マスコミに出ることで得られる5つのメリットとは?

そもそもなぜ私はマスコミにそこまで執着しているのでしょうか。
あなたはマスコミに出るメリットは何だと思いますか?

『 そりゃあ無料で広告が出せて、見る人もいっぱいいるからだろ?』
その通りです。

でも私はその他にもマスコミに出るメリットというものがあると考えております。
そのメリットは全部で5つ。
それではそのメリットを1つずつ説明していきましょう。

メリット① 広告媒体最高のツール

もうすでにこの事は以前お話しているのであなたの頭の中に入っていますよね。
マスコミは最高の広告媒体です。
あなたのお客様のほとんどの方は、テレビや新聞、雑誌から情報を得ているはずです。

ちなみに、テレビ取材、新聞記事、ラジオ取材、雑誌取材、テレビ広告、新聞広告、チラシ、雑誌広告、インターネット広告、これらの広告の内、一番効果のありそうな媒体はどれだと思いますか?

そうです。テレビ取材ですよね。
実は先ほど明記した順番は、ある順番を表しています。
それは後に行くにつれて、どんどんと信用力が落ちていく順番だと私は思っております。
要するにテレビ取材が一番信用力が高い媒体であり、徐々に信用力は落ち、インターネット広告が、一番信用力が低いという事です。

自ら広告を出したわけではなく、取材陣が取材したというだけで、見ている人にとっての信用力というものは格段に変わってくるのです。
つまり先ほどの順番の内、雑誌取材とテレビ広告の間には、信用力にものすごい差があると言っても過言ではありません。
それくらい取材という力は強いのです。

メリット② 無料なのでリスクがまったく無い

広告を出すという事は、あなたにとってものすごいリスクがあることです。
例えば100万円の広告を出してしまうと、その100万円をまずは回収しなければならなくなるからです。

『この広告が失敗したらどうしよう』
という不安の中でビジネスをする事になるのです。

終いには、お客様の感情をコントロールしてお金を稼いでやろうといった、かわいそうな考えになってしまう人までいるのです。

その点、取材をされることは全て無料なので、まったくリスクはありません。
つまり顧客獲得コストが限りなくゼロに近くなるのです。
するとあなたの心に余裕が持てるため、さらにお客様へのサービスに力を入れれる事ができるのです。
するとお客様はさらにあなたの会社が好きになり、また商品を購入するといった善循環があなたの会社に産まれます。

メリット③ ブランド価値が高まる

これこそが、マスコミに出る事の本質と言ってもいいのではないでしょうか。
『ファンの数=ブランド価値』と、私は考えています。

あなたのファンの数が増えていくと、あなたにさらにブランド価値が付き、そのブランド価値がさらなるファンを呼び込むのです。
よくお金が集まる所には、さらにお金が集まると聞いた事があると思うのですが、まさにそれと一緒です。

一度上昇気流を作ってしまうと、後は簡単にファンをその気流に引き込み、どんどんと上昇して行ってしまうものです。
その上昇気流をいち早く作れるのが、このマスコミという事になるのです。

あなたにブランド価値がつくということはどういう事かお解かりですか?
あなたの商品に利益率の高い商品を混ぜても、買う人が出てくるという事です。
そうなると経営は本当に安定していきます。
するとあなたはさらに自由な発想でお客様の満足度を増やす事に集中できるのです。

これも先ほどと同じく善循環を作る大きな要素となります。

メリット④ マスコミの2次利用

マスコミに出る事は1度限りの効果と思われがちですが、実はそんなことはないのです。
あなたの掲載された記事やテレビに放送された事実を2次利用できるのです。

あなたの記事をニュースレターに載せて、見込み客へ送ってもいいですし、記事をそのままお店に貼ってもいいのです。

それを見た人は、
マスコミが評価しているお店なら信用があるな
と、勝手に思ってくれるのです。
全くの手間いらずで、最高に効果のある広告が出せるのです。

ここにメリット④として書きましたが、これは1つの記事として取り上げてもいい位の内容でもあります。

いくらあなたがマスコミへ登場してもその記事を見てもらえなければ、まったく意味がありません。
そのテレビ番組を見てもらえなければ、まったく意味はありません。
特にテレビです。
テレビはその一瞬を見てもらえなければ、本当に意味が無いのです。

新聞であれば記事は残っていますので、見るタイミングはいくつかあるのですが、テレビは一瞬しかないのです。
テレビは一番の宣伝効果と書きましたが、やはり見てもらえなければ出ても意味が無いのです。
なのでこの2次利用は必ず実行してください。

よく自社の宣伝にお客様の声を利用しますが、このマスコミの2次利用はその比ではありません。
信用力がまったく違うのです。

先にも挙げましたが、あなたが載せれる媒体はいくつもあると思います。
ニュースレターでもいいですし、ホームページでもいいのです。
チラシの宣伝時に載せても効果は、てき面に現れます。

あなたの元に見ず知らずの会社からチラシが送られて来た時に、テレビの取材風景が載っているチラシを見たら、『おっ!?』と、思いますよね。

『へ~、テレビにも取材されるようなすごい会社なんだ~。』
と、無意識に思ってしまうものです。
あなたが宣伝できるありとあらゆるものに2次利用する事をお薦めします。

メリット⑤ 【ライオン】と出会う

【ライオン】の話を覚えているでしょうか?
マスコミ(テレビ、新聞、ラジオ、雑誌)に記事を掲載してもらう方法

この【ライオン】と出会うという事はほとんどの方が気付いていません。
マスコミに出る事はただ単に集客効果だけではないのです。

私が思う、マスコミに出る最大のメリットがこの【ライオン】に出会うという事なのです。

『ライオン?さっきも説明聞いたけどもう少し具体的に話してよ!』
そうですよね。
それでは詳しく説明していきましょう。

それではまず【ライオン】で想像する事は何ですか?
『ん~・・・猛獣。肉食。強いとか・・・・』

そうです。それでは【ライオン】は別名なんと呼ばれていますか?
『え~っと~・・・ 百獣の王!』

そうです百獣の王です。
百獣の王は全動物の頂点にいる動物の事です。
要するに全動物を引き連れる事の出来る動物です。

そのようなライオンとあなたは出会い仲間になるのです。
要するにたくさんのお客様を連れてきてくれるお客様に出会い、あなたのファンにするのです。
そういうお客様とは、周りに影響力を与える人物の事を言います。
何かのサークルのリーダーやある業界のリーダー、もしくは影響力のある人物などの事をいいます。

もっと具体的に言えば、だいたい3種類の人に分かれると思います。

影響力のある人物① 膨大な顧客リストを持っている人

現代ではメルマガがその代表的なものかと思います。
メルマガ登録者数が数万人を持っている人にファンになってもらうのです。
そのファンのメルマガ登録者は、その方と連携性がありコミュニティ化している確立が高いのです。

すると、そのファンが読者に自社を紹介してくれるだけで、通常の広告よりも驚くような反応率が返ってくるのです。

影響力のある人物② 周りに影響を与えることの出来る人

ある会社の社長がそれに当たりますし、あるサークルのリーダーもその中の1人です。
何かの先生でもいいですし、有名な方でもいいです。
さらに影響力がある人物といえば、芸能人なんかがとっても影響力があると思います。

以前、『みのもんたさんの影響力はすごい』と書いたのですが、これこそ典型的な例です。
芸能人にほんの少し紹介されただけで、爆発的ヒットというのはよくある話です。

影響力のある人物③ 仕事自体が話をする事という人

それはさっきから散々出てきているマスコミの人間です。
話が混乱しそうですが、マスコミを利用してマスコミをお客様にするのです。

マスコミの人達は常にしゃべります。
しゃべる事が仕事の一つなので、常にしゃべります。ということは、このマスコミをお客様にしてしまえば、普段も色々としゃべってくれるし、下手をすればテレビや新聞等でも、取り上げてくれるかもしれないのです。

以上が周りに影響力を与える人物だと私は思います。

何故彼らと出会う事がそんなにもすごい事なのでしょうか。
それは彼らがしゃべった言葉には周りに影響力があるので、周りの人達は、すぐにその言葉を信用するのです。
要するに、彼らが自社をほめてくれるだけで、周りの人達は一瞬で自社を好きになってくれるのです。

これは自社の営業マンの比になりません。
比にもならない上に、無料で営業してくれるのです。

もうお解かりですね。
【ライオン】つまり【お客様を連れてきてくれるお客様】と早く出会う事が、事業の成長の大きな鍵となるのです。
要するにマスコミに出ると、こういう彼らと通常の数倍から数十倍の早さで出会う事ができるのです。

ただ待っているだけでは、【ライオン】はあなたの存在に気付いてくれません。
祈ってもだめです(笑)
自らの居場所をマスコミを利用して教えてあげるのです。
そして気付いてもらうのです。

どうでしょうか?
ライオンに出会う意味がとてもよく解ったかと思います。

『よ~し!うちも早速ライオンに居場所を教えるぞー!!』

いやいやちょっと待ってください。
この話にはまだ続きがあります。
今私がここでこの話を止めてしまったら、あなたは食われます。
あなたの会社がライオンに食われてしまうのです。
なぜでしょうか・・・

それはライオンと仲間になる方法を知らないからです。
言うなれば今のあなたは、鈴(マスコミ)を鳴らしてライオン(お客様を連れてきてくれるお客様)をおびき寄せている状態です。
あなたは何も考えずにライオンをおびき寄せてしまいました。
どうなると思いますか?

『食われますね・・・』
はい。そうです。
そういう影響力のある人物を敵にまわしてしまったら、あなたの会社は潰れてしまいます。

『そんな恐ろしい人物なら近寄らせない方がいいよ!』

いやいや待ってください。
あなたはそんなに自分の会社(商品)に自信がないのですか?
そんなにサービスが悪いのですか?
そんな事は無いですよね。
ライオンはそんなに怖くありません。

だからライオンが寄ってきたら全力でアプローチし自分のファンになってもらえばいいのです。
難しく考えることはありません。

多くの会社は磨けば簡単に光るものをたくさん持っているにも係らず磨こうとしません。
だからあなたの会社が磨けば簡単に光り、他社を圧倒しながら影響力のあるお客様をあなたのファンにする事ができるのです。

ライオンをファンにする方法も次回に紹介していきますのでご安心ください。
この事は事業を急成長させるに当って本当に大事な事です。
よーく覚えておいてください。

ちなみにこれはおまけですが、実はライオンには子供がいます。
ライオンの子供は親の鳴き声をいち早く聞き、その声を高原中しゃべりながら走り回るのです。
つまり主婦や女子高生。

彼女達にはしゃべる時間があり、しゃべる場があるのです。
よく女子高生がブームを起こしたりしますもんね。

つまりライオン【お客様をつれてきてくれるお客様】がファンになってくれると、この声をライオンの子供【主婦や女子高生】がキャッチしてさらに周りに言いふらしてくれるのです。
私はこれを『ライオン親子と仲良くなろう作戦』って言ってます(笑)
言うなれば、このライオンの子供は、口コミ効果でもあるのです。

よく口コミは勝手に起きるものだと思われがちですが、私はそうとは思いません。
口コミは自ら起こさせるものだと私は思っております。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする