、ある程度面接の場を経験することで慣れていくしかありませんが、面接に対する準備というのは、実は事前にかなり行なうことができます。
ここではその部分を中心に考えていきます。

ところで、「受かる面接」とはどういうものか、考えたことはありますか?
特に定義はありませんが、採用担当者と話すと以下のような共通項が浮かび上がってきます。
1. 採用する側が、転職者に対し「この人と一緒に働きたい」と思うかどうか
2. 採用する側が、「この転職者が自分の会社で働いている姿を想像できる」かどうか
このどちらかを満たしていると、あなたが受かる可能性は高くなります。

気づきましたか?実は「あなたが優秀かどうか」がメインではないのです。
ごく一部のキャリア・能力重視の企業を除くと、最終的には「あなた個人に対してどう思うか」と「あなたが会社(職場)に合うかどうか」で判断されるのです。

このような面接をするには
・相手が必要としている情報を与えることができ、あなたも相手から欲しい情報を得ることができるようにする
・あなたのことをよく分かってもらえるようにし、相手のことも可能な限り理解する
ことが重要となってきます。

無理に「デキル人」を演じてそれが認められたとしても、もし入社後に期待どおりのパフォーマンスを発揮できなかったら、その後が悲惨なことになります。
よって、出来る限り自然なあなたを表現できるようにし、それが会社に受け入れてもらいやすいようにすることを目標とします。

面接テクニックを磨く前に、まずこの考え方を十分に頭に叩き込んでください。

面接に向けての準備項目

では、具体的な転職の準備項目に移りますが、大きく分けると「面接で聞かれる質問についての答の内容」を準備することと、「実際の面接における会話術・コミュニケーション技術」の準備の2つになります。

まず面接で聞かれる質問に対する準備について考えましょう。
これは以下のように考えます。あなたが面接官になったとして、あなたが応募者から聞きたい事を考えてみてください。あなたの人柄や話し方といった部分を除き、内容面において、どんな話を聞けば、あなたはすっきりするでしょうか?

簡単に、ぱっと思いつきそうなものを並べてみましょう。
・何故うちの会社に応募したのか(志望理由)
・直前の会社で何をやっていたのか(直前の仕事内容)
・今までどういう仕事に携わってきたのか(キャリア、能力)
・どうしてそういう仕事をしてきたのか(仕事選びの価値観)
・うちの会社に入ってやりたい仕事はなにか(入社後の仕事内容)
・実際にうちの会社でどんな仕事ができそうか(期待できる成果)
・将来どんな仕事をしたいか(キャリアプラン)
・どんな人間か、どんな人でありたいか(性格、人生観)
・長所や短所はどんなところか(個性・能力)
・内定を出したら来る意思はどれ位あるか、いつ入社できるか(本気度・時期)
・他社は受けているか、希望給与はどれ位か(志望度、現実的な入社可能性)
こんなところではないでしょうか?
そしてこれらは、どれも基本的に面接で聞かれる内容です。

条件面やスケジュール面を除くと、実はこのようにまとめることができます。
以下の図を見て下さい。

20170125224055
このように図にしたのには理由があります。
それは、この図に書かれている内容を、一貫性のある具体的なストーリーで語ること、これが面接で合格する秘訣だからです。

面接官のスキルや経験値によっては、この図に書かれている内容が全部聞かれないといったケースや、質問がバラバラに飛んでくるといったケースがあり得ます。
しかし、もしこの図の内容を分かり易く組み立てて、面接官の頭の中に入り易いように話してあげれば、面接官は非常にすっきりし、面接そのものに満足します。
これは、あなたの力を高く評価することにつながります。

もちろん、その会社の社風と合わなかったり、期待されている役割と合わなければ合格はしませんが、あなたのことを相手に理解された上で合わなかったと判断されるのであれば、それは縁がなかったものとして諦めがつきます。

逆に、本当なら社風にも合っているし理想的な人物像に合致するような応募者が上図の内容をうまく伝えられず、面接官に「?」を持たせてしまうことで、結局ごうかくできないということは多々起こります。是非、このようなもったいないことがないように準備したいものです。

そのためには、その会社・仕事を選んだ「理由」と 「そう思うきっかけとなった具体的エピソード」の部分が特に重要となります。
また、志望理由をクリアに相手に伝えるためにも、「あなたが大事にしている価値観・仕事観や将来に対する考え方」が重要となってきます。

よく、「うまく志望理由を伝えられない」という人がいますが、その場合は以下のストーリーを参考にしてください。

転職理由: 今私は 現在の仕事 をやっていますが、将来 キャリアプラン (もしくは 将来の仕事のイメージ )をやりたいと考えています。
しかし現在働いている会社で (自分が原因ではなく)仕事環境などの理由でそれが達成できないと感じており、今回転職を決意しました。

応募理由: そのような条件で次の職場を探している時に、御社を見つけました。
御社では の理由から、私が先程述べたような___の仕事ができるのではないかと考え、応募しました。

これが、もっともオーソドックスでかつ論理的な転職理由・応募理由になります。
要は、「今の会社にいたままでは将来やりたい仕事(キャリア)へとつながらないが、御社に移れば成果を出しながらそのキャリアを描くことができるから」というものです。

ここではあえて「キャリア」とか「将来の仕事」といった非常に前向きな内容を入れましたが、これが最も手堅い方法となります。
実際には「あなたが今の(前の)会社に感じている不満」が現状を変えたい理由となり、その現状では手に入らないものが転職先では手に入るから、というのが転職理由と応募理由になりますが、ストレートに言った場合に相手にどういうイメージを抱かせるかはよく考えないといけません。

もし転職理由のメインに職場条件を選んだとして「現在勤めている会社の風土と合わないから退職を決意し、カルチャーの合いそうな御社で働こうと思いました」と言われたら、あなたならどう思いますか?

・前の会社のカルチャーとはどんなものだったんだろう?
・うちの会社のカルチャーをどれ位知っているんだろう?
・もし風土が合わないことがわかったら、また転職するのだろうか?
・カルチャー以外の理由はないんだろうか?
と、ネガティブな質問が頭の中にたくさん発生するかもしれません。

特にカルチャーやフィロソフィー(哲学)、社内の人間関係といった、数字では測りにくいもの、そして待遇や福利厚生といった条件的なものを強調すると、「もしそういった部分が合わなかったらこの応募者はまた転職するのかな?」と面接官に思わせてしまう可能性があります。

その点、仕事内容や(将来の)キャリアなどは、自分の具体的なエピソードに近づけて話がしやすく、また、「やりたい仕事ができなければ転職することはおかしくはない」と思われやすいことからも、説得力が増します。

特に転職理由と応募理由については、100%面接で聞かれる内容でもあり、面接官側も何かボロがでないかと、かなり減点評価法のようなスタンスであなたの対応を見ています。
ここはアピールするポイントとは少し違いますので、ムダな減点を食らわないよう、しっかりと回答してください。

また、注意点として、よく使われている「やりがいのある仕事がしたいから」という理由や、ただ漠然とした「キャリアアップがしたいから」という理由は、危険な可能性が高いです。
「この応募者は自発的にやりがいを見出していくタイプではなく、環境を与えられた中でやりがいを感じる人なのか」という受動的な人に見られやすいですし、「キャリアアップ」という言葉が具体的なエピソードや将来の目標とセットで出てこない場合は 「この応募者はとりあえず言っているだけで具体性がないな」と判断されるからです。

繰り返しになりますが、転職理由も応募理由も“具体的な話”をするのがよく、それが面接官の頭にもスーッと入ることで、双方スッキリするわけです。

これで、あなたが何故面接をうけているかが面接官にも理解できました。
次に面接官が知りたいのは、「あなたがどんな人で、今までどんな仕事をしてきたか」 と、「今どんな力があり、会社に入ってどういう活躍ができそうか」ということです。
この部分をこれから伝えていくことになります。

まず「あなたがどんな人で、今までどんな仕事をしてきか」についでですが、これは話す内容を暗記するようなものではなく、自分で手元に用意しておいた職務経歴書を面接官と一緒に読んでいくようなイメージでも構いませんので、自然な感じで話すことを意識し、棒読みにならず、時折職務経歴書の内容に説明を加えるなどして短く話すと効果的です。既に面接官は職務経歴書に目を通しているはずであり、あなたが大体どんな仕事をしてきたかは理解しているはずです。

従って、同じ内容を冗長に繰り返すよりは、手短にまとめて、相手からの質問を待つ方が賢明です。質問をしてもらった方が、相手がどの辺に興味を持っているかを探ることもでき、コミュニケーションもとり易くなります。

また、「あなたがどんな人か」についてですが、いわゆる趣味やスポーツといったビジネス外の情報ではなく、ここではビジネス面での話に特化します。もし相手が話のきっかけとして履歴書に書かれているそういった個人的な話をふってくればそれに乗って会話を弾ませればいいのですが、そうではない場合は、あえてこちらから趣味やスポーツの話はしません。

しかも、キャラクターやパーソナリティーについて語るよりも、第2章で分析したような
あなたの強み、長所といったものがどういった部分で、それをどのようにして感じたか
について、具体的にエピソードを交えて説明するようにします。
特に性格的な強みや関心の方向性といった、なかなか説明しにくい領域を、具体的エピソードを交えて語れると、相手への印象はかなり良くなります。

そして、「この強みを活かして」「これまで経験してきたことを活かして」今回応募している職場で成果を挙げたい、と語っていくわけです。
これが、次に聞かれる「今どんな力があり、会社に入ってどういう活躍ができそうか」と
いうことにリンクしていきます。

この部分については、面接官から「あなたの現在のスキルは?能力は?」とか 「あなたが入社したらどういう部分で貢献できますか?」というような質問にはならず、「当社でどのような仕事を具体的にしたいですか?」などと聞かれることが多いです。

そこで、この質問をされた時に、「はい、~~を担当したいと思います」というような、ただの作業を答えるのではなく、「~~をすることによって、~~を成し遂げたいです」や「~~を通じで~~が実現できると思います」と言った実現しうる成果で語るようにします。
ここが面接のポイントであり、いかに面接官にあなたが入社した後の事を具体的にイメージさせてあげられるかが勝負の分かれ道となってきます。

いかに素晴らしい経歴を持っていて、今までやってきたことを並べたてたとしても、
面接官が「すごいのは認めるが、うちではどうかなあ」と思われてしまえば、それで残念ながら終了となってしまいます。だからこそ、面接官の頭に「入社した後のあなたの姿がすっきり映る」ように具体的に話をしてあげることが大切なのです。

これは、まだ入社してない段階での話ですから、どうしても想定の部分が入ってしまうのは避けられません。それでも、情報が十分にはない中で話を進められる能力を面接官は必ず買います。また、あなたのイメージが違っているようでしたら、必ず相手の方からその点について修正が入りますので、その内容にあなたから質問を入れたりして、相互のコミュニケーションを取っていくようにします。

面接は、一方的なアピールの場ではなく、お互いのことを知りあう時間であり、 そのためには双方でのコミュニケーションが必要不可欠です。
たとえ短い時間であっても、あなたと心の交流ができた、と面接官が思えば次のステップへ進む確率は高くなります。

まとめると、以下のようになります。
面接官が知りたいことは(伸ばして書くと)以下の通りです。
「あなたがどんなことを今までどういう思いでやってきて、どうして転職をしようと思っているのか、どんなことをやりたいと思っていて、本当にそれをやれる力があるのか。
またそれはうちの会社も望んでいることなのか。またあなたはどんなキャラクターでそれはうちの会社に合いそうかということを知りたい。」

従って、それに対するあなたの回答としては以下のようになります。
(面接で聞かれる質問内容について、の図を参照してください)

私はこれまで、仕事に対し B のような考え方を持っていて、 【過去】 の仕事をしてきた。また、前職では 【現在】 の仕事をしており、これまで培った強みは【私について】 だと考える。この経験と強みを活かして、今後御社で 【将来】のようなことを実施し、 〈成果〉 を出すことを目指していきたい、と考えている。

この文章を自然に話すことができ、追加の質問として来るかもしれない A:本当にそれはできるのか? と C:どうしてそう思うのか? を準備しておけば、基本的な内容面に関しては十分準備ができていると言えます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする