女性と主従関係を簡単に作り出す4つのステップとは?

前回はかなりキワドイテクニックを公開しました。 簡単に使えて効果抜群のテクニックですが、当然ながら、女性を騙すつもりで使わないようにして下さい。

今回は、さらに突っ込んだマインドコントロールのテクニックを解説してい きます。 この方法は、さながらあなたを会社の女性の『プチ教祖』にしてしまう方法で す。当然ながら今まで解説してきたテクニックの土台があって、機能をする事はご理解下さい。

あなたが女性のプチ教祖になるためには、あなたは必ず女性の指導者の立場を 取らないといけないのです。 男の上司が部下の女性と関係を持ちやすいのは、『指導者』である事が最も大き な要因でもあります。

人はどんな境遇の人間でも、生まれてから死ぬまで、必ず指導者がいます。 生まれた時は、親、学校に入れば、先生、会社に入れば先輩・上司

常に指導者がいます。 仮に独立して会社の社長になっても指導者はいます。株主や先輩経営者などです。趣味でも何でも必ず尊敬する人がいると思います。

これは何を意味しているのか? 人間関係は基本的に従属関係で、成り立っているという事です。 もう少し分かりやすく言いますと、人間は従属関係が心地よいのです

なぜ新興カルト宗教は信者を獲得出来るのか?
なぜ学校の先生に反抗にする生徒がいるのか?
なぜ子供は親に反抗するのか? あなたならもうお分かりですね。

その理由は単純です。 それは完全な従属関係だからです。当たり前ですが、対等であればそもそも反抗などしません… 従属関係の仕組みは細かく見ていくと大変なのですが、心理の根本にある事は意外に単純です。 それは、教える側と教わる側の関係性です。

そして教える側が使っている(無意識で使っている場合も多いです)方法は、 相手を怒る・叱る方法です。 つまり相手を叱ったり、怒ったりする事で相手より優位に立ち従属関係が出来 ていきます。 そして従属関係はあなたも持つ事が出来ます。

周到に女性と従属関係を作りたい場合は、今までの方法が役に立ちます。 それでは女性と従属関係を作るためのフローを解説します。
① 最大限の承認
② 叱る・怒る
③ 解決策を提示する
④ 承認

いかがですか? 先のマインドコントロールにかなり似ていると思います。 違う部分は、②の叱る・怒るか入っているかぐらいですね。 基本の流れは同じですが、注意点としてはまずは、女性をホメて最大限に承認 をするという部分です。 そして、承認を徹底して行った上で、あなたが女性に刷り込みたい概念・考え方を叱りながら行っていきます。

例を出しましょう。 例えば、あなたが好きな女性がタバコを吸っていてその女性にタバコを止めさせたい時、以下のように言っていきます。 (実際にこの方法で、女性に使ってタバコを止めさせたことがあります)
「君は他の女性と違って、誰よりも頭も良く、物事を論理的に考えられる女性だから言うけど、タバコを吸っていると損をするよ…僕は君に損をして欲しく ないから言うけど、タバコを吸っている女性は・・(以下続く)」

文章を分解してみていきましょう。 「君は他の女性と違って、誰よりも頭も良く、物事を論理的に考えられる女性 だから言うけど、」 まず承認をしています。

タバコを吸っていると損をするよ…僕は君に損をして欲しくないから言うけど、 タバコを吸っている女性は・・(以下続く)」 その後、叱る事で女性を自分の思い通りに動かすようにコントロールしているのがお分かりいただけると思います。

そして最後に自分が望み通りの行動をした時(この場合はタバコを止めた時) はまたホメて承認をします。 1 回このように相手の言う事を聞くようになれば、従属関係が出来ます。 後は、繰り返し同じプロセスを繰り返していけば、女性は完全にあなたの言うことを聞くようになります。

かなりモラルを問われるテクニックです。 あなたが気になる女性と付き合う前や、付き合った後も使えるテクニックです。

以上がマインドコントロールの方法です。 かなり驚くようなテクニックもあったと思います。 そして、実際に使えば、あなたの得たい結果が得られるはずです。 ただし、効果は抜群ですので、使う際はくれぐれも自己責任でお願いします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする