売れないミュージシャンが女性に養ってもらえる理由

あなたは、なぜ、売れないミュージシャンが女性に養ってもらえるか知っていますか?
売れないミュージシャンに限ったことでは、ありません。
売れない画家
売れない写真家
売れないシンガーソングライター…

色々ありますが、彼らが女性からモテるには、ある「女性の本能」が、スイッチオンになっているためなんです。

周りの男性から見ると、
「何であんなやつに、彼女いるんだ?」
「何であいつ、彼女に、あんなにまで尽くしてもらえるんだ?」
と疑問を持つ人も多いことでしょう。

ドラマとかでも、時々出てくるシーンですけど、これ、実際にあるから、ドラマにも使われるわけです。
あなたも、もしかしたら、同じような事を見ているかも知れませんね。
知り合いが、そんな状況だった! とか。

不思議でしょうがないかも知れませんが、しかし、これは、彼女たちの本能、つまり、切っても切れない女性が生まれ持っているものが、そうさせているので、仕方がないのです。
彼女たちも、簡単には逃れられないんですね。

例えば、「ヒモ」。
これも「売れないミュージシャンと女性」という関係に似ていて、ありえる状態ですよね。
一応、「ヒモ」について説明しておきますが、ヒモとは、お金を自分で稼がずに、女性から貢いでもらっている男性の事です。

で、プロのヒモになると、一人の女性だけでは満足できず、何人もの女性と関係を持ち、貢がせていて、月収で数百万円を得ている。
なんて、本当にあることなんです。
つまり、女性がそれほど、男性に惚れ込んでしまっているといっても過言ではありません。
他に女性が居るのをわかっていても、離れられないんです。

凄い状況じゃないですか?
では、一体、どうすれば、そのような状態になるのか?
何が女性をそこまでさせるのか?について、説明していきます。

女性しかもっておらず、女性自身、自分でもコントロールできない本能的な行動。
男性のあなたには、わかりにくいことですが、それは、「母性」です。

母性というと、あなたは、どんなイメージをしますか?
・子どもを育てる
・子どもを守る
こんなイメージをしませんか?

そう、愛するモノを育て、守る。それが「母性」です。
で、普通はこれ、自分の子供に向けられていくモノなのですが、
(男性を愛するのとは、ちょっと違うモノなんです)
一部の男性の行動が、女性の本能である「母性」を刺激し、赤ちゃんに向けるような「母性」を、自分に向けさせてしまうことが出来るのです。
それをされると、女性は本能からの反応なので逃れられません。

そう。この母性が、売れないミュージシャンや「ヒモ」との恋を可能にしてしまうのです。
秘密は「母性」。

先ほどあげた「子どもを育てる」という本能。
これは、人類が生まれた時から、ある本能です。
現代女性はちょっと異常で、この女性としての本能が薄れている人もいるのですが、
(でないと、我が子を虐待するなんて事は起こりません)
少なからず、女性なら誰でも持っているのです。

特に、女の子らしい女性は、「母性」が強いですね。
この本能をくすぐってしまえば、彼女は、どんな不細工で、ダメ男でも、惚れてしまうのです。

この恐ろしさは、多分、男性のあなたには、理解出来ないと思います。
この恐ろしさを理解しているのは、心理のプロや、犯罪捜査をしているような人、そして「ヒモ」です。
理解している人だけが、使う事ができ、
(心理のプロとかは、使う事は無いわけですけどね)
狙った女性を、いとも簡単に落とし、貢がせたり、応援させたり、都合良く利用しているのです。

他の女性、結婚して、子供も居るような女性などにも、この方法を話したら、
「それをされたら逃げられない」と、誰もが言います。

ただ、それをしてくる男性は、まずいないので、涼しい顔をして、男性を翻弄したりも出来るんです。

正直、この先をあなたに公開するのは、女性としてためらいます。
でも、あなたが素敵な女性をゲットして、二人が幸せになってくれるなら、公開しても良いと思うんです。

色々葛藤もありましたが、あなたは、悪いことには使わないと思いますので、
(女性を泣かせるような事にはつかわないですよね?)
公開することにしました。

では、これから、確信に入っていきます。
まず、なぜ、この方法が、女性にとって強力に作用してしまうのか?
そういうことをお話しします。
次に、あなたがどうすれば、再現できるのか?
それをお話しします。
で最後に、実際に行うステップをお話しします。
最後までしっかりと読まれていってくださいね。

それと、この方法は、絶対、他の人には話さないでくださいね。悪用されたら、泣く女性が増えてしまうので。

母性とは何か?

母性というのはずばり言って
「人類を生きながらえさせるための、動物としてもっている本能」
となります。

そう、人類として、種を繁栄させ、生きながらえていくために、生物として与えられている本能なんです。
すごく動物的ですし、原始的なモノですが、これがないと、種として、生きながらえていくことが不可能になります。

例えば、子供を産んだけど、面倒を見ずに死なせてしまうような母親ばかりだったら、その種は、早々に死に絶えてしまいますよね。
それでは、種として困りますから、遺伝子レベル(DNA)で、母性が子供を育て守るようになっているのです。

本能ですし、それも遺伝子レベルなので、逆らうことは出来ません。
ただ、現代みたいに、ストレスが過度にあると、遺伝子にも異常が起こるので、その結果、母性が薄い女性も生まれています。

学者さんによっては、増えすぎた人口を抑制するための、ブレーキが働いて、母性が弱い女性が生まれるのかも知れない。なんてことも言われたりしているそうですが、まぁ、それは置いておいて、普通に母性を持っている女性にとっては、遺伝子レベルの事なので、逆らえないのだと言う事を理解してください。

で、時々、どういうわけか母性が弱い女性も居ると言う事です。
まぁ、母性は、基本的に子供ができる事で、発現してくるものですから、
(子供が、自分を母親にしてくれる、という女性って多いんですよ)
一見、母性が薄そうに見えても、子供が出来ると、すっかりお母さんになってしまう人も居ます。

なので、見た感じからは、はっきりとはわからないのです。
まぁ、母性が薄い女性かどうかは、気にしなくても良いと思うんですけどね。
ただ、そういう母性が薄い女性には、この方法でも、上手くいかないと言うことは、先にお話ししておきます。
遺伝子レベルでの話ですから、仕方がないのです。

で、話を戻しますけど、母性が無いと、種として生きながらえられないので、女性には、母性が遺伝子レベルであるのです。
そのため、母性を刺激されるようなことをされてしまうと、その人を育て、守らないと気が済まなくなってしまうのです。

そう。
「売れないミュージシャン」に入れ込んでいる女性は、そういう状況なんです。
「ヒモ」に貢いでいる女性も、同じです。
で、このままではいけない、なんとかしないと、ずっとこの人のことを、面倒見続けることになってしまう。

それで、あたしは幸せなんだろうか?
とか、思ったりもしているのですけど、遺伝子レベルで突き動かされているので、逃げられないんです。

良く、「売れないミュージシャンに入れ込んでいる女性」に惚れて、
「あんな奴とは別れて、俺と一緒になってくれよ、俺の方が君を幸せに出来るのだから!」
とか、言う男が、ドラマとかでは出てきますよね。

これ、やっぱり、実際にもあるそうですが、そういう状況になっても、その女性は、「はい、そうですね、あいつとは別れて一緒になります」とは言いません。

ドラマでも、現実でも同じです。
で、女性が言うのは、
「あの人は、私がついていないとダメになってしまうの」
おきまりの台詞です。

これ、ドラマだけじゃなく、現実にもあるんですよ。
この台詞自体が、もう、母性で突き動かされて言っていますので、逃げることは無理だと証明しているようなモノです。
女性の側では、「このままではまずい」と思っているのに、離れられないんです。
母性は遺伝子レベルで作用しているから。

恐ろしいですよね。
で、あなたには、こんな遺伝子レベルで作用する母性を利用して、モテる方法をお伝えするわけですから、これまでの、モテる技術とかが、かすんでしまうと思います。

これを、あなたに提供できたのは、私が女性だから、と言うことは、
間違いないことです。
男性には提供出来ないレベルのノウハウでしょう。
男性が、母性を理解することは、難しい事ですからね。

ちょっと余談もありましたが、母性を刺激する方法が、強力な方法なのだと言う事は、分かっていただけたのではないでしょうか?

どうすれば母性を刺激できるのか?

では次に、どうすれば、母性を刺激して、あなたに夢中にさせることができるのか?
つまり、赤ん坊が、母親にしていることを、あなたが、好みの女性に、どうやって再現できるのか?
それを説明します。

やること自体は難しくはないのですが、一部の男性にとっては、とても難しい条件があるかも知れません。
そういう場合の為に、それをどうやって乗り越えていくのかも、説明していきますので、最後まで安心して読んでくださいね。
最後まで読んでいただければ、全部ちゃんとわかりますので。

まず、あなたがすることを、理解する前に、母親が、赤ちゃんのどういう所に、母性を刺激されているのか、それを理解してもらおうと思います。
それがわからないと、あなたが具体的にすることの意味と、価値が良くわからないと思いますので。

まだ、準備のところで、飽きてしまうかも知れませんが、大事な事なので、しっかりと読んでくださいね
ここの理解は、あなたが上手くできるかを左右してしまうほど、大事な所ですので。

まず、赤ちゃんとお母さんをイメージしてください。
例えば、赤ちゃんが一生懸命、歩こう歩こうとしています。
または、赤ちゃんが一生懸命、何かを握ろうとしています。
こういうとき、お母さんは、どういう行動をとりますか?
ずーーーーっと赤ちゃんを見ていますよね?
そして、赤ちゃんが怪我しないか、でも、もっと成長してくれないかなとじっくり辛抱強く、サポートして、見つめています。
転んだりしたら、抱きかかえてあやして、またチャレンジ出来る様にしてあげますよね。
辛抱強く、出来る様になるまで、赤ちゃんとサポートしてあげますよね。

この時、何が、お母さんの母性を刺激していると思いますか?
赤ちゃんの可愛い顔?
赤ちゃんの愛くるしい仕草?
赤ちゃんの泣き声?

いえいえ、そういうモノでは無いんです。
母性を刺激しているのは、
成長しようとして必死に頑張っている姿
なんです。

赤ちゃんだったら全員が持っている、そういう行動する姿が、母性を刺激しているのです。
赤ちゃんの可愛い顔
赤ちゃんの愛くるしい仕草
赤ちゃんの泣き声
そういうのも、母性には響きます。

でも、一番の刺激は、「成長しようとしている姿」なんです。
何度も失敗して、そのたびにやり直して、チャレンジし直して、で、いつか上手くできるようになる。
沢山失敗したけど、いつか出来る様になる
つまり、成長したってことですが、そういう、成長している姿が、母性を一番刺激して、赤ちゃんを育て、守るという行動をさせていくのです。

これ、本当に大事な所なので、しっかりと理解して欲しいのですが、女性は、
成長しようとして頑張っている姿を見せられると、自動的に母性が発動する
のです。そういう風に、遺伝子レベルで出来ていますから、自分でコントロールは出来ません。

私は赤ちゃん嫌いだから、母性を止める。
なんてことは出来ませんし、嫌だと思っても、赤ちゃんのために色々してあげるようになって、それに幸せを感じる様になっています。
まぁ、そうはならない女性もごくわずかには居るんですけどね(悲しいことですが)

はい、ここまで理解OKですか?
女性は、
「成長しようとして頑張っている姿を見せられると、自動的に母性が発動する」
のです。

では、これを売れないミュージシャンに置き換えてみると、どうなるのでしょうか?

「売れないミュージシャンと彼女の関係」では、
彼が、夢を追っかけて、バンドの練習、例えば、彼がギタリストだったら、ギターを練習している姿を見たり、定期的に、ライブをしたり、オーディションを受けたり… それに落ちてしまったり、スランプで落ち込んだり…そういうことで、母性をくすぐられるのです。

母性を発動させられてしまうと言う方が正しいですね。
「俺はダメなヤツだ」とか言うので、「そんなことない、あなたならきっとできるわよ!」と励ましたりして。

いえ、ドラマの見過ぎだろう! って思うかも知れませんが、これ、本当に当たり前にある話なんですよ。
で、彼を一生懸命に励まして、必要なら、抱かれて、彼が元気になって、「おれ、もう一度頑張ってみる!」なんていう姿に感動して、泣いたりして。
そういう、少女漫画の定番コースそのまんまが、現実のことで、「ヒモ」もそうですし「売れない○○の玉子」の男も、そうなんです。

彼らにはまった女性は、みな同じパターンの行動をします。
遺伝子のプログラムなので、同じ行動、反応になってしまうんですね。

すごくないですか?
端から見ていると、その男の子、まったく頼りないですし、だらしないですし、大人の女性が付き合うには、不釣り合いにしか見えませんよね?

でも、大人の女性だからこそ、母性で、そういう男性にはまってしまうのです。
で、はまったら抜け出せません。
そう、彼ら「売れないミュージシャン」がしていることを、あなたが、意図的にできれば、狙った女性は、まず、落ちます。

ちなみに、彼ら「売れない○○の玉子達」は、意図してはやっていませんので、その辺が、「ヒモ」とは違うんですけどね。
同じパターンが、あなたも使えるというわけです。
こう言うと、誤解して、
「じゃあ、ミュージシャンを目指せばいいの?」
なんて思うかも知れませんが、そういうことじゃないですよ。
彼らのパターンを使わせてもらうのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする