あなたと今日したいと思いこませる心理誘導法

雰囲気の良いところへ誘い込み、正直にあなたの事が好きになったと言えば良いのです。
そのときの感情で女の子は流されやすい。
そして、女の子は、何か理由づけてあげないと行動しないという行動基準があるからです。

だったら、女の子が納得の行く、理由をつけてあげればセックスに持ち込むことができると思いませんか?
その場の雰囲気で、ギュっと抱きしめたり、キスをすればこれだけでも、セックスするための理由のづけにもなります。
あと、決定的なシチュエーションがあれば、女の子の方もこの人に委ねてもいいかな?と思ってくれるのです。
今回はそのための方法です。

どのように告るか?

とは、いってもどのように、女の子に告白したら良いか?
どんな、言葉で告白すれば・・・・
色々、悩むと思う。

恋愛経験の少ない人は、なおさら悩みも深刻でしょう!
せっかくここまで、うまくいったのに。
こんなこといったら、嫌われないだろうか????
嫌われるくらいだったら・・・・・むしろこのままの関係でと思う。

しかし、ある一定のところで、女の子に告白しなければ女の子はあなたから、他の男の人へといって、離れてしまう。

女の子は、限られた時間でしか恋愛はできないから。
ですから、チャンスが到来したら一気に勝負に出なければならない時もある。

そこで、告白するからには、成功させなければならない。
しかし、あまり気を負うことはありません。
この告白はセックスするためのものだから・・・

ですから、軽い告白=セックスするための告白ということで進めてください。
しかし、告白するとき、雰囲気つくりをしっかりつくっておくと女の子にすんなりOKもらえる可能性がかなりあがります。
「ムードなんて・・・俺にはムリだ。」
とか
「そんなことできないよ」
といってるようじゃ、セックスはできない。

あくまで、女の子とセックスをOKさせるための、事前準備なのです。
どうせ、OKもらうなら女子からよろこんでOKもらえるようにした方があなたの喜びもUPするのではないか?

なぜ、告白に雰囲気つくりが大事か?というと女の子は、雰囲気に弱い生き物だからです。
良い雰囲気の中で、告白を受けた女の子は
「今、これだけ幸せなのだから、これからはもっと幸せなことが待っている」
と思うのです。
逆に、雰囲気つくりしないで告白すると、
「悪い人じゃないないんだけど・・・どうしようかな~??」
と考える時間を与えてしまいます。

この考える時間が、男にとって最大の敵なのです
考える時間を与えると、マイナス方向に考えが進みやすいのでほとんど、場合は
「考えたんだけど、あなたとは良いお友達でいましょう。」
となる。

だから、考える余裕を与えずに雰囲気を良くしてその気分の流れで女の子に
「うん!」
と返事をさせてしまうのです。

これって、騙しじゃないのか?と思うかもしれないが、その考え方をしているといつまでたっても、女の子とセックスはできません。本当に、女の子とセックスしたくてもう、さびしい生活するのはイヤだと思っているならば、時には、非情にならないといけません。

他の男の人に女の子を盗られて良いか?
イヤでしょう!
女の子は、あなたとセックスする理由を待っている。
覚悟を決める時が来たのだ!

居酒屋だからできるあなたを100倍魅力的にみせる方法

これは、ちょっとした気遣いの応用です。
それは、女の子の代わりにを注文をとってあげたり、飲み物がなくなれば「次に何飲む?」と聞いてあげたりすることです。
そして、料理が来た時はお皿に盛ってあげることです。
そういった積み重ねだけで、女の子の心はキュンとします。

楽しい話題を振り、場を和ませるだけで女の子はあなたを特別な男として見ます。
こういった行動が他の男より、100倍も格好良く見えるのです。

また、食事などの帰りで、暗くて見通しが悪いところなどで手をとってあげることは、ちょっとした手をつなぐ行為のスキンシップを図ることができ、すぐに女の子との距離を縮めることができるのです。セックスにもっていく方法の近道です。
手をつなぐ回数が多ければ、多いほどセックスできる確率が高くなる
それは、女の子の体に一部を触れているから、セックスとは体を触れあうことからはじまるので、まずは手をつなぐことが最初にすべきことです。

お酒を飲んだ後では、容易に手をつなぐ条件が揃っています。
冬なら、「寒いね~」といって、女の子の手をさすってあげたり夜景など景色の良いところが近くにあるならば「ちょっといってみようよ~」みたいな感じで、手を引いてそのまま、手をつないでしまうなど、色々な口実ができやすいのです。

こういった好条件で、手をつなぐことができるのは、お酒飲んだならではのことです。また、女の子の方も、こういったことに嫌がりません。
そうやって、触れ合うことで段々、あなたのことを意識するようになり、自然と雰囲気も良くなっていきます。

当然、後で、2人きりになれる場所へ誘うこともたやすいです。
冬という寒さやそのときの状況などを利用して、どんどん手をつなぐ行為を増やし、自然と手がつなげるようになっている間柄になっていればもう、あなたに夢中になっている状態です。
結構、手をつなぐ行為を軽視する人もいますが、手をつなぐことができなければ、まずセックスに持ち込むことができないと断言しておきます。

気づかれないように、序々に淫乱の世界へ引きづり込む方法

セックスは、やり方しだいで女の子を調教すれば一夜限りだけでなくセレフにすることも可能ですし、相手を淫乱の世界へ引きづり込むことも可能です。
数あるセックステクニックがありますが、その中でも、一番、再現性があり、もっとも効果のあるテクニックだけを掲載します。

この内容をしっかり、頭に叩き込んで実践すると、恐ろしいほど女の子が変豹し、ものすごく淫らな女になります。
そして、あなたから離れなくなる。あなたとのセックスなしの生活は考えられなくなる。

このテクニックは、ほとんど知られていません。
知られていないからこそ、あなたは、女の子を独占できる権利を得ることができるのです。
間違っても、あなた以外の男にこのテクニックを教えることはしないようにしてください。
もし、知られたら、他の男が実践することで、その男から離れなくなるからだ。すなわち、あなたは女の子を独占できなくなります。
だから、絶対に知られないように最重要機密事頄として取り扱うべきでものなのです。

このテクニックは、あなただけに教える。
そして、女の子があなたの虜にすることで、あなただけのセフレとして独占してほしい。
※もちろん、あなたに限ってないと思うますがが悪用は厳禁です。

セックスの基本は愛撫

あなたは、セックスの基本は愛撫だということを知っていますか?
多くの男の人は、早く入れたいばかりに、色々な前戯的な愛撫 をすっとばして、いきなりクリトリスや膣を愛撫したり、 適当に、数か所愛撫しただけで、挿入するような行為をする。

はっきりいって、出直してこい。
そんな、男だけの欲望を満たすセックスは、ガキのセックス。
大人なら、しっかりと女の子を愛撫して、感情を高め、淫らにしてから、じっくり挿入するものです。
こういった、入念な愛撫が、女の子はあなたの虜になり、セフレ化するのである。

うんちくは、さておき、まずは愛撫の手項を説明する。

キスをしながら、じっくりと首や耳たぶを舌で愛撫していく

そのとき、空いている手は、髪を撫でながら同時進行します。 耳の愛撫はかなり重要です。 男で、耳を愛撫する輩は、少ない。 耳から責めて、 どんどん感じさせる。

一番のポイントは耳殻(じかく)である。耳殻は、耳の外側だ。 場所は下記の写真だ。

第2のクリトリスと呼ばれているらしくのとにかく、すごい所なのです。 舌で舐めたり、甘噛みしたりするとビクッと反応し、女の子はすぐにエロモードに入ります。 耳殻を愛撫しながら、耳たぶも愛撫すると更にすごいことになる。 そして、同時に言葉で、「のぞみ、好きだよ。」「綺麗だよ。」 言ってあげれば、一気になし崩しになり、女の子は力が抜け、感じまくりあなたに、体を委ねてしまう。

首を愛撫して、責めろ!

首筋は敏感で感じやすく、女の子はここを愛撫されるのが好きです。 首の愛撫はめちゃくちゃく気持ちいいらしい。女の子は、いやらしい喘ぎ声を出しながら、体をくねくねとよじる。 ここで、首の愛撫するポイントを説明します。

(1)首筋を舐める 首の側面をメインに、下から上に、ゆっくりと這いずるように愛撫する。 (2)首の付け根と鎖骨のくぼみ 鎖骨に沿うように首から肩へ、肩から首へとゆっくりと舌を這いずり回す。

背中の愛撫でぞくぞくさせろ!

背中の愛撫の仕方は、中央辺りを指や舌で上から下へとなぞっていく。 これでのけぞる女の子もいるぐらいだ。どこが、感じるか?反応をみながら 責めていくと良いです。

クリトリスに行く前に、太もも愛撫だ

太ももは敏感な性感帯である。 また、クリトリスや膣への愛撫を盛り上げるための前戯です。 特に内ももは、敏感で後ろから抱いている時に、手でさすってあげたり、 軽く揉んであげると良く感じる。 また、正面や側面から攻めるときは内ももの辺りを舐めてあげるとそろそろ アソコに舌が来る。どうしよう・・・いや・・早く、舐めて・・・ というような、厭らしい期待を感じさせるような責めかたが良いです。 膣に近いところを舐めると女の子の淫乱欲望が溢れだす。

太ももまで愛撫したら、次はお待ちかねの膣とクリトリス。
太ももの愛撫は、焦らしながら舌で内ももを舐めることがポイントです。

興奮するセックスとは

1.洋服を着たままセックスをする。

それは、洋服という日常の格好まま、セックスというのはお互いに衝動的な行動で、たまにあると思うが、体の大部分が衣服で隠れていてごく一部だけ、露出している状態は、興奮する人は多いです。

着エロという分野や、女子高生もののAVなんかは制服を着たまま下着だけ脱がせて、セックスするなんてものも人気がある。
人気があるということは、それだけ欲望を剥き出した行為ということ。
男としては、ちょっとレイプっぽい感じがして、ムラムラと燃え上る。

一方、女の子の方はというと、しっかりとムード作りをしていれば服を着たままのセックスは、興奮するという。
しかし、一方で、服を汚したくない女の子もいるので注意してほしい。

2.服を着たままセックスするには?
服を着たまま、セックスは意外にも興奮する。
私もこういうプレイが好きだ。
どのようにして、服を着たままセックスするか?
先ほど説明したようにしっかり愛撫して、女の子の気持ちを高ぶらせることです。

そして、ゆっくりキスをしながら、耳、首すじ、と舌で這いずり同時に、背中や肩をやさしく、撫でながら女の子をエッチな気分にさせる。
胸を軽く、タッチしながら、ディープキスしながら女の子に、「今日は、このまましよ。」と言う。よほどの事がない限り、女の子はあなたの願いを聞いてくれる。

3.ストッキングを陰部だけ破け!
これは、男だけでなく、女の子も以外と興奮するプレーだ。
ストッキングが破れる音が、部屋に響き、下着が剥き出しているが、女の子の脚や腹の部分は黒い色。
破れて、下着の色だけというツートンカラーは、ものすごく厭らしい。そのときは、部屋を薄暗くして、下着の部分だけ光があたるように演出してやれば、女の子の興奮度はあがり、感じやすくなるだろう。

また、良く濡れる。剥き出しなった部分をやさしく、弄りながらクリトリスあたりを刺激すると、女の子も痴漢にイタズラされてような気分になり、厭らしい声と息遣いをする。
そして、下着の上から舌でクリトリスの部分を舐めまわせば女の子は更に、体をくねらせ、絶頂に達する。

挿入時のテクニック

ここでは、挿入に関してだがあまり、多くを語る必要はないと思います。
なぜなら、挿入時はあなたも女の子も気分も高まり、快楽の世界に溺れているからです。
基本、それでOKだから。
変に、変った体位や無理な体勢のセックスなど必要ないです。

女の子とのセックスは、在り来たりのセックスでは満足しない。
それは、よくありがちなセックステクニックとは違う。
セックスというのは、そもそも心でするものだ。
互いに、気持ちを高めあう共同作業であり、その行為は確認しながらやる行為でもある。

女の子は、そういった心の繋がりが、欲しくてをセックスしている。
それを満たすのに、巷にあるセックステクニックは必要ない。
女の子の心を満たすことだけに集中してあげれば、女の子は満足する。
もちろん、挿入時も女の子の反応をみながら、体位を変えてすれば満足のセックスなのだ。
ここのところを間違えないでくれ。

女の子とのセックスの後こそ大事

女の子とのセックスする上で、より良い関係になるためのテクニックです。
ここをしっかり押さえれば、女の子を自分のモノにできる掌握術です。といっても、中身は簡単な話。
誮にもできる内容であるが、実のところ、ほとんどの男がしていません。
していないからこそ、あなたは他の男とは、差をつけるためにこれをしてほしい。

それは、セックス後のスキンシップ。
つまり、セックスのアフターケアです。 ガクっときたかも知れないが、これができない男が多い。 男というものは、射精してしまえば興奮が収まり、性欲が満たされるからです。

女の子の今までの彼氏も、セックス終ったらアフターケアせずに、 さっさと自分のベットに戻り、寝ていることがほとんどだ。 そういった男の行動に女の子は、あきれている。 だから、あなたは女の子にセックスが終了したら以下のことせよ。

腕枕をして添い寝をせよ。 優しく見つめてあげる。 髪を撫でながら、女の子をほめたり、愛の言葉をかける。 見つめながら、抱き合うの良い。 たったこれだけで女の子があなたに対する愛情が湧きます。

女の子はこういった事をされると自分は、「大切にされている」 「愛されている」という気持ちを感じるため。

こういった事が女の子の満足度を上げ、セックスの後の幸福感をさらに高めることで勝手に、あなたの虜になる。 これは、誰にでも、簡単にできるし、やるだけで女の子はあなたのことを愛し始め、離れなくなる。 もちろん、最高のセフレとしてなってくれる。 セックスで大事なのは、女の子に愛されているという気持ちを満たせて上げる事が、一番であり、最重要課題なのだ。 是非、あなたはアフターケアをして他の男より、差をつけてほしい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする