孟子に学ぶ!環境で人生を変える方法

孟子といえば、歴史とか漢文で出てきましたが、有名ですね。
名前だけは知っているという方も多いのではと思います。

坂本竜馬が好きな僕は、竜馬が尊敬していた人ということで覚えています。
その歴史に残る学者である孟子ですが、子ども時代からそんなに偉かったわけではないんですね。
孟子さんの子供時代にこんなエピソードがあります。

孟子が子どものころ、家が墓の近くにたっていました。
しばらくして、孟子が外で遊ぶようになると、孟子は墓で、坊主のマネをして遊ぶようになりました。
それをみて母親は不安になり、引っ越しを決意しました。

たしかに、お墓で遊ぶ癖がついてしまったら、将来どうなるんだろうって、ちょっと不安になりますね。
次に引っ越したところは、海が近いところでした。
港ではいちば で盛んに魚介類が取引されています。

すると孟子はそれをみて、市場の漁師のマネをするようになりました。
ちょっと文献が残っていないので、どんなマネをしていたか、創造するしかなにのですが、たぶん、
「うーん、もうひと声」
「もうかりまっか」「ぼちぼちでんなー」
などと言っていたのでしょう。

これには孟子のお母さんも困りました。
「きっとこんなところで育ったら、損得ばかり考えてろくな大人にならない」
ともう一度引っ越します。

次に孟子が住んだところは学校の近くでした。
孟子は学校に通って勉強するようになり、今の時代に名が残る大学者になった、という話でした。

孟子のような歴史に名の残る人でさえ、最初からすごかったわけでなく、環境に育てられたんですね。
実は、人間は何をやっているか、が重要ではありません。
「どんな情報が入っているか」が重要です。
それで将来その人がどんな人になるかわかります。

だから、あれもできない、これもできないと悲嘆する必要はありません。
そんなことは重要ではないからです。
どんな情報を入れているか気にしましょう。
それで将来が決まるからです。

たとえば、あなたが朝起きれないとしても、そんなことは全然気にする必要がありません。
このブログを読んでいれば、そんな問題はいずれ解決するからです。

逆にあなたがどれだけスッキリ朝起きることができても、まわりにいる人が、朝起きるのが苦手で、見ているテレビも、本も「いかに二度寝が素晴らしいか」を訴えるものだとしたら、危険です。
よほどの意志力がない限り、あなたはいずれ朝起きれないようになります。

人間は外から入ってくる情報に影響されます。
このことから、その人の将来を予想することすらできます。

未来を知る方法ーほぼ百パーセント当たる占い法

本屋にいくと必ずといっていいほど占いのコーナーがあります。
またこれだけ科学が発展した今の時代でも、路地裏には、あやしい占い師が店をかまえています。
新聞には、でかでかと占いの本の宣伝がのり、毎朝のテレビでも、「今日の占いカウントだうーん」といった具合に、占いが盛んに取り上げられています。
それだけ、多くの人が自分の未来を知りたいということだと思います。

しかし、占いは「当たるも八卦、当たらぬも八卦」と言われ、実際に当たるかどうか、わからないところもあります。

これから、ほぼ確実に未来がわかる方法をお伝えしたいと思います。
最近の一、二か月を思い出してください。
読んだ本を5冊上げてください。
読んだ時間や頻度が高いものから順番にお願いします
1.
2.
3.
4.
5.

次に、見たTV番組で一番時間を費やしたものを5種類上げてみましょう。
1.
2.
3.
4.
5.

次は一緒にいる時間の長い人を5人上げます。影響力の強い人でもいいですよ。
1.
2.
3.
4.
5.

次は一番長い時間聞いたCDを5つあげます。
音楽CDや教育CDなどです。
これは影響力ではなく、時間順でお願いします。
1.
2.
3.
4.
5.

もうお分かりの方も多いと思いますが、上にあげたリストの平均が、あなたの1年後です。
どんな本を読んで、どんなテレビをみて、どんなCDを聞いて、どんな人と一緒にいるかで、未来がわかります。

読んでいる本が漫画ばかりなら、それがあなたの未来です。
逆に、自分の理想とする人物の本なら、それがあなたの未来です。

見ているテレビが人の不幸に関するニュースばかりなら、それがあなたの未来です。
聞いているCDが音楽ばかりなら、それがあなたの未来です。
逆にセミナーのDVDや、役に立つ情報が入るものばかり見たり聞いたりしているなら、それがあなたの未来です。

一緒にいる人も重要です。

付き合う人間は変えるのが難しいところですが、とても効果が高い方法です。
少なくとも、悪い付き合いをやめて、まっすぐ家に帰ることなら、すべての人にできることです。
そして、読む本を一流の人で固めたら、その人の影響を受けることになります。
やがて成功する人と付き合えるようになります。

せめて本やDVDだけでも一流の人と接しましょう。
一流の人は人の心をつかむのが上手なので楽しく読めると思いますよ。
今のままの未来が理想的なものなら、今の行動を続けましょう。
その未来が理想と全くかけ離れているなら、今すぐ行動を変えないといけません。

この予言のいいところは今すぐコントロールができることです。
あなたの未来は常に、今のあなた自身が作っています。
もし短眠になり、資格を取ったり、起業したりして成功したいなら、このブログを読んだりするのもひとつの方法です。
また成功した人の本を読むのもいいと思います。

まだあんまり成功に関する本を読んだことがない人ならば、「夢をかなえるゾウ」がお勧めです。
かなり笑えます。やる気がでる、あるいは燃える、というよりは、笑えます。ほんとに笑えます。おすすめです。

また無料で書店に売っている本と同じくらいの情報を知りたい人は、鮒谷さんの平成進化論がお勧めです。
20万人の読者数をほこる、日本で最も読まれているメルマガです。

ちなみに、この未来の予言はダイレクト出版の小川忠洋さんから教わりました。
小川さんのメルマガも超お勧めです。

最後に大好きな金持ち父さんの名言を紹介します。
「未来は明日ではなく、今日することによってつくられる」
(金持ち父さん)
いちばん簡単に変えられるのは環境です。

今日このブログを読んでいるということは、すでにあなたの環境は変わっています。
つまり、運命が変わってきているということです。
この調子で、少しづつ、楽しくできる範囲で、環境を変えて行ってみて、ください。
自分が成長し、成功するのは、楽しいものです。

体の動き

ある大学教授が、どうやったらうつ病になれるか研究していました。
すると、うつ病になる人は、一日に千回、腰をまげ、したをむき、溜息をついてることが判明しました、
さっそくその教授は、うつ病患者と同じことを実行してみました。

しばらくして・・・
その教授は、うつ病になってしまいました。
なんと学会も無断で欠席したそうです。

教授を呼び学生が教授の部屋にいったときの返答もふるっています。
「うるさい。いまそれどころじゃない」
・・・どんだけ後ろ向きなんでしょうか(笑)

幸い学生たちのカウンセリングによってその教授はうつ病から脱出したそうです。
体も口ぐせと同様、いやそれ以上に暗示力が強いです。
落ち込みたい人は、さぞ落ち込んでいるように、腰をまげ、首をたらし、溜息をついてみましょう。
そうするとだんだんと気持ちが落ちこんできます。
(ただしあまりにも強力なので、うつ病になりたい人以外は、あまりやらないでくださいね・・・汗精神の専門家がうつ病になるくらいの方法ですから)

逆に不安をのりこえ前向きになりたい人は、まるで不安がないかのように、自信満々で前向きな姿勢で、前向きな動きをしてみてください。
不安はしっぽをまいて逃げていってしまうから不思議なもんです。

健康で疲れにくい体になりたい人は、いかにも健康で疲れにくい体であるかのように、ふるまってみてください。
いまやっていることを楽しみたい人は、楽しそうにふるまってみてください。
そうすると楽しくなるから不思議です。

感情と精神は切っても切り離せない関係があります。
行動を前向きにしたら、自然と心も前向きになるのです。
スポーツや激しい動きをするものを習慣にするのがお勧めです。
さらに自分が楽しくできるものを選んでみてください。
落ち込みなど吹き飛んでしまいますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする