プレスリリースの書き方は?マスコミが採用したくなるプレスリリースサンプル

今までプレスリリースの基礎的な事を色々と伝えてきました。
多分あなたの頭の中にはパブリシティについてはほとんど理解したのではないかと思います。

それではいよいよあなたの番です!
私と一緒に色々な例を元に考えていきましょう!

あなたの会社のUSPを決めよう。
USPとはunique selling proposition の頭文字をとったもので、その人だけの売りになるポイントという意味を持っています。
要するに自分の独特な競争力が、明確かつ簡潔に表現された言葉なのです。

一番解りやすい例をあげれば、ドミノピザなんて一番明確です。
『30分以内にピザを届けなければ、御代はいただきません』

ドミノピザはこのフレーズで爆発的に成長を成し遂げた会社なのです。
昔のピザはソバ屋と同じで、電話で注文してからいつ家に届くのか解らないというのが当たり前でした。

しかし突然ドミノピザが30分以内に届けなければタダという、昔にしてみれば信じられない事をやったのです。
そして爆発的に売れた事は皆様承知の事でしょう。

実はお客様は熱々のピザを求めていたのです。
『30分以内に熱々のピザをあなたの元に届けます。』これをシンプルに、30分を過ぎたらお金はいただかないとした事で、ダイレクトにお客様の心に響いたのです。

あなたの会社でもこういうお客様の心に響くUSPを作りましょう。

ここで1つ注意が必要なのですが、たまに
『私は東大医学部を卒業したインテリア雑貨屋です』
なんてやってしまう人がいるのです。

これは確かにユニークです。
しかしユニークなだけで、お客様の得が微塵も感じられないのです。
USPはあくまでもユニークであって、お客様の得を考えなければなりません。

『私は心の安らぐ部屋をトータルコーディネートできるインテリア雑貨屋です』
と、した方がお客様に『おっ!?』という気持ちを与える事が出来るのです。
このUSPがあるか無いかだけで、今後の売上に大きく影響します。

それは、もしあなたが『普通のインテリア雑貨屋』と『心の安らぐ部屋をトータルコーディネートできる雑貨屋』が並んでいたらどっちに行きますか?

答えは明白でしょう。

このUSPを作るのに何か莫大な投資は必要ですか?
このUSPを作るのに何か大きなリスクはありますか?

莫大な投資なんてまったく必要ないし、リスクだってまったくありません。
必要なのはあなたの頭だけなのです。

それではあなたの会社のUSPを考えていきましょう。
あなたは現在何を売っていますか?
あなたは現在お客様にどういったサービスをしていますか?

ここでコツを教えておきます!
人はどうしても売る側の立場に立ってしまうと思考が『どうやったら売れるのか?』というものになってしまうのです。
そういう思考で考えてしまいますと、先ほどの
『私は東大医学部を卒業したインテリア雑貨屋です』
という風になってしまうのです。

『俺はそんな事はないよ!』
と思っていても、いざ自分のUSPを見つけようと思った途端にこういう思考になってしまうものです。
ですから必ずUSPを考えるときは、お客様の気持ちに立って考えましょう。

自分がもしお客様だったらこう思うよな。
自分がもしお客様だったらこういうサービスがあったらうれしいよな。
すると、アイデアは宝箱を開いたかのように飛び出してきます。

あなたの商品はどういったUSPを付けたら、お客様は面白いと感じますか?
あなたの会社のネタを考えよう。

ここでは具体的な例を挙げながら、私と一緒に『楽しみながら!』考えていきましょうね!
ここでは2つの例を挙げて、どのようにプレスリリースしていけばいいのかを書いていきます。

あなたの業種とは違うものかもしれませんが、考え方としては一緒です。
始めに言っておきますが、今から挙げる2業種は私の本業とはまったく違います。はっきり言って私はこの2業種を知りません。

それではやっていきましょう。
まず1つめの例としましては、電気屋を挙げてみようと思います。

山内電気企画という会社が新しい電気スタンドを発売するとします。
山内電気企画が新製品の電気スタンドを発売!

『山内電気企画ってどこの会社だよ?』
『新製品の電気スタンドを発売したからどうなるってんだよ?』
『この情報を載せる事で、読者のメリットはあるのかよ?』
『こんなの明らかに自社の製品を広告したいだけだろ!』

はい。ごもっともです。
私がもしマスコミの報道部だったら120%取り上げません(笑)

それではこの場合、どうすれば良いのか一緒に考えていきましょう♪
まずこの会社は新製品として電気スタンドを作りました。このスタンドを大量に売る為にマスコミを使おうとしております。
まずはUSPの基本から入りましょう。

USPの基本とはお客様の立場に立って物事を考える事でしたね。
どうしても売る立場に周った人間は、商売の観点からしかその商品を見る事が出来ないのです。
自分自身が消費者の立場に立った時には、色々な商品の批判などをするにも関わらずです。これは意外と皆さん忘れがちな事なので、必ず覚えておいてくださいね。

それではあなたと私はお客様になりました。
あなたはどんな時に電気スタンドがほしいですか?
私も考えてみます。

『 ・・・・・・・・・・』
あんまり『ほしい!』と思う時って無いですね(笑)
というのも実際に電気スタンドというものは売りにくい商品なのです。

こういう商品は険しい山道を登るようなものです。
だからこそ私はこの商品を1つの例として取り上げる事にしました。
だってこの商品をマスコミに取り上げさせる事が出来たら、あなたの商品なんて楽勝に取り上げられる事が出来ますからね。

それでは先ほどのマスコミ刺激ポイントを元に考えて行きましょう!
この新製品の電気スタンドがよほど日本を騒がすようなすごいものなら別です
が、そんなすごいものが地元の小さな電気屋で作れるとは考えにくいものです。

そういう場合は電気スタンドでプレスリリースするのではなく、まずは会社を売りましょう。社長を売りましょう。
ちょっと顧客の視点に立って考えてみます。

んんん・・・
よくよく考えてみますと、普段人は電気と一緒に暮らしています。
暮らしているにも関わらず、電気についてはあまりよく知りませんよね。
そこで夜ぐっすり眠れる光や、夜ゆったりとリラックスできる光、勉強がはかどる光などについての無料小冊子があれば読んでみたいと思いませんか?

社長が電気博士となって電気について小冊子を書くのです。
社長は電気に関しては専門家なのですから、素人が知らない知識はたくさん知っているはずです。
これはマスコミ刺激ポイントの4番、無料であげちゃうに該当します。
実はこれだけでもプレスリリースは可能なのです。

※マスコミを刺激するポイントについてはこちら
マスコミが飛びつきたくなる話題を作ろう!

USPを付けるなら、『あなたのお助けマン電気博士のいる、町の電気屋さん』といったことろでしょうか。

それではこれを元に報道用資料を作ってみましょう。
まずはキャッチコピーです。
今回配ろうとしている小冊子はどんな内容でしたか?
夜ゆったりリラックスできる光や、勉強がはかどるような光についてでしたよね。

私ならこういう切り口で行きます。
以下キャッチコピー

町の電気屋が受験生を応援!
勉強がはかどる光についての無料小冊子が今評判です!

どうですか?
このキャッチコピーだけでもマスコミに取り上げられると思いませんか?
要するにアイデアなのです。

アイデアはあなたの頭の中にあるのです。
実際このプレスリリースの内容はゼロから生み出されました。
無料小冊子だって社長の頭の中に眠っていたものなのです。
これを元にリード文、コピー文を考えていけばいいのです。

一応あなたの見本にもなると思いますので、私が書いてみますね。
以下電気屋のプレスリリース資料

報道用資料 平成1○年○月○○日
詳しいお問い合わせは山内電気企画 担当○○○○まで TEL:○○○○○○

町の電気屋が受験生を応援!
勉強がはかどる光についての無料小冊子が今評判です!
受験シーズンもいよいよ本番!受験生は毎日勉強に励んでいる!
そんな毎日頑張っている受験生を応援しようと、町の電気屋さんが勉強がはかどる光について書かれた小冊子を無料で配布しているという。
『勉強は目から覚えるもの。その為勉強をする時の光は、勉強する能力に大きく影響します。この小冊子を多いに利用して、受験勉強を乗り切ってほしい。』と、小冊子を執筆した山内電気企画の社長○○さんは言う。

小冊子の中には『○○の光よりも○○の光の方が目に受ける刺激が強い』等の、普通皆様が知らないような内容が満載。

山内電気企画には受験に頑張る学生が小冊子をもらいに毎日訪れている。時には受験勉強のお子様を持つお母様も訪れてくる。
今回あまりの反響により追加で200冊を作り、もっとたくさんの受験生のためになってほしいと願っている。
小冊子はお店に行くと、簡単にもらえる。

事前に電話での確認も可能である。電話番号は○○○○○○。AM○時からPM○時まで受付してくれる。

ご担当者様
受験勉強に苦しんでいる学生さんがたくさんおります。
少しでも多くの学生の励みになるように是非ご協力いただければ幸いです。
ご担当者様のお手数がかからぬように、質問案をご用意いたしました。
また小冊子もご用意しております。
ご質問等ございましたら、担当○○(直通電話○○○○○○)までお願いいたします。
〒○○○―○○○○ ○○市○○町○○―○○ TEL○○―○○○○

どうでしょうか?
正直に言って、私はこのプレスリリース資料を作るのに数分で作りました。
コツさえつかんでしまえば、こんなに簡単に出来てしまうものです。

後はこの報道用資料を地元の新聞等にプレスリリースするだけです。
すると地元新聞は喜んでこの会社を取材しに来る事でしょう。
何も売りの無い会社が、たったこれだけで地元で有名な電気屋に大変身するのです。

それではもう一つ例を挙げてみますね。
続いては塾なんていうのはどうでしょうか。
塾なんてあまり売りがないですよね。難しそうですよね。
だからこそ2つ目の例としてこれを選びました。

それではこちらをプレスリリースしてみようと思います。
通常一般的に始めた塾は、名も知れないただの塾ですよね。

んんん・・・結構難しいですね(笑)
それではまずは先ほどと同じUSPから考えていこうと思います。
お客様は塾を選ぶ際に何を基準に選ぶのでしょうか。

合格率、知名度、先生の質、料金・・・
中でも知名度は本当に大きな点ではないでしょうか。
全く無名の塾に、誰の紹介も無くあなたは子供を入塾させますか?
私ならさせません。

それではパブリシティを使用して地域で超有名塾にしちゃいましょう。
マスコミ刺激ポイントを利用して、まずこの塾ができる事を探してみましょう。

刺激ポイント①のNo.1になるですが、これは他の有名塾では必ずやっていますよね。
『地域No.1の合格率です』
『○○中学校の期末テストで当塾の生徒が1番を取りました』

この塾がNo.1を勝ち取るには少し時間がかかりそうですね。
なので他の刺激ポイントを利用してみます。

この塾というものは、相手は生徒ですよね。そしてその塾に入塾させるかどうかを決定するのは、お金を支払っているお母さんですよね。

なので刺激ポイント③の流行を利用してしまうや、刺激ポイント⑤の思わず笑っちゃう事をする事は、NGだと思います。
なので、刺激ポイント②の社会に貢献する事や、④の無料であげちゃう事が一番適しているのではないでしょうか。

この塾でもやはり無料で小冊子を配る事が一番手っ取り早いかもしれませんね。
あくまでも塾の作った小冊子なのですから、勉学にちなんだ小冊子を作るべきでしょう。

『高校受験勉強を始める前に知っておきたい10の心得』
なんていうものはどうでしょうか。

USPはこうです。
『受験生を心から応援する地元密着型の塾』

それではキャッチコピーを考えてみましょう。
こちらも無料型と地域貢献型が組み合わさっていますので、簡単に作れますよね。

以下キャッチコピー
○○地区の受験生を心から応援したい!
地元の塾の塾長が受験生を応援するべく
受験の心得を書いた小冊子を無料で配布しています!
社会貢献が絡んでいるので、これくらいのキャッチコピーでOKでしょう。
それではこのキャッチコピーを元に報道用資料を作ってみます。

以下塾のプレスリリース資料

報道用資料 平成1○年○月○○日
詳しいお問い合わせは
○○塾 塾長○○○○まで TEL:○○○○○○
○○地区の受験生を心から応援したい!
地元の塾の塾長が受験生を応援するべく受験の心得を書いた小冊子を無料で配布しています!

受験シーズンもいよいよ本番!高校を受験する受験生は毎日勉強に励んでいる!
そんな毎日頑張っている受験生を応援しようと、地元の○○塾の塾長が『高校受験勉強を始める前に知っておきたい10の心得』という小冊子を無料で配布しているという。
『受験勉強をする際には、やはりコツというものがあります。そのコツを知っているか知らないかで勉強の能率が大幅に違ってきます。』と、小冊子を執筆した○○塾の塾長○○さんは言う。

小冊子の中には『能率の上がる勉強時間管理術』等の、普通皆様が知らないような内容が満載。
○○塾には受験に頑張る中学生が小冊子をもらいに毎日のように訪れている。時には受験勉強のお子様を持つお母様も訪れてくる。
今回あまりの反響により追加で200冊を作り、もっとたくさんの受験生のためになってほしいと願っている。
小冊子は○○塾に行くと、簡単にもらえる。

事前に電話での確認も可能である。電話番号は○○○○○○。AM○時からPM○時まで受付してくれる

ご担当者様
受験勉強に苦しんでいる学生さんがたくさんおります。
少しでも多くの学生の励みになるように是非ご協力いただければ幸いです。
ご担当者様のお手数がかからぬように、質問案をご用意いたしました。
また小冊子もご用意しております。
ご質問等ございましたら、担当○○(直通電話○○○○○○)までお願いいたします。
〒○○○―○○○○ ○○市○○町○○―○○ TEL○○―○○○○
○○塾 塾長○○○○

実はこの報道用資料、さっきの電気屋の資料をほとんど真似てます。
実質この資料を作るのにほんと数分しかかかってません。
それでもきちんとした資料が出来ました。
慣れてくれば本当にこんなに簡単に作れてしまうのです。

ここまで読んでみてどうでしょうか?

『あ~なんか俺にも出来そうだ!』
こうは思っていただけたでしょうか?
その通りです。あなたにも100%出来るのです。
要はアイデア次第。
あなたの頭の中にあるアイデアで、プレスリリースをするネタなんて、いくらでも出てくるものなのです。
その出てくるきっかけを、このマニュアルでつかんでほしいのです。

このマニュアルはあなたにとってのお手本です。
このお手本があるからこそ、あなたにアイデアが次から次へと出てくるのです。
もう『うちの会社には出来ない・・』なんて言えませんよね。
このマニュアルが付いているのですから、後は本当にあなたがやるだけなのです。

さぁ!もうこれであなたに伝える事は全て伝えました。
これであなたもパブリシティマスターです。
後は何度も言うように、あなたがチャレンジするだけです。

いいですか?
あなたがチャレンジするだけなのです!!
あなたのナビゲーションはすでに目的地を完璧に捉えています。
道筋も完璧です。
後はあなたがその道の上を走るだけなのです。
何も難しい事ではありません。
あなたがその道の上を走るだけなのですから。

あなたは明日から有名人です!

今までこのマニュアルをお読みになりどう思いましたか?
正直、マスコミに出る事はこんなに簡単な事で、さらにはこんなにもメリットがあったんだ!!と、感動したのではないかと思います。
さらには、今すぐ行動したくて本当にうずうずしているかもしれませんね。

今すぐ行動してください!
1分でも早く実行する事が、今後のあたなの人生を数倍、数十倍と成長させてくれることと思います。
頑張ってください!

もう一度私からのアドバイスです。
マスコミへは商品の宣伝をするのではありません。
あなたの気持ちを伝えるのです。
あなた自身をマスコミに伝え、マスコミに共感してもらうのです。

そうする事により、あなたの人生は急成長を始めることになり、気がつくとあなたのブランドが確立し、他社を圧倒しながらダントツの会社となっていることでしょう。

あなたは明日から有名人です!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする