信頼のトリックを使い女性社員を惹きつける方法

最初のテクニックで、女性はあなたに『好意』を持つようになっています。まだ読んでないあなたはこちら→記憶を操作して社内の女子社員を惹きつける方法

当然ながら、『好意』を持ってもらうだけでは恋愛には発展しません。 『好意』の次に、彼女に持ってもらう必要のある感情は何だと思いますか? ・・・ それは『信頼』の感情です。

『好意』と『信頼』の感情を彼女に持ってもらえれば、あなたを好きにさせるのは簡単になります。 しかしほとんどの男は、『好意』を持ってもらえる段階で終わってしまいます。 そしてほとんどの男は、今僕が話しているような知識もテクニックもないため、 単純に、「感じが良い」「話が面白い」などの感情を持たせるだけで終わっています。

あなたが、最初に学んだ『好意』の持たせ方とは、根本的に違うのです。 分かりやすく言うと、普通の男たちが使っている、『好意』の持たせ方では、身体の関係まで持っていくことが難しいのです。 (イケメンの場合は別ですが・・)

恋愛でも仕事でも結果が出せる方法と言うのは、表面上では、どの部分が、 効果があるのかが、分からないのです。 これからお話しする事も表面上は派手なテクニックではありません。 しかし絶大な効果があります。なぜなら、進化心理学を使っているからです。

よく使われる例えですが、木などの植物が大きく成長するには、根っこの部分が重要だと言われています。 根が弱くて土からの栄養を吸収する力が弱いと、木は大きく育ちませんよね。

ですが根の部分は表面からは見えないものです。 あなたにもこの木のイメージを大切にして欲しいのです。「根」の部分は、人間の生物学上の普遍的な心理です。 世の中の人の大多数がこの普遍的な心理を学んでもいないし、無視しています。 このブログを読めば、あなたは少し寂しくなるかもしれません。

「人って単純なんだな・・」
「何か人を操作しているようで嫌だな・・」
「もっと人は神秘的な存在なんじゃないかな・・」

色々な思いや疑問が浮かんでくるかもしれません。 しかし、繰り返しになりますが、本来人は単純な生き物です。 狩猟採集時代からの進化の過程で、脳の大脳新皮質が発達したため、人間には 「無償の愛」や「道徳性」などが本来あると思われていますが、進化心理学上ではそれはあり得ません。 全て『生存欲求』からくる好意なのです。

心理学で有名な概念に「返報性の法則」というものがあります。 勉強熱心なあなたなら、きっと知っているかもしれませんね。 心理学の本や恋愛マニュアルでも解説されているものが多いかもしれません。

「返報性の法則」とは簡単に言うと、人は他人から何かをしてもらったら、お返しをしないではいられない、という法則です。 この法則はビジネスや人間関係を含め色々な場面で使われています。 あなたも無料プレゼントをもらった後に、有料の商品を買ってしまった経験があるかもしれませんね。 (僕はかなりあります 笑)

しかしなぜ「返報性の法則」はこんなにも効果があるのか?知っていますか? この疑問も進化心理学では説明がつきます。 理由は単純です。狩猟採集時代から農耕時代に人は「返報性の法則」を使って 生き残ってきたからなのです。 特に狩猟採集時代の生きていく上で 1 番の問題は、食糧の確保でした。 自分が属しているグループにおいて、食糧を確保するためにはある程度の人数で分担作業をする必要がありました。

例えば動物を食糧として確保するためには、動物の罠を作る人、動物を罠に追い込む人、動物を殺す人、などの役割分担があったようです。 当然ながら、動物を狩ることに大きく貢献した人と、あまり貢献できなかった人の差が出ます。

当然ながらあまり貢献していない人だからと言って、食糧を分配しないわけに はいきません。(人がある程度の人数の集団で生活をする方が、生存していく可能性が高いため、仲間が必要だからです)

そこで、あまり狩りに貢献しなかった人にも、獲物の肉が分配されるシステムが出来上がったのです。 分配する人は決して、優しさだけで肉を上げたりしません。 肉を上げる理由はもう分かりますよね。

それは、「自分が困った時(食糧)には、反対に助けるように」との意思を伝えているのです。 食糧をもらった方も当然それを自覚しています。 これが「返報性の法則」ができた理由なのです。

つまり僕たちの DNA には「返報性の法則」の情報が完全にインプットされているわけです。 これは人間が生きている限り永遠に変わらない心理です。 女性を口説く=プレゼントを渡すという認識も、人間の進化を見ていくと、 決して間違いではない事が分かると思います。

キャバクラで働いている女性の中には、プレゼントをもらう事に対して何も気にしていない・・「返報性の法則」が通用しない人もいるように思いますが、 おそらく無意識では「お返しをしなければ・・」という気持ちは働いているはずです。 そうでなければ、脈がないのに、プレゼントを渡し続ける男が可愛そうですよね 笑

ちなみに僕はキャバクラが好きではありません。 理由はお金を払って、知らない女に気を使いたくないからです 笑 キャバクラに行くぐらいだった、風俗に行きます。 恋愛をするなら社内が 1 番早いですし、簡単です。 少し話が脱線してしまいましたが、「返報性の法則」の効果が絶大な理由が分かっていただけたかと思います。

話を戻しましょう。先ほどお話した狩りにおける「肉の分配システム」ですが、 肉を多く持っている男は当然ながら、「生存能力が高い」男です。 この「肉」にあたる部分が現代でいう「お金」です。 つまり「お金」を多く持っている人は「生存能力が高い」という認識がされる のです。 女性たちが「お金持ち」が好きな理由はここにあります。 お金持ちが、女たちにモテるのは本能的なことなので当然なのです。

そして「お金」にはもう一つ重要な意味があります。 もう一度、「お金」を「肉」に戻して考えてみましょう。 狩猟採集時代に「肉」をたくさん持っている男は、生存能力が高いだけでなく、 そのグループでの信用も高いことも想像できると思います。 これは当然ですよね。人が生きていくためには食物が必要ですから、食物を貯蔵する技術が発達していけば、食物を多く持っている男と持っていない男との差は出てくるのは当然だからです。

「お金」も同様で、お金が多く持っている男は「信用」「信頼」されるのです。

お金が持っている価値とは?

1.生存能力を示す
2.社会的な信頼能力を示す ことです。

それでは、お金を持っていない僕たちは(あなたはお金持ちかもしれませんが・・) 一体どうすればいいのか?という疑問が出てきます。

この話の流れだと、女にモテるために 1 番重要なことは、「お金を持つ」ということになりますからね… ただし、現実問題としてお金があれば確実にモテますよね… ・・・ お金がなくてもモテる方法はこの後解説をしていきますので、安心して 下さいね。

その前にお金はそもそも何故出来たのか?について見ていきましょう。 これが理解できれば、お金がなくてもモテる方法が分かってくると思います。

「まるで授業を受けている気がしてきました・・単純にモテる方法を教えてください」

あなたの気持ちは良く分かりますが、木の根の話を思い出してください。 今あなたが学んでいることを理解すること自体が、他の男との差別化になっています。あなたは女を落とす方法と同時に最新の心理学が学んでいます。このブログを読むだけで、新しい「知識」を身につけることができます。 そして覚えた「知識」を使えばそれは、あなただけの「知恵」としてインプットされるのです。 「知識」と「知恵」を多く持つ事は、「生存能力」の高さの証明です。 (「生存能力」が高い男がモテるのはもう分かっていると思いますので、しっかりと理解を深めてくださいね。)

狩猟採集時代に食物を取るために最も重要なのは、「知識」と「知恵」であるこ とはお分かりいただけると思います。 つまり、お金がない僕たちが女たちにモテる方法の 1 つとして、「知識」「知恵」 を増やすということが重要なのです。

知識欲は女より男が多いことは理解できると思います。 (右脳(女が強い)と左脳(男が強い)の働きの差です) 平凡な僕たちが、社内の女性の注目を引くには、「知識」を見せていくことが最も効果的な方法なのです。 仕事に関係した知識を多く持つだけで、女性から尊敬を得る事も可能です。

ただ仕事に関係した「知識」を覚えるのは大変だと思います。そこで男女関係なく、持っていると尊敬されて役立つ知識が必要になります。 それが心理学です。 特に今あなたが学んでいる進化心理学は新しい分野ですので、より注目されやすいと思います。

それでは、お金が出来た理由について戻ります。 狩猟採集時代から農耕時代に移ると、生きるために 1 番重要だった食糧確保の問題が急速に解決されてきました。 食糧問題が解決されると、今までは小さいグループ単位で生きてきた人間は、 他のグループとは関わり合いを持つようになり、急速にコミュニティが大きくなったことで、お金のような色々なグループと交換可能な方法が作られたのです。

先に狩猟採集時代の「肉」と現代の「お金」の共通点や力を見てきましたが、 実はこの 2 つには決定的な差があります。 少し考えてみてください。 ・・・ ・・・ 答えは分かりましたか?

答えは、「狩猟採集時代の肉は生きていくために絶対に必要なものだったが、現代社会のお金はそこまでの価値はない」ことになります。

「そんな事はないでしょう・・お金がないと生きていけませんよ」

確かにそうなのですが、僕たち日本人は食べていけない程、お金がない人はあまり多くいないはずです。 つまり最低限のお金は、誰でも稼げる環境が整っているのです。 このことは僕たちには好都合です。 なぜなら、『お金』が絶対的な生存能力の高さや信頼ではないという事になるからです。 現代人はまだ根本的には狩猟採集時代の DNA を引きずっていますが、現代社 会に合わせて、脳は新しい価値観を作っています。 ここにお金のない僕たちでも、女性を落すチャンスがあるのです。

女たちが男に求める生存能力が高いということには、見逃しがちな重要なポイントがあります。 狩猟採集時代、女性たちは自分と子供が生きていくために、食物確保の他にもう一つ重要な問題がありました。 それは、自分に食物を持ってくる男たちが他の女に浮気をしないように、引き止める事でした。

狩猟採集時代は当然ながら、現代のような結婚制度はありません。 いつ自分たちを養ってくれる男が、自分の元を去ってしまうか分からない状況が続いていました。 そこで女性たちは、自分の見た目を気にして常に魅力的に見えるように努力をしていました。これが現代における化粧です。

しかし、それだけでは本当に男が自分から離れていかないか不安なため、女性は長い時間、自分たちと一緒に男がいてくれることに価値を置くようになったのです。 長い時間、自分と子供と一緒にいてくれれば、男の行動を把握しやすいですし、 他の女性の所には行かなくなりますからね。 これが、女たちが男に求めるもう一つの重要なポイントなのです。

つまり、現代の女性たちも、「自分と長い時間一緒にいてくれる男は、自分たちを守り養ってくれる存在」であると DNA レベルでは認識するのです。 ある意味どんな女性も時間を共有することが、「自分に対して愛情表現である」 という認識を持っていることになります。

このことから僕たちは、狙っている女性とはなるべく長い時間一緒にいるようにする必要があることが、分かります。 単純な事ですが、2 人きりでなくても、狙っている女性が参加している食事会などには積極的に参加する必要があります。

もう一つ重要なことがあります。 狩猟採集時代と農耕時代に信用を勝ち取る方法として、プレゼントがありました。 プレゼントは狩猟採取時代には食物の蓄えを渡す事で、農耕時代は飾り物などを渡す事でした。 つまりプレゼントを渡す事は、それだけ社会的な信用を証明することになった のです。

考えてみれば当然ですが、プレゼントはある程度蓄えや余裕がなければできま せんよね。 また先に説明した、「返報性の法則」にもなりますので効果が絶大だったのです。 現代の恋愛におけるプレゼントや、上司へのお歳暮などの風習はこのことからきています。 つまり女性へのプレゼント攻撃は効くのです。

このように見ていくと、 「何だ・・結局女にはプレゼントがいいのか・・でもお金もかかるし・・」 そう思った方は安心してください。 確かに、女性へのプレゼントは DNA 的には効果はありますが、現代では多種多様な生活と価値観があることから、女性それぞれが男性に生存能力を高く感じるポイントが変わってきたのです。 ある意味、ネックレスや指輪のプレゼントに最大限の喜びを感じる女性は、原始的で欲求に正直な女性だと言えますね 笑

生存能力が高いと言うとイメージが湧かない人もいると思いますので、女が愛情を感じるポイントとして表現しましょう。 それでは女性が愛情を感じるポイントについてお話をしていきます。 現代の女性(変な表現ですが・・)における愛情を感じるポイントは 5 つあります。

愛情表現の5つのタイプ

1.言葉
文字通り、言葉で愛情表現をされると安心するタイプです。

2.肉体
スキンシップをされることで愛情を感じるタイプです。

3.時間(一緒に過ごす時間)
とにかく一緒に時間が多ければ多いほど、愛情を感じるタイプです。

4.奉仕
つくされることで、愛情を感じるタイプです。

5.物
プレゼントなどの物をもらうと愛情を感じるタイプです。

以上になります。 まずは、あなたが狙っている女がどのタイプかを知る必要があります。 知る方法は自分で聞いていくか、あるいは友人などを使ってもいいでしょう。 お勧めはやはり直接聞くことです。 ただこの手の話題は、会社で立ち話するには難しいと思いますので、会社以外 の食事・飲み会などで聞くようにしましょう。

飲み会などが苦手な人もいると思いますが、まずはあなたが狙っている女性が 参加する大人数の食事会や飲み会に参加する事は、必ず必要になります。 もし女性自身があまり飲み会などに参加しない場合は、昼食会でもいいですし、 会社行事でも何でもいいので、必ず話す機会を持つようにして下さいね。

心理的な話は女性の食いつきは非常に良いと思いますので、積極的に話をして 質問をしていってください。 先の愛情の 5 つのパターンを教えて上げると喜ばれます。 (書籍や雑誌ではほとんど見ないですからね)

質問をする時のポイントは、いきなり恋愛に話をするには難しいと思いますの で、まずは仕事の話をするようにした方がいいでしょう。 また話をすることがどうしても苦手な人は、おしゃべりが得意な友人を誘って、 友人と一緒に狙っている女性の側に行くようにしてください。

そして、友人に興味深い話(先の愛情の 5 つのタイプなど)をしていきます。 友人に話しながら気になっている女性も話に巻き込んでいくイメージです。 話すチャンスがあればどんな状況も利用しましょう。 仮にあなたが特定の気になる女性がいない場合でも、覚えた知識は必ず女たち の前で話すようにしてください。 思い出してもらいのですが、知識=生存能力の高さです。

「でもこの 5 タイプを知ったからといって、相手が「肉体」や「奉仕」だったらどうすればいいの?・・」

その場合も大丈夫です。 3 つを押さえればほとんど上手くいきます。

その 3 つとは?
1「言葉」・3「時間」・4「奉仕」です。

1 の言葉でのアプローチ法は仕事を通しての言葉が非常に効果的です。 仕事上でホメる方法は覚えていますよね。 3 の時間の使い方は悩む所ですね。 付き合ってもいない段階で、しつこく一緒に時間を過ごすように行動も出来ま せんしね・・

ポイントは 2 つあります。 1 つ目は何度も言っていますが、狙っている女性が参加している会社の飲み会 や行事には、必ず参加することです。後は会社の友達に協力をしてもらい、あなたが狙っている女性を含めた仕事を 絡めたグループを作り、定期的な飲み会を開催するなども効果的です。 要は接点を多く持つ努力を、最大限する必要があります

そしてもう一つのポイントは「時間」の概念を広げて、メールのやり取りなどで時間を共有するようにします。 時間と聞くと直接的な繋がりを想像すると思いますが、メールも立派な時間の共有です。 またメールは個人的な携帯アドレスなどを想像する人も多いと思いますが、会 社の社内でのメールのやり取りでも時間を共有することができます。

社内メールだともちろん内容は仕事が中心になりますが、仕事のメールでも深いコミュニケーションは可能です。 やり方は簡単です。 4 の「奉仕」を使っていくのです。 今までのテクニックを実践していれば、すでにあなたは、狙っている女性に「好印象」を持たれているはずです。そこを利用します。 それでは具体的にどのようなメールの内容を書いていけば良いのかというと、 以下の 3 つが必要です。

1.仕事の労い
2.仕事の成果の期待
3.個人的な繋がりの表現

この 3 つは女性への「奉仕」に繋がります。 これだけだとイメージが湧かないと思いますので、それぞれの具体的な表現をお話ししますね。

女性に使う『時間』と『奉仕』のメールテンプレート

1.仕事の労いの表現
テンプレート:【労いの言葉+自尊心を上げる一言】

例:いつもお仕事大変ですね。●●さんの頑張りには頭が下がります。
お仕事お疲れ様です。周囲の評価に関係なく、いつも頑張っている ●●さんは素晴らしいですね。

2.仕事の成果の期待表現
テンプレート:【成果の期待+応援メッセージ】

例:●●の件(仕事の案件)人一倍努力家の●●さんならきっとうまくいくと 思います! 僕が手伝えることがあったらいつでも言ってくださいね!

3.個人的な繋がりの表現
テンプレート:【仕事の評価+仕事の相談】

例:個人的に●●さんの仕事の姿勢とやり方を心から尊敬しています。今度ぜひ仕事の相談に乗ってくださいね。

以上がメールに入れるポイントです。 イメージは掴めたでしょうか? このメールテンプレートの利用ポイントは、上司部下・先輩後輩、関係なく使ってください。 1 から 3 全て使う事で効果が出ます。

何度も言いますが女性は認められたがっています。 このテンプレートは働く女性の仕事と人間性を「承認」するテンプレートです。 女性は男から「承認」されると、あなたが考えている以上の歓びを感じます。 その辺にある恋愛マニュアルではもしかしたら、男が女より優位に立つためのテクニックを教えているものが多いかもしれません。 確かに狙っている女性よりも優位に立てれば、何かと良いと思います。 目指すべく方向性は僕も同じです。

ただし優位に立てるのは、ある場面では「損をする覚悟」がある場合であることを、覚えてもらいたいと思います。 先ほどお話した「返報性の法則」を覚えていますか? 何かを貰うと人は返さずにはいられないという法則です。 ビジネスは無料サンプルなど「無料」のプレゼントがそれに当たります。

しかし世の中には、「返報性の法則」の有効性を理解しながらも、使えない人が存在します。 使えない人たちは、単純に一時でも人の与えるのが苦手な人たちです。 「返報性の法則」は言い換えを換えれば、最初に損をして後で大きな利益を得 る方法です。もしかすると、予想に反して損をしたまま終わってしまうかもしれません。

つまり与えることには“リスク”が伴うのです。 リスクは恐怖心です。恐怖心は行動をストップさせます。 このリスクを残り超えた時、結果が手に入ります。 損をする覚悟を持って、女性と接しテクニックを使ってみてください。驚く結果が出ると思います。

例えばメールテンプレートを利用して、女性から反応を得られない場合、「恥ずかしい」という感情や恐怖心を乗り越えてください。 あなたは女性の気分を良くしているので、何も問題はないのです。 このメールの言葉は女性への「奉仕」になります。 「奉仕」してもらうことを嫌がる女性はいません。 また、この 3 つのテンプレートは、携帯の個人アドレスで送る場合も必ず入れるようにしましょう。 すでに一貫したイメージの大切さは理解してもらっていると思いますので、あ なたの「奉仕」を表現するには、この 3 つが最も簡単で効果的なのです。

少し話が複雑になってきたので、まとめていきましょう。

女性たちが男に求める数万年前から変わらないたった 1 つの事とは?

それは生存能力の高さである。

生存能力の高さは以下の 3 つである
1.経済的な豊かさ(お金の量)
2.知識と知恵
3.プレゼント(贈り物)の質と量

■全ての女性たちが男たちに求める 5 つの愛情

1.言葉 2.肉体 3.時間(一緒に過ごす時間) 4.奉仕 5.物

どんな女性にも通用するプレゼントは、『言葉』・『時間』・『奉仕』である。 時間と奉仕はメールでも表現可能である。 まずはここまでをしっかり覚えていきましょう。

先の理論を覚えて実践していけば、女たちに「生存能力が高い」と分からせることができ、あなたを男として認識させ、「信頼」させることが可能になります。 あなたが狙っている女性にあなたを男として「信頼」させることが最も重要で 難しい所になります。 女性に「好意」を持たせるテクニックと合わせて実践すれば、ここまでで、 彼女はあなたに対して「好意」と「信頼」を持つ事になります。 即ち限りなく、『恋愛』に近い感情をあなたに抱くことになります。 少し長くなりましたが、しっかりと復讐して確実にマスターするように下さいね。 そして必ず実践をして下さいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする