女性の本能を掻き乱し従順な彼女を手に入れるためのステップ

具体的に、彼女があなたに貢いだり、応援したり、惚れてしまったりする、女性の本能を上手く利用した惚れさせ方をお話しますね。

【ステージ1】夢や目標を具体的に持つ
ステップ1:夢や目標を持つ (これは完了していますよね)
ステップ2:夢や目標に日付を入れる。
ステップ3:年、月、日ごとに何をするか決める

【ステージ2】夢や目標を実行に移す
ステップ1:計画を実行する
ステップ2:実行したら、彼女に話す
ステップ3:彼女に次の計画を話す。
簡単に言うと、こんなステップで、アプローチしていきます。

それぞれ、説明していきますが、ステージ1のステップ1は、もう完了しているはずなので、ここでは端折ります。
まだの人は夢や目標を見つけるための4つのステップを読んでください。

ステップ2から詳しく見ていきましょう。

ステージ1の、ステップ2「夢や目標に日付を入れる。」

かなり大事な事なんですけど、夢や目標を、実現していこうと頑張って行くには、ゴールになる、日付が必要です。
ゴールが見えないと、どれぐらい頑張れば良いかもわかりませんし、話を聞いた女の子も、応援するのが難しきくなってしまいますよね。

なので、まず、ゴールを明確にする。
あなたの目標を実現する日、夢を実現する日を、決めて下さい。
ここで、気をつけたいのは、あまり大きな夢や目標だと、何年も、何十年も先に設定しないと、ならなくなってしまうかも知れませんから、それでは、頑張る方も(つまり、あなたですね)大変ですから、途中経過の日付を決めておくと良いでしょう。

例えば、マラソンを考えて見て欲しいのですけど、ゴールは、42.196KM 先って決まっていますよね。
でも、5KM、10KM、15KM、20KM ... と、途中経過の、距離がわかるようになっています。
もし途中の距離がわからなかったら、どれぐらい走ってきたのか、どれぐらいのペースで、走り続ければよいのか、どの辺で、スパートかければ良いのか、そういうことが、良くわからなくなって、タイムは伸びないでしょう。
途中経過があるから、その先、どうしようかという計画を立てることが出来、記録に挑戦できるわけです。

夢や目標を実現するのも、同じですね。
あまり遠くない日に、途中経過の目標日を設定し、必要なら、何回か設定し、それに向かって頑張っていくようにして下さい。

また、そういう日付は、女の子に話すことも大事です。
例えば、ミュージシャンを目指しているなら、ライブをする日、オーディションを受ける日など、いくつかの途中経過の日がありますよね。
そういう日に向けて、練習に励んだり、まぁ、オーディションで落ちて落ち込むとかもあるかも知れませんが、途中の日があると、応援する女の子も、応援しやすくなります。

あなたの夢や、目標を、いつまでにどこまで実現していくか?
そういう途中経過も含めて、まず、決めて行って下さい。

これは、その実行計画、実現の手段を、よく考えて、全体を把握していないと、難しいでしょうけれど、日付にまで落とし込めるなら、それは、実現可能になっていきます。
言ってみれば、実行計画を作っているわけですが、計画のない目標は、実現できませんが、、
計画を作れるなら、それは実現可能になっていくわけです。

まずは、あなたが本気で、夢や目標を実現するんだ! という気持ちになって、そのために、しっかりと計画を立てていって下さい。
すでにそれを行っている方なら、わかりきったことかも知れませんが、もう一度見直して、整理してみるのも良いと思います。

ステージ1の、ステップ3「年、月、日ごとに何をするか決める」

次は、今日何をするのか? 明日は何をするのか?
という所まで、実行計画を落とし込むために、年の予定、月の予定、日の予定などを決めて行きましょう。

夢や目標に向かって頑張っている姿を見せる時に大事な事があります。
それは、夢や目標を叶えるために頑張っている、と言うだけではなく、今、やっていることが、ちゃんと、その夢や目標の実現に繋がっていることを、見せていくと言うことです。

「母性」が反応するのは、
成長しようとして必死に頑張っている姿
でしたよね。

で、その姿って、未来の姿じゃなく、今のあなたの姿ですよね。
としたら、今、ちゃんと、夢や目標に繋がっていることを、しっかりと実行していると、言えなければなりません。

こういう計画を立てたけど、今日は、忙しいから無し。
多分、週末にやれると思うなぁなんて態度だったら、
「本当にやるの?」
「その夢、本当に叶えたいの?」
って、思ってしまいます。
それでは、「母性」が刺激されたりはしません。

今、あなたがしていることが、実現に繋がる行動、実現の為に必要な行動であることが、大事なんです。

じゃないと、
「そのうちって、いつやるの?」
「クチだけなんじゃない?」
って思われてしまい、かえって逆効果です。

「母性」を刺激するには、ルールがあるって事です。
そこから外れてしまうと、頑張っても意味がないので、外れないように気をつけて下さい。
どうすれば、外れないで済むのかは、書いておきますので、しっかりと把握して、実行して下さいね。

で、いよいよ実行になります。

ステージ2の、ステップ1 「計画を実行する」

あなたの夢や目標を、実現する為の行動を、しっかりと、実行していくのが、ステージ2です。
それと同時に、彼女に、やっていることを伝えたり、頑張っている姿を見せたりするステップになっていきます。

で、最初は、計画を実行するわけですが、ここは、彼女をゲットするためとか、そういう気持ちでやらないように、気をつけて下さい。
そういう、下心は、女の子は敏感に察知しますよ。
感がいいんですから!
だから、あなたの夢を、本気で実現するつもりで、実行に移して下さい。

大変だとは思いますけど、その努力と引き替えに彼女をゲットできる資格が、得られると思って下さい。
本気で、夢に向かって努力してる男性にしか、女の子達は、「母性」を刺激されませんからね。

これは、大変だけど、あなたにも凄いメリットがあると思うんです。
だって、あなたが叶えたい夢を、叶える努力をしていくことで、彼女まで、ゲットできるんですからね。
一石二鳥じゃないですか?

頑張るだけの価値はあると思うんですよね。
で、すでに頑張っている人は、それを、狙った女の子に、適切に見せていくことで、彼女をゲットできるようになります。
その方法は、次のステップで説明しますが、男性って、結構、自分の努力を隠したりするので、(格好悪いとか思ってません?)ちゃんと見せるって事、忘れないようにしてください。

で、わかって欲しいのですけど、本気で頑張っている姿に、女の子はしびれるわけですから、くれぐれも格好だけのなんちゃって努力は、しないようにして下さい。
演技じゃ、気づかれて終わりですよ。
気をつけてくださいね!

ステージ2の、ステップ2「実行したら、彼女に話す」

で、実行していったら、それを彼女に話して伝えましょう。

ここでのポイントは、良いとこだけ伝えるのではなく、良くないことも伝える、って所です。
上手くいったところだけ話したいだろうなと、思いますが、それだと、女の子は共感出来ないですし、自分が何か手伝える隙もないですよね。
なんか、遠くに感じてしまうんですよね。
良い事しか伝えてくれないと。

むしろ、失敗したこと、時には苦しい、大変だ、そういうことも、伝えていくことが必要なんです。
ミュージシャンだったら、オーディションに落ちた、あんなに練習したのに、俺って才能無いのかも...
なんて状況に、彼女の「母性」が発動して、
「そんなことないよ! 頑張れば叶うよ!」
って、応援したくなるわけです。

わかりますか?
だらしない姿も、彼女だけには見せるって、大事なんです。

とはいえ、誰にでもだらしない姿をみせちゃだめですよ。
狙った彼女だけです。
誰にでも見せてしまうと、ただのだらしない男にしか、思われなくなってしまいます。

「強がっているけど、あたしには、弱いところも見せるのね。」
ってのが、女の子が萌えるシチュエーションなので、それは、外さないようにしてください。

で、この辺、狙った子と、あなたがどういう関係なのかで、頑張っているところを伝える、「言い方」とかが変わってきますから、ここでは、具体的にはかけませんけど、気をつけるポイントは、明記しておきます。
・さりげなくアピールすること(下心見え見えはダメですよ)
・時々、弱いところも、その子にだけ見せること
・頑張っている姿は、頻繁に見せておくこと(クチだけじゃダメです)
・「頑張って」と言われたら、ありがとうと答えること
・さりげなく、目標日、途中の目安の日などは、伝える事
・途中経過などで、上手くいったことなどは話すこと
・「良かったですね」と言われた時がアピール時。

例えば、資格試験とかにチャレンジしていて(目標の途中で)それに受かったなど、何か結果が出た時、それを伝えて「良かったですね」と言われたりします。

そのときに、
「ありがとう、応援してもらえたおかげで、頑張れたよ」
みたいに、その子のおかげだって事を、アピールするんです。
そうすると、その子も自分が参加しているような気持ちになれて、あなたに親近感がわきます。
そう言った時に、その子が、嬉しそうな顔をしたら、
「次は、いつに、こういうのがあるから頑張る」
って話をしてくださいね。

これは、次のステップの部分でもあるんですけど、すかさず、次の予定日をアピールし、頑張るから、応援してねと、伝えてみるわけです。
こうされると、あなたの予定日や、あなたが頑張っていることが、気になって仕方が無くなってきます。

たいして仲が良くない関係でもです。
「本気で、夢の実現に向かって努力をしているんだ!」
というのが、伝われば、あなたを見る目が変わってきます。

この辺りから、女の子らしい子は、「母性」が発動してきて、
「何か手伝えることはないかしら?」
とか、密かに考え出すんですね。
まだ、あなたとの関係を考えて、あまり積極的に、あなたに関与しては来ないかも知れませんが、(この辺は、元々の関係がどれぐらいのものかによりますね)あなたのことを、ちょっとづつ考えるようになっていくのです。

焦らずに、本気で、あなたが取り組んでいる姿を、見せていってください。

いいですか?
男性的には、まさか、そんなこと無いだろう?
って、思うかも知れませんけれど、無意識で、このパターンを行っていて、ちょっとした知り合い程度の関係だった女の子が、本気で惚れてしまい、
(母性ループが出来てしまったと言う事ですね)

女の子の方からアタックしてきて、つきあい始める。
なんてこと、あるんです。

例えば、ファミレスの店員(こっちが女の子)と、お客の関係から、付き合い出したりとか。
ファミレスに、勉強しに通っている内に、話をするようになって、頑張っている姿に、「母性」が発動してしまい、何とか手伝いたい、夢を実現させてあげたい、とか思ってしまい、女の子の方から、アプローチしていく。

実際にあることなんです。
まぁ、ファミレスという、他に、勉強とか努力をしている姿を見せる人が居ない場所なので、そういうことも起こる訳で、図書館とかで、誰もが勉強しているような所だと、よほど、あなたの頑張りが目立たないと、そういうことは、起きないと思うんですけどね。

でも、「母性」が発動すると、そんなことが起きてくるんです。
あなたの、頑張っている姿を見せていくと、女の子の方から、よってくるって事があるわけです。

凄いことですよね。
で、その場合、あなたが、見た目、格好良い人かどうかなんて、関係ありません。
身長低い、はげてる、足がくさい、お金もっていない、関係無いんです。
努力している姿を、格好良いと思ってしまうのですから。

一般的に、モテる要素と言われているようなことは、(例えば、話がうまいとか、笑わせることが出来るとかも)関係無くなっています。
母性で惚れてしまう場合は、そういうモテる要素は、関係無いんです。

だから、70 代男性と、20 代女性の結婚なんてことが現実にあるわけです。
50 代男性と、20 代女性のカップルなんてのは、もっとありますよね。
年や、体型がメタボだとか、そういうことも関係無いんです。
夢に向かっている姿が格好良く、手伝いたくなってしまうのですから。
本能を刺激するっていうのはそういうことなんです。
で、アピールを続けていったら・・・

ステージ2の、ステップ3「彼女に次の計画を話す。」

実現させた途中経過、の後に、次の計画(途中経過の日とか)をちゃんと伝えていき、それを応援してもらえる様に言ってみて下さい。

ここでは、彼女を、自分の夢や目標に巻き込むことをしていきます。
巻き込んでしまうと、逃れられなくなっていくのです。

そう。「母性ループ」を仕掛けるところですね。
ここまでのステップは、これを実行する為の前段階として、あったもので、本番はここです。
とっても大事な所なので、しっかりと読んでくださいね。

まず、自分の次の計画を伝え、その日を、意識してもらい、応援してもらいたい事を伝えていきます。
そのとき、しつこくしちゃダメ。
しつこいと、何か下心がありそうだと思ってしまうので。

あくまでもさりげなく、
「応援してくれる人がいると、頑張れるから」
だから、応援してもらいたい、ぐらいに、あっさりとしておくことが大事です。

これで、彼女の方に、意識が出来ると、ちょっとしたところで、
「頑張ってますね!」
とか、ねぎらいの言葉が出てくるようになって来ます。

それにはちゃんと応えて、
「いつもありがとう、頑張ってますよ!」
そんな感じで、答えていきましょう。

で、まもなく、目標の日が近づいてきたら、彼女の方が、その日のことを覚えていたりして、
「もうすぐですね!」
とか、言ってきたりします。
「そうなんだ、最後の一踏ん張り、辛いけど、頑張ってますよ」
とかさりげなく、アピールします。

ちょっと弱音も見せつつ、頑張っている姿を見せていくわけです。
時々弱音を見せるのも、大事なのですが、それもさりげなくやること。
でないと、わざとらしくなりますからね。

で、いよいよ、その目標の日。
その日に、何か結果がでたとします。
どういう結果でも、その後、彼女に会える場所に行きましょう。
どういう関係なのかによって、その日に会えるか、少し後になるかは、わかりませんが、なるべく早くにあうようにします。
例え、結果が良くなかったとしても、良かったとしても、どちらでもですよ。

で、あえば、彼女の方は、気になっているモノですから、「どうでした?」とか聞いてくるでしょう。
そこで、
「応援してもらえたおかげで、良い結果でした、ありがとう」
とか、または、
「せっかく応援してもらえたのに、力不足でした、ごめんなさい」
とか、そういうことを伝えていくわけです。

で、上手く言った場合なら、すかさず、
「頑張れたのも、応援してもらえたおかげです、本当に助かりました、辛い時、励ましてもらえたし、すっごく感謝しています、何か、お礼したいんですけど」
と言う感じで、誘いを入れてみるわけです。

そのときの反応をみて、
「美味しいモノでもごちそうさせてもらえませんか」
と、連絡先を渡してみます。
または、
「連絡先教えてもらえませんか?」
という感じでも良いでしょう。

この辺、どんな言葉をかけるべきかは、あなたと、その子との関係によって変わってきますので、適切な言葉が思いつかない場合は、私に質問してもらえると、アドバイスできますからね。

で、ここで、お礼のために食事を誘う、というのは、彼女的にも、受けやすいシチュエーションでもあるので、断られにくいと思います。
(誘うタイミング、場所、つまり、TPOは、よく考えて下さいね)

まぁ、彼女的には、気持ち的に応援してきたので、同士的な感情もありますし、「母性」が強い子だと、すっかりお母さん気分で、自分が応援して育てた、って気持ちをもっていたりします。
だから、誘われても、受けやすい訳です。

で、ポイントは、誘って、実際に食事などに行った時に、あなたの夢を、手短に伝えて、彼女に、
「あなたのおかげで上手くいった、本当に感謝しています」
ってことを伝える事です。

これまで話していない様な、もう少し詳しい、あなたの夢を、熱く語っても良いですけど、あなたがべらべらしゃべっちゃダメですよ。で、この先も応援してもらいたいってことを伝えてみて下さい。

あなたが頑張ってきていた姿を沢山見てきた人なら、高確率で、応援してくれることでしょう。
(彼女の都合などもあるので、100%にはなりませんけどね)
こんな感じで、上手くいった時は、あなたも、気持ち的に実行しやすいと思います。

では、チャレンジが上手くいかなかった時は?
これはなかなか微妙な問題をもっているので、これまでのあなたと、彼女の関係をよく考えて欲しいのですが、ある程度仲良くなっている場合と、まだ、よそよそしさがある場合とでは、できる事は当然違ってきますよね。

例えば、
「次は、いついつなので、それまでまた頑張ります」
と、また頑張り続けてみる。
頑張っている姿は、絶対に印象に残りますので、次のチャンスを待つ事ができます。
または、
「この先、どうしようか考えて見ます。」
と、やめてしまうことも臭わせておいて、少ししてから、
「やっぱり諦められないので、もう一度頑張ります」
と、再開するのもありですね。
こちらも次のチャンスに繋げるわけです。

場合によっては、
「気持ち的にとても助けてもらえたから、今回は残念だったけど、お礼はさせて下さい。」
と、食事などに誘うなんて事も、できるかもしれません。

まぁ、顔見知り程度の関係だと、こういう誘いは難しいと思います。
なんか、重そうな感じがしちゃうじゃないですか?
だから、それなりの関係で、あなたも重くならないように軽く誘うと言うことを、意識した方が良いと思います。

相手との関係次第で、その次にどう繋げるかを、よく考えて、行動してみて下さいね。
もし、どうするか困ったら、私に相談してみてください。
微妙な所なので、TPOを読めないと、自爆しかねませんから、気をつけてくださいね。

で、このステップでは、何を狙っているのかってこと何ですけど、「誘われても、OKしやすい誘い方」をして「あなたの夢に、彼女を巻き込む」事が狙いです。
だから、巻き込めていない内は、あまり重そうな感じを出しては失敗しますよ!

応援したいけど、あまり重いのは無理!ってのが、普通の女の子の感覚です。
巻き込めてしまうと、一緒に思いモノを背負いたくなるので、全然OK なんですけどね。
タイミングが大事で、早くから、重いモノを背負わさないように、感じさせないように、まずは、食事でも一緒にしてみて、あなたの夢や、目標を熱く語り、(話す時間は、そこそこで、彼女にも色々話させてあげてくださいね)徐々に、巻き込んでいってください。

で、巻き込まれはじめると、彼女の方から、
「何か手伝えませんか?」
「お手伝いできること無いですか?」
などの様に、自分から、あなたの為に何かしようと言う言葉が、出てきます。
それに甘えて、いきなり大変な事頼んだりをしちゃダメなわけですが、ちょっとだけ、甘えさせてもらって、例えば
「じゃあ、1 日の終わりに、やったことをメールで報告させてもらっても良い?」
とか、
彼女があまり負担にならないで、彼女と繋がっていられるような頼み事をしてみましょう。

ここが、「母性ループ」の入り口です。
彼女の方から、何か手伝いたいと、言ってくれた時が、最大のチャンスです。
それを逃さす、彼女と頻繁に連絡が取り合えるような、繋がっている感じが得られるような事を、頼んでみてください。

ここまでこぎ着けられたら、その後は、彼女の方で、だんだんのめり込んできます。
頑張っている姿を、毎日のように見ていたら
(メールの場合は、読んで知るだけですけどね)
「母性」が起動し、なんとか、夢を叶えてもらいたい、叶えてもらえる様に応援したいと、思い始めるんです。

ここまで来ると、「売れないミュージシャンの彼女」と、心理的には同じですね。
後は頃合いを見て、「付き合ってください、僕を支えて欲しい」とでも言えば、OKをもらえる可能性はかなり高いです。

どういう台詞が適切かは、あなたのキャラクターと、彼女の性格などで、違ってきますけど、(ドラマとか見て研究するのも良いかも知れませんね)彼女が自分から色々手伝ってくれるようになって来たら、それからがチャンスだと言う事は、忘れないでくださいね。
早すぎると、難しくなります。
早すぎるくらいなら、むしろ遅すぎる方が良いです。
彼女に、「いつ言ってくれるんだろう?」と、待たせるぐらいの方が、上手くいきますからね。

「母性ループ」を使った関係の場合、あなたの方に主導権があります。
あなたが、夢のオーナーですから、当然なのですが、彼女は、あなたの夢に便乗しているわけです。
だから、あなたが主導権を握れて、つきあえるようになった後も、わがままも言えるし、して欲しい事をしてもらえるのです。

わかりますか?
女の子の方に主導権がある、普通の恋愛とは違うんです。
だから、「従順な彼女」をゲットできるのです。

ざっと説明してきましたが、全体像は、理解出来たでしょうか?
あなたが気をつけるべき所は、「母性ループ」の入り口部分で、彼女から、何か手伝いたいと言ってくるまでは、慎重に進めてくださいね。
自分から、手伝いたいと言い始めたら「母性ループ」に入り込んでいますので、徐々に、あなたに関わるようにしていくと、(少しじらすぐらいで良いですよ)自分で勝手に盛り上がっていき、抜け出せなくなっていきます。

最終的には、
「私がいないと、彼はだめなの」
と、思わせるところまでを、目指してください。
そこまでいけて「従順な彼女」の完成です。

あなたが夢や目標を叶えるために行動していると、彼女は、自分のお金で、あなたの生活を支えてあげたり、応援するための資金を出したりしちゃうんです。
そんな風なことが、現実に起きてきます。

まとめると、
●女性の母性が、彼を育てたい、守りたいと思わせてしまう
●夢や目標もって行動をしている姿が、母性を刺激し、無視できない
ということです。

遺伝子レベルで組み込まれたプログラムですから、これを仕掛けられてしまうと、抜け出すことが出来ません。
もちろん、これについて全て理解している女性には、あなたが仕掛けたことの裏側が見えてしまうので、まず、効きません。

一部の男性にとっては、「夢や目標を見つけ、それを実現する為に努力をする」ということが、大きなハードルになってしまうかも知れません。
でも、それぐらいの努力ができない人に、思い通りになってくれるような、理想的な彼女は
手に入れられないようになっているって事です。
じゃないと、女の子が、幸せになれませんからね。

女性の遺伝子は、女性が幸せになる様にも出来ているって事です。
あとは、あなた次第ですね。
直ぐに使える状況の方は、早速始めてみて下さい。
今は不要だけど、いづれは使いたいという方は、しっかりと覚えて、いざというときに実行して下さいね。
焦る必要はありませんよ。
あなたは、女性を虜にする最強の手段を手に入れたんですから!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする