女性の無意識にアクセスするためのトレーニング方法

ここでは女性の心に潜り込むメンタルトレーニングの方法につ いて、解説をしていきます。 女性の心に潜り込むと言うと何か特殊な方法のような気がすると思いますが、難しくない簡単な方法を紹介していきます。

その方法とは、簡単に言えば女性の無意識に 3 ヵ月間かけてアプローチしていく方法です。 そしてこのブログで覚えた方法を 1 ヵ月間繰り返すようにしてみて下さい。 そうすれば特別な事をしなくても、女性はあなたに対して好意を抱く ようになってきます。

当然ながらどんな理論の基で今の行動をしているのかについては常に意識するようにして下さい。 あなたが意識をしながら取った行動と、意識をしないで取った行動と では結果が変わってきます。 それでは早速、1 ヶ月目の方法を見ていきましょう。

1ヵ月目にに行うトレーニング

最初にしてもらいた事は、あなたが狙っている女性が、普段気分が良い時にしている行動を観察する事です。 気分が良いとは、簡単に言うと「楽しそう」にしている時です。 大笑いしている時でも良いですね。

チェックポイントは以下の 3 つになります。

1.どんな話題で喜びを感じるか?
2.喜んでいる時の姿勢やクセはあるか?
3.喜んでいる時の視線はどこを向いているか?

1ヶ月目のトレーニングの目的は女性の無意識ベースにアクセスする事ですが、ここで使う無意識の定義を明確にしていきましょう。 当然ながら心理学で言う所の無意識も入っていますが、分かりやすく言うと、女性に気づかれずにあなたが好意を持ってもらう言動になります。

ではそれぞれのチェックポイントの解説をしていきましょう。 まずは女性がどんな話題で喜びを感じるかを観察していきましょう。

・服の話をしている時なのか?
・ペットの話をしている時なのか?
・友人と遊びに行っている時なのか?
・仕事で上手くいった時なのか?

まずはしっかり確認していきましょう。チェックするのは、もちろん女性の喜びを感じるポイントを知れば、 あなたが話を合せていく事が簡単になるという理由もあります。 しかし 1 番大きな理由は観察をする事事態にあります

何故かというと、1 の女性の喜びポイントを観察すると自然に 2 と 3 のポイントも分かるようになってくるのです。 いきなり、2 と 3 のポイントを観察すると焦点がぼやけてしまう可能性が高いので、まずは 1 の部分を観察していきます。 当然ながら女性が喜ぶ部分はたくさんあると思います。 ですが更に深く観察をしていって下さい。1 番女性が喜んでいる部分 を探して下さい。観察していけば必ず見つかるはずです。 見つかる期間ですが、あまり女性と会えない環境だと時間がかかるかもしれませんが、根気強く観察をして下さい。 どうしても時間がかかってしまう場合は、食事をした時に色々な話題を振って反応を見るも良いと思います。 もしくは聞いてみる方法が最も手っ取り早いですね。

「最近 1 ヵ月間のうち 1 番嬉しかった事は何?」 このように聞けば直ぐにわかります。 出来れば観察する能力を上げて頂きたいので、観察をして下さいね。

なぜ観察が重要なのか?

「観察力」は言い換えれば「洞察力」です。 実は洞察力が上げれば上がるほど、男女問わずコミュニケーション力が向上しますので、当然ですが女性をコントロールしやすくなるのです「洞察力」はモテる要素の最大の鍵かもしれません。

それでは 1 の観察が終わったという過程にしましょう。 次に 2 をチェックしていきます。 例えば女性がペットの話をしている時が 1 番喜びを表現しているとします。 その時の姿勢やクセを見るようにして下さい。 人間には必ず自分を表現する時に特有の姿勢やクセがあります。

まずは姿勢を見ていきましょう。 姿勢のチェックポイントは以下 3 つになります。

1.背筋は伸びているか?伸びていないか?
2.前のめりになっているか?
3.後ろに仰け反っているか?

この程度のチェックは直ぐに出来ると思います。 分かったらメモを取るか頭で覚えておいて下さい。 問題はクセのチェックですね。 クセは人よってかなり変わりますが、基本的には以下の 3 つをチェッ クしてみて下さい。

1.手(動かし方と組み方)
2.足(動かし方と組み方)
3.顔(手でどこを触っているか)

まずは「手」を見るようにします。 喜んでいる時、女性の手の動きはどうなっているでしょうか? 手を組んでいますか? 掌を合わせていませんか? 肘を触っていませんか? 握り拳にしていませんか?

次に「足」です。 足は開いていますか?組んでいますか? 膝を伸ばしていますか?引っ込めていますか? 足の裏をしっかり地面につけていますか?離していますか?

次は「顔」です。 1 番見てもらいたいのは実は「顔」です。喜んでいる時に顔のどの部分を手で触っているのかを良く見て下さ い。

・口を隠す
・触る
・目を触る
・鼻を触る
・頭を触る

人は喜怒哀楽の表現をする時、手で顔や頭を触る事が多いので、見逃さないように確認をして下さいね。

それでは 3 つ目の視点のチェックを行っていきましょう。3 つ目は「視点」なので分かりやすいですよね。 実は人には感情表現をした際に応じた視線のクセがあります。 一般的な「嘘をついた時は、上を見る」などは一例ですので、 あまり役に立ちません。 その女性独自の視線の方向が必ずありますので、よく観察して確認をするようにして下さい。 このように見ていくと必ず視線のクセが見つかると思います。

最後に、以上の 3 つのチェックポイントそれぞれ 1 つメモをするか覚えるようにして下さい。 まずは 1 ヵ月間、このブログでお伝えしたチェックポイントを確認するようにして下さい。 今日の確認したポイントを知るだけで、あなたは既に女性の無意識にアクセスする切符を手に入れた事になります。

今後女性を口説く時や、付き合ってからあなたが確認したチェックポイントは大いに使えるものになります。 つまり、女性より優位に立つ事が出来るのです。

1 ヶ月目の内容はシンプルだと思いますので、頑張って実践してみて下さい。 3 ヵ月間でこのトレーニングは終了するようになっています。

2ヶ月目:チェックポイントの応用

それではチェックしたポイントをどのように使っていくかを、順番に見ていきましょう。

1.どんな話題で喜びを感じるか?

ここで重要なのは、女のポジティブなポイントをあらゆる角度から知ることです。 ポジティブなポイントを知っていると、あなたが気になっている女と接する時、常に女の感情をコントロール出来るようになります。 つまり女に「なぜかこの人といると良い気分になれる」と錯覚させることが可能になります。

まずは女がどんな話題が好きなのかが分かったら、嘘でもいいので 女の好きな話題に合わせることをして下さい。 例えば女が「犬の話」が好きなら、あなたも犬の話に興味があるフリをして下さい。

「自分は犬の話なんて出来ませんよ」

難しく考えないで下さい。 「興味があると言えばいいのです」 例えば 「今犬を飼いたいと思っているんだけど犬を飼う時に注意した方が良いことってある?」 と聞いてもいいでしょう。

女は男以上に「価値観が合う」ことを大切にしています。 当たり前ですが人は育った環境がそれぞれ異なるので、価値観が合うことは幻想です。 ある部分で価値観が合っても長い時間一緒にいれば、価値観の違う面は色々出てくるのが当然です。

ただ僕たちは女の幻想を大切にして上げる必要があります。 つまり「●さんとは何でこんなに価値観が合うんだろう…」女にそう 錯覚させる必要があります。 錯覚をさせればさせるほど女はあなたに好意を抱きます。 価値観を合わせておけば、もし仮に女に彼氏がいても彼氏と上手くいかなくなった時に、チャンスが生まれます。
※どんな仲の良いカップルも必ず倦怠期があります。

人は基本的にどんな選択をしても「これで良かったのだろうか…」と 後悔します。 投資やギャンブルと一緒ですね。 負けても「次は良い結果になるかもしれない」そう思います。 価値観を合わせることで、女が悩んだとき・後悔していた時、あなたを思い出す心理的な仕掛けをしたことになります。

また女が悩んでいる時に、女が好きな話題を振ることも効果的です。 あなたといると気分が良くなることを女が感じれば、それだけで女をオトスことが簡単になります。

2.喜んでいる時の姿勢やクセはあるか?

なぜ女の喜んでいる時の姿勢やクセを覚える必要があるのか?

1の価値観を合わせる重要性はすでに分かっていただいたと思いますが、2 は価値観を合わせることを補完する要素になります。 1の話題を合わせることを続けていくとあなたはこう感じるはずです。

「面倒だなぁ…」

基本的に言葉で行うコミュニケーションは面倒ですし、続けていくことは限界があります。 また人は他人に直接的に言われることをあまり良く思いません。 人が行動を起こすのは「これは自分の判断だ」と思った時が多いので、 言葉以外で女に影響を与える方法を知る必要があります。 言葉以外の女に影響を与える方法が 2 です。

具体的な使い方は簡単です。 女が少し元気のない時、悩んでいる時に女と接する際は 2 で観察した 女が喜んでいる時に取る姿勢やクセをあなたがマネをするのです。

例えば女が喜んでいる時に首を触るクセがある場合は、女と話す時は、 あなた自身のクビを触りながら話をして下さい。 これは女の無意識の「快」の意識にアクセスするテクニックです。

女に気づかれずに無意識の「快」の部分にアクアセスを繰り返せば、 女があなたにどんな感情を持つかは想像出来ると思います。

3.喜んでいる時の視線はどこを向いているか?

最後は 3 の視線の利用法です。 3 の利用法は女を口説いていくプロセスで使います。 使い方は本当に簡単です。 あなたが女に対して「これは信じさせたい」と思うことや、言うことを聞かせたい話がある時に女の「快」を感じた時に見ている場所を意識しながら話をするようにします。 ホテルに誘う場合でも使えます。

人はそれぞれ快と感じる空間と不快に感じる空間があります。 あなたにも当然あります。 特に視線の方向は、それぞれの空間の場所を特定する大きなヒントになります。 例えば女が嬉しい時、右前方を見ているなら。あなたが座る位置も その場所と同じ位置に移動して話す時もその場所を意識します。 当然ながら、仕事や人間関係全般でも使えますね。

あなたが女と話すのが苦手な場合は、ぜひこのテクニックを使ってみ て下さい。 あなたが思っている以上に効果があるテクニックです。

2 ヶ月目の内容は実際に観察したことをどうやって応用するのかを解説しました。 どの方法もシンプルながら即効性のあるテクニックです。 女の「快」の感情にアプローチする効果をぜひ味わって下さい。 他の男と少し違う視点とテクニックを知り実践することが、他の男との差別化になります。 他の男と差別化が出来れば、それだけ女はあなたに対して興味を持つようになります。 結果あなたが狙っている女をモノに出来る可能性は高まります。

3ヶ月目:ネガティブさを利用する方法

まずあなたの人に言えない自分の情けない部分を思い出して下さい。

「イキナリ何を言っているんですか?」

この後分かるようになりますのでまずは思い出して下さい。 出来れば自分でも普段隠していた部分がいいと思います。 表面的な部分から心の奥底で思っていることまでがいいですね。 例として僕の隠しておきたいことを言いますね。

腹が出ている
女と話すのが苦手である
腕枕をすることがなぜか嫌だ
根暗である
心が弱い(傷つきやすい)

他にも色々ありますが取りあえずこれぐらいでも OK です。 ポイントは全て明確にすることです。 出来れば書き出すと良いでしょう。 なぜ書き出すかというと、あなたの隠しておきたい暗い部分が 女にアプローチする時に大きな武器になるからです

当たり前ですが人は自分の暗い部分は極力他人に隠しておきたいと 思っています。しかし一方で人は自分の隠しておきたい部分を誰かに打ち明けたいとも思っています。

またあなたが結婚する女に求める要素を考えた場合、自分の全てを受け入れてくれるという項目は入っていませんか? 女たちも同じです。 女たちも男に自分の暗い部分も含めて受け入れて欲しいと思っています。

しかし人は自分の感情を隠すことの方が良いと教育をされています。 ましてや自分の恥ずかしい部分を他人に出すのは恥だと思っています。 ここに他の男たちとあなたを差別化するチャンスがあります。 つまり自分の隠したいと思っている部分を女に話すようにします。

自分の隠しておきたいことを話す理由は 2 つです。 1つは女たちに普通の男が言わないことを言うことで他の男たちとの差別化が出来ることです。 2 つ目は自分が言いにくいことを言うことで女に「この人なら私の暗い部分を言っても大丈夫かも」と錯覚させるためです。 つまり正直さを戦略的に使っています。

ぜひネガティブな 部分を正直に女に言うようにしてみて下さい。

「ネガティブな部分を言う理由はよく分かったのですが、いきなり 言うのは難しいです…」

あなたの気持ちは良く分かります。 しかし少しずつでもいいので正直に自分のネガティブなことを女に言うようにしてみて下さい。 1 週間に 1 つでもいいです。 続けていけば何でも言えるようになります。

この方法の効果はあなたが身を持って体験してみて下さい。 きっと女のあなたを見る目や態度が変わるはずです。 そして何よりもあなた自身が自分の心の変化に驚くはずです。 P

これで 3 ヶ月間のトレーニングが終了です。 1 ヶ月目と 2 ヶ月目は女に対して行うトレーニングでした。 そして最後は自分自身に対して行うトレーニングで終了しました。

これは何を意味するのか? 色々なテクニックは確かに重要です。 しかし最終的には自分の勇気が試されるのです。 自分自身がどれくらいの覚悟を持って変わるつもりがあるのか? 今回の 3 ヶ月目のトレーニングが実行出来ればあなたは完全に 変われます。 あなたが変われば結果が変わるのは当たり前です。 その結果とは当然今まで以上に色々な女と関係を持てることです。 すでにあなたはその結果を掴み始めています。 どうか自分に自信を持って頑張って下さいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする