転職で自分の予想していた給料よりも低い額を提示されたときはどうすればいい?返答方法は?

人材紹介会社を通じて転職活動をしている場合は、もともと知らされている年収のレンジ(幅)があるので、そこから大きく反れるということはあまりないと思います。
しかし、直接応募をしている場合に、面接などで全く給与や年収の話にならず、最終的に提示された額が、自分の予想よりも大きく低かった、というケースは実際に起こり得ます。その時の対応についてです。

まずひとつ覚えておかなくてはいけないことは、一度転職で年収が下がると、次回もし転職することがあったら、その新しい年収を基準として次の年収が決められるということです。だから年収を下げるのは簡単ですが上げるのは難しいということになります。
年収の交渉ができるのはもうこのタイミングでしかありませんので、提示をされた段階で頑張るしかありません。いくら内定が出ても、年収が合わずに去らざるを得ないということもあり得ます。でもここまで頑張ってきたわけですし双方時間を費やしてきたわけですから、何とかいいところに落ち着きたいですね。

よって、まず最初に「前職の給与は~~万円で、それをある程度の目安としていたのですが・・・」といった形で話を切り出すことはOKです。それに対して企業側の回答を聞いてみましょう。

福利厚生が手厚い会社や、ボーナスの比重がとても大きい会社の場合、月給ベースでは低く見えても年収では同等になっている場合もあります。
福利厚生の部分まで考慮すると、結局プラスになっているというケースもあるのでよくよく計算が必要です。

ただ、どうしてもダウンになる場合は、もう一度、「イヤな人」「金にうるさい人」と思われることなく確認する必要があります。
・「~~万円くらいをもらっている方は、御社ではどういう方になりますか?」と金額の水準を聞いてみる
・「実は家のローンが残っておりまして・・・」など、自分が必要としている額の理由を(自分の状況を)論理的に説明するという手があります。

特に、あなたが希望している金額をもらっている人の像があなたに近い場合はあなたがそれだけの働きをできることを相手に伝えるようにします。
ただし、もしその人の像が、あなたより遥かに上だった場合、その企業の給与体系自体がかなり低いということが大いに考えられます。

ここであなたは二者択一の選択をする必要にせまられます。
その金額を飲む代わりに、何か他の仕事上のプラスアルファを見つけて我慢する、もしくは、「もう一度プッシュして、ダメだったらご縁がなかったものと思う」かです。

先に言っておきますが、
「では、このレベルに達したらまた給与の見直しをしてくださいね」というような口約束をしてもあまり意味がありません。
一度企業と交わした契約は、紙面で残っている限り守られますし、そういったお金絡みの約束をしてもいざ時期がきたら「その時はそう言ったけど今のご時世では難しいことは分かってくれるよな」と約束を反故(ほご)にされるのがオチです。

こういった口約束はあてにならないものと考え、その給与のダウン提示を飲めるかどうかを冷静に考えてください。
ここですっきりしない限り、いざ入社して働き始めても「結局給与が安いんだからいいや」と適当に仕事をしてしまう言い訳を持ってしまいます。

ここで面接官を「わかりました、ではその給与でいいです」と作り笑顔で騙して、さらに自分の心を騙して転職を決めたとしても、長い目で見たら幸せには程遠いかもしれません。

このブログでは、あなたが心から満足して仕事をできるようにすることを目的としていますので、もしそのように中途半端になってしまう可能性がある条件なら、じっくり考えて後悔しないような決断をすることをお勧めします。

ちなみに、あなたの年収額についてですが、何より大事なのは、「あなたが生活していく/将来のことを考えていく上でどうしても必要な金額」をベースとして考えるのがいいと思います。

一般的には、
①転職エージェントやヘッドハンターに自分のキャリアから算出できる妥当な金額の幅を教えてもらう
②インターネットのページで検索すると出てくる年収査定サービスをいくつか利用して比較する(ひとつでは偏っている可能性があるのでNG)
③(他の会社からもオファーをもらっていたら)その相場と比較する
などの方法がありますが、それはあくまで平均値的なものであり、どうしても自分が必要としている額と乖離しているようであれば、自分が納得できるまで活動しないといずれその問題は再燃します。

試用期間の提示について

面接段階では一切試用期間の話が出ていなかったのに、内定が出た後に試用期間の件を話された、というケースもあります。1ヵ月もしくは3ヵ月といった期間を設定していることが多いです。

残念ながら、余程の理由がない限り(経営者が特別待遇を認定して、試用期間を解除したなど←オーナー系中小企業の場合)、試用期間のネゴシエーションをすることは難しいです。ただし、以下の点には注意してください。
・この試用期間は建前的なものか(余程素行か人格に問題がなければ大丈夫と認定されるものか)、それともハードなものか(実際に期待していた仕事水準に達していないと認定されたらその期間内で終了、ということがよく起きるのか)
・過去に同職種で試用期間内で退職した人はいるか、それはどういう理由だったのか
・実際にこの試用期間で見ようとしているのはどのようなことか、誰がその辺の判断をしているのか
以上の内容を、「あくまで参考情報として」ということで聞いてください。くれぐれも「自分が該当するかもしれないと思い、怖くて」という雰囲気では聞かないでください。

試用期間後に路頭に迷うことがないよう、この点には注意深くなることが必要です。

最終確認をしたいこと

さあ、あと一歩です。ここでは、内定を受諾する前に、あなたがこれから働く職場が本当に大丈夫かどうか、調べる方法について書きます。
中途採用活動をしている段階で、経営にある程度の余裕はあるはずですが、その何ヶ月後かに急に経営が苦しくなるような中小企業はあまたありますので経営状態を知ることは重要です。

また、「入ってはみたものの大失敗だった」とならないよう、職場環境についてももう少し知っておいた方がいいかもしれません。
これから、最終確認する方法を順に考えていきます。

A.会社の経営状況

内定はもらったけど、実はちょっとブラック企業かもしれない、感じたら要注意です。
危ない会社の見分ける基本はやはり経営状態ですので、こちらはありきたりですが以下を確認します。
・(上場企業の場合)株価の推移を見る
マーケット状況との比較にもなります。

・業績推移を見る
オーナー企業などはまず財務諸表を公にしませんが、帝国データバンクなどで調べることができれば、有効活用します。

・うわさについて調べる
経営が傾きかけているという噂が流れていることもあります。

・Googleなどの検索サイトで社名や代表取締役の名前を検索する
最近はネットで検索していて今まで知らなかった情報を得る事も多くなってきました。

B.労働環境について情報収集する

・人材紹介会社に聞く
「その会社の人が面談にいっぱい来ていないか」「その会社や職場について何かうわさはないか」と言ったことを聞きます。特に、その会社の人が最近面談によく来るようになった、という話が出てきたら危ないです。

・転職サイトを見る
もし転職サイトにずっと求人を出している場合、何かの理由があります。

・2ちゃんねる他、口コミ系サイトを見る
全ての情報が正しいとは言えませんが、参考情報が得られることがあります。

C.選考プロセスで得た情報を思い出す

今から改めて聞ける内容ではないですが、もし選考段階で以下のような話を耳にしたら要注意です。

・会社の要職が最近数人抜けたという話が出た
社内で問題が発生した可能性が高いです。マネジメント上の問題である可能性も念頭におく必要があります

・組織変更を頻繁に行っているような話があった
経営の方向性が定まってなく、かつ成果が出なかったらすぐ組織構成や人のせいにして組織変更を頻繁に行っているのかもしれません。あなたも入社してすぐにその波に巻き込まれる可能性があります。

・面接官によって、会社の内部に関する話に食い違いがあった
たとえば社風についての見解がわかれていたり、会社の方向性についての説明が食い違っていた、など。

いろいろと考えて応募した企業であり、無事に内定までこぎつけたわけですから今更になって粗探しをして、嫌いになる理由を見つけようということではありません。

しかし皆人間ですので、一度内定をもらったら「もういいや」となってしまい、企業のいい側面だけを見るようになってしまい、後で後悔するかもしれません。
職場を変えるということは、自分のみならず家族なども巻き込んだ一大事であり、万が一間違った会社を選んで路頭に迷うことになってしまったら大変です。

幸せな人生を自分でつかみとるにも、可能な範囲内でいいので情報を集めて冷静に見つめ直し、不安の一切ない澄み切った心で堂々と意思決定しましょう。

転職活動を楽しむ

いかがでしたでしょうか。当ブログは、転職ビギナーの方から転職上級者の方まで、皆さんが各自のレベルに応じて使える内容を盛り込んで作成しました。

結婚はよく「縁」と「タイミング」が重要と言われますが、似たような表現で、転職は「運」と「縁」が大事だと言われます。

転職業界に長くいた私が言うのも変な話ですが、電車の中吊り広告でもテレビCMでも、転職に関するサイトだったりエージェントだったりフェアだったりと、「転職」という言葉がすごく日常的になっている、いや氾濫しすぎているような気がします。
それだけ、会社が倒産するなどして職場がなくなってしまったり、今勤めている会社が自分に合っていないと実感している人が多い、という現実があるのでしょう。

でも、今仕事を探している人にとって、これはただの他人事のような軽いものではなく人生の一大事のはずです。間違った会社に入ってしまうことによって、以後そのキャリアが後々まで尾をひいてしまうこともあるし、逆に幸運にも自分の理想通りの会社に入れたことにより、会社生活だけでなく家庭生活までもがいい方向に進んでいくというケースもあります。

だからこそ声を大にして言いたいのです。転職活動というのは、今の辛い状態から脱却するためだけに焦ってやるものではなく、自分が納得できる結果を得るまで頑張るものなのだ、と。そのためには必要最低限の投資は惜しまず、限られた時間を大切に効率よく使いながら、効果が出るように動くべきなのです。

これまで慣れ親しんだ職場を離れ、新しい職場で仕事を開始することを決める、ということは、とてもエネルギーを必要とすることです。そしてそのエネルギーは、面接で自分をよく見せたり小手先のテクニックに使うだけでなく、しっかりと自分の進みたい方向性を見つけ、新しい職場の候補を探し、書類を準備して堂々と面接に望む、ということに使っていただきたいのです。

理想的な会社を見つけてそこで働くことにワクワクしたイメージをもつことが成功への第一歩であり、どれだけ能力やスキルがあったとしても自分に合っていない会社ではそれが発揮されるどころか会社・個人双方が不幸になるだけなのです。
それは絶対に避けたいですよね。一度きりの人生ですし、不満だらけでこれからの生活を送りたいとは思わないはずです。

よくある質問で、「こうすれば本当に私でも転職できますか?」というものがあります。
模範解答としては、「はい、どんな人でもしっかりと思いを持って転職活動すれば、必ず働く場所は見つかります」よというものがありますが、これには条件があります。

それは、あなたの人生を、あなたが選びとっていくという姿勢が必要だということ。
「自分は~歳だから」「自分は今まで正社員で働いたことがないから」「自分には自慢できる経験がないから」と、言い訳はいくらでもできます。しかし、これだけ世の中には沢山の会社や職場があるように、しっかり探せば必ずあなたに合った職場は見るかるものです。

確かに上記の内容は不利な内容かもしれませんが、それが必ずしも「転職できないこと」の理由にはなりません。あくまで言い訳なのです。
「少し厳しいことは分かっているが、必ず自分にはいい転職先が見つかる」と信じて活動した人の中で、今まで全く見つからなかった人に私は出会ったことがありません。

自分の人生を自分で決めなくてはいけない転職活動とは、とても孤独なプロセスです。
でもどんな人にも必ず幸せなゴールがありますので、その日まで全力で活動自体を“楽しんで”しまいましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする