神社ナンパで運命の出会いを演出する方法

最高の出会いの場所とも言える、縁結びの神社ですが、何となく、そこに行けば、出会いがある訳ではありません。
そこで、見かけた女性に、何らかの手段で、近づくことが必要なわけです。
純粋でウブで恥じらいもある女性と出会える場所とは?を先に読んでください。

もっとも、待ちの中などで、声をかけられたりするのとは違って、女性の方も、良縁や、運命の出会いを期待しているわけですから、声をかけられたりしても、嫌な気分はしません。
ただ、ナンパされる様な感じではなくて、もっとロマンチックに、
「運命の出会いかも!」
と思える様な出会いがしたいわけですね。

そこで、あなたは、運命の出会いを演出して、近づかなければなりません。
それについて、具体的にステップで説明しますね。

1)女の子をチェックする

神社に行って、なんとなく、来ていた女の子に声をかける…
これでは、出会いに繋げることは難しいでしょう。
やはり、女の子が本気で、出会いたいと思っているかを確認してから、アタックすることが肝心ですね。
そこで、まずどんな状況の子なのかをチェックしましょう。

<チェックポイント>
▼ファーストチェック
・一人で来ているか?
(グループや2人とかで来ている場合は、NGです)

・お腹が大きくないか?(妊娠していないか?)
(当然、妊娠している女性はNGですよね)

・左手の薬指に指輪をしていないか?
(彼氏持ちの可能性がここでわかりますね)

セカンドチェック
・熱心に参拝しているか?
(彼氏募集中の子ほど、手を合わせている時間が長くなります)

・おみくじ(おみくじ)を引いているか?
(おみくじを真剣に読んでいる子ほど、可能性が高いです)

・お守りを選ぶのに時間をかけているか?
(時間をかける子の方が、可能性が高いです)

・絵馬がある場合は、それを書いて居るか?
(どんな内容かちらと見ることが出来ると、状況がわかりますね)
なお、絵馬は書かない子もいますので、書いて居なくてもあまり気にしなくてOKです。
書いて居る子の方が、確率が高いと言う事ですから。

サードチェック
・一人で来ていて、カメラを持っている子は、可能性が高い
これは、絶対条件じゃありませんが、
(カメラを鞄の中などに入れているかも知れませんからね)

もし、カメラを出していて、境内とかを写している子は、本気度が高いと思われます。
「シャッター押しましょうか?」
などと言って近寄るのも良いでしょう。

これらをチェックしてみて、確率が高そうな子を狙って、声をかけていく様にします。
誰でも良いからと、アタックするよりも、これだけチェックしていたら、かなり「彼氏募集中」の可能性が高いですから、声をかけたら「運命の出会いかも!」と思ってくれる可能性が高いです。

2)トラブルや、偶然を演出する

運命の出会いを期待している女の子にしてみれば、「偶然性」が結構、重要な事になります。
ナンパされた、というよりも、偶然のアクシデントとかで、声をかけられた等の方が、より「運命」を感じやすいわけですね。

そこで、そういう偶然やトラブルや、アクシデントを演出して近づくきっかけにしていくと良いのです。
例えば、お目当ての子が、社務所で、お守りを買おうとしている時に、その側に行って、自分も何かを買おうとしてサイフを出した時に、小銭をばらまいてしまう。なんてアクシデントはかなり、偶然の出会いに繋がりやすい、と言うことは、わかってもらえるでしょうか?

もし、自分の側で、小銭をばらまいた人が居れば、普通の女の子は、拾うのを手伝ってくれるモノです。
親切心で、ってことですけどね。

その時に、
「本当に助かりました、ありがとうございます」
というお礼だけで済ませてしまうか、
さらに一言、
「ちなみにどんなお守りを買われたのですか?」
とか聞いてみたり出来るのとでは、その後の展開が、かなり変わることは、わかるでしょう。

なにを一言、言うかは、その時の状況で、臨機応変に対応しないといけませんが、例えば、
「何かお礼させて下さい。」
とかでも良いでしょうし、
「おみくじ引かれましたか?」
とかでも良い訳で、その時に、言っておかしくない言葉をかけてみて、話すきっかけにすると良い訳ですね。

こういうアクシデントというか、ちょっとしたトラブルや、偶然は、一番良いのは、その女性が、何か落としたとか、そういうときに、あなたが対応する、という形がベストなわけですが、そうそう、そんなことも無いでしょうから、あなたが自分で、そういうアクシデントを起こす。ということを、考えて見てください。

できる事は色々有ると思います。あなたが、転ぶとか、何か落とすとか、何かを忘れていくとか、(これ結構、使えますね)また、急に雨が降ってきて、その女性が、傘を持って居なさそうだったら、駅(バス停とか、どこでも良い訳ですが)まで、ご一緒しませんか?とか、声をかけても良い訳です。

その時々で、声をかけても不自然じゃない状況で、声をかけていくこと。
これが、「運命の出会いかも!」と、女性に勝手に予感させる方法なのです。
まぁ、こういうモノは、その時々の運もありますよね。

例えば、全く他の参拝客がいない場合、女性の方が地図をもっていそうなら、地図を見せてもらいながら、一緒に行きませんか? と言ってみるとかも出来ますよね。
逆に、女性が地図を持っていないなら、一緒にどうですか?と、地図を見せて、声をかけるなんて事もできるでしょう。

他に人がいない場合、そんなところで、偶然であった男女というシーンなわけで、かなり、「運命」を予感してしまう状況ですよね。
また、あなたが何か、そうですね、カメラとかを忘れてしまい、女性が、それを教えてくれたとかの場合も、お礼にと、お茶でもごちそうさせてくださいとか言うのも、不自然じゃないですよね?

その状況で、不自然じゃないことを言えるかどうか?
で、「運命を演出できるか?」が、決まります。
よく考えて、声をかけてみてください。

神社で、女性の方が参拝後に、声をかけられたりすると、
「これは、早速ご利益があったのかしら?」
とか、思ってくれます。
その出会いを、良い方に解釈しようとしてくれるので、うまくいく可能性がものすごく高まるんですね。
これを使わない手はないですよね!

3)近づく

もし、境内で、声をかけることができなかった場合は、神社の外で、声をかけることが出来ないかを考えて見ます。

例えば、神社にも寄りますが、近くにお土産物屋があったりしますね。
そのお土産屋で、偶然を装って、
「さっき、○○神社で、お会いしませんでしたか?」
なんて、声をかけてみるのも良い訳です。
「神社で見かけて、素敵な人だなぁって思ったので、声をかけてみました」
とか、ストレートに言ってみるのが良いでしょう。

声をかけられる理由がないと、女性の方も、
「この人何?」
って、思ってしまいますからね。

でも、同じ時刻に、同じ場所にいた、というのは、「縁」を感じさせる状況なので、ストレートに、「声をかけてみたくなったから」と言われると、「運命かも」とか、思ってしまいます。

どんな声かけにしても、「神社参拝後」なら、良縁を戴けたのかもと、勝手に良い方向に考えてくれるので、その状況を使わない手は無い訳です。
他のどんなときよりも、受け入れてもらいやすい状況なのですから、なんとかして、近づいてください。
女性の方も、それを望んでいますしね。

特に、参拝が終わって、神社から出る時に、名残惜しそうな感じの子は、「凄く、運命の出会い」を期待しています。
離れてしまうと、「出会いが遠ざかる様な気がする」ので、名残惜しそうになっていくわけです。

そういうときに、あなたが、近づいたら?
その子の、願いを叶えてあげることになりませんか?
だから、気になった子が居たら、声をかけてみてくださいね。
これは、普通のナンパとは違うのですから、堂々と、近づいていけばOKです。

なお、参拝後の女性に声をかけること、が、神社で理想的な彼女をゲットするのには、必須条件です。
間違っても、参拝前に声をかけないでくださいね。
まだ、女性の方も盛り上がっていないので、「OK」してくれる可能性は低いです。

それに、どれだけ、「出会い」に真剣かもわからないですからね。
ただのナンパになってしまいますから。
必ず、境内での様子を見て、本気度が高い子にアタックする様にしてください。

となると、そういう子が見つかるまでは、神社の境内に居ることになりますが、写真とか撮ったりしながら、長居すると良いでしょう。
あまり居づらかったら、一度でてしまい、少し立ってからまた来ても良いです。
その辺は、柔軟に対応して下さいね

4)事前に作戦を練っておきましょう!

何も考えずに、神社に行って、いきなり声をかけてうまくいく。
というのは、そう滅多には起こらないでしょう。
まぁ、それこそ「運命の出会い」ですよね

でも、行くからには、失敗したくないでしょうから、事前に作戦を練っておくことをお勧めします。
例えば、一度行って、1日中境内にいて、どういう時間帯に、女の子の一人での参拝が多いのか?

これをチェックしたり、社務所の巫女さんに、好いている時間帯を聞いてみるのも良いでしょう。
そういう下準備をして、好いている時間帯に、境内にいる様にして、そこにやってくる、一人の女の子を、良くチェックして、「本気度」が高そうな子に、声をかけられる状況を作っていく。

こういう準備は、やっぱり必要なわけですね。
下準備しておいた方が、本番の時に、てんぱったりもしにくいでしょうしね。
また、どういう風に声をかけたら、不自然じゃないか?も、実際に、その場に行ってみて考える方が、良いと思います。

その場を知っている方が、シミュレーションしやすいですからね。
こういうことを面倒だと思って、やらないで居ると、ずっと良い出会いには恵まれないと思うんです。
出会える場所なんて、本当は探せばいくらでもありますよね。
でも、そういう場所で、「本気で彼氏募集中」とか、「運命の出会いを期待している」女の子には、なかなか出会えないわけです。

女の子は自分を高く売りたいですから、なるべく、そういうことがばれない様に振る舞いますからね。

でも、恋愛に良いと言われている神社に参拝に行く女の子は、その時点で、「彼氏募集中」だって、はっきりわかります。
もちろん、たまたま観光で寄っただけの場合もあると思うので、境内での行動をよく見て、どれぐらいの気持ち(期待度)でいるのかを見極めた上で、声をかければ、うまくいく可能性が、凄く高くなるわけです。

これを知っても面倒だといって、実行しないなんて、あなた自身が「本気じゃない」って事だと思うので、私としては、アドバイスのしようもないのですが、本気で「理想的な彼女」を見つけ出して、従順な女の子を彼女にしたいのでしたら、やるしかありませんよ!恋愛に良い神社の他に、これだけ条件の良い出会いの場所は、無いと思いますので。

いいですか?
神社に来ている女の子は、メンタル的に、
・真面目な子が多いです (じゃないと、神社には来ませんよね)
・女の子っぽい、素直、純粋な子が多いです
・真剣に、彼氏募集中の子が多いです
・本気で、「良縁」「運命の出会い」を夢見ています。
・もし参拝後に異性に声をかけられたら、勝手に「良縁」かと思います。
だから、一番声をかけやすいし、かけられた彼女たちも、受け入れやすい状況なんですね。

男性は、下心があって声をかけてくるのはわかっていますが、でも、神社参拝後に出会った男性は、「早速のご利益」なのじゃないかと、思いたいわけです。

その、「思いたい」が、下心があるのはわかっていても、
「きっと、この人は、下心なんてなくて、運命の出会いなんだ」
なんて感じで、自分の望みが叶う様な方向に、考え方を自分で曲げてしまうのです。

男性にしてみたら、これほど都合の良い状況は無いでしょう。
女性の方が勝手に、「運命の出会いかも!」って、決めてくれるんですからね。

ここまで出会いやすい状況が出来てしまうのが、神社参拝後に、声をかける出会い、なんです。
あとは、あなたが、神社の下見をしたり、どうやって声をかければ不自然じゃないかなどをよく考えて、実行在るのみです。

こういうことに、声のかけ方のテンプレートとかは、使えません。
神社によって状況は違うでしょうし、その日の天気や気温、季節、人の混み具合、相手の状況など、みな違いますので、型にはまったテンプレートなどは、まったく役に立ちません。
自分で考えて、実行するしかないわけですが、まぁ、何回かは失敗するつもりで、アタックしてみてください。
少なくとも、素直そうな女性を狙っていけば、「うざい、死ね!」なんて暴言を吐かれたりはしないですよ。

せいぜい、無視される程度。
だって、神社の中ですからね。
気持ち的に、強い拒否ってしにくいわけです。

5)行動すれば彼女ができる

どうでしたか?
そこに行けば、「彼氏募集中の子」が必ず居て、しかも、かなり本気で、「運命の出会いを期待してる」ということは、わかって戴けたと思うんですが、実際に、神社に行って、アタックしてみようと思いましたか?

まぁ、こればかりは、あなた次第ですけど、理想的な、女の子っぽい素直で、純粋な子を探すなら、恋愛に良い神社が一番だって事は忘れないでくださいね。
そして、神社はもともと、男女の出会いの場でもありますから、声をかけたりするのは、神様も喜んでくださるはずです。
男女の出会いが無ければ、国の繁栄も無いですからね。

特に、日本の神様は、色々な面で、おおらかなのだそうですから、あなた自身も、参拝する時に、「ここで気になった女性に声をかけます!」と、宣言してみるのも良いと思います。きっと、お力添えして戴けるのじゃないかなって、思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする