サプリダイエット業界の闇!サプリダイエットでリバウンドを繰り返す理由とは?

ちまたで話題のDHC プロテインダイエットの粉末や、マイクロダイエット粉末ってご存知でしょうか?
友近さん、南海キャンディーズの山里さんで有名ですが、実はこれらの商品に、大手サプリメント業界の巧みなビジネス的策略が隠されていることは、あまり知られていません。

ここで1つお聞きしたい事があるのですが、リバウンドをしないダイエット方法とはどういうものだと思いますか?

実はこれは1つしかありません。
とにかく筋肉をつけることです。
筋肉がつけば、基礎代謝が上がり勝手にカロリーを消費してくれるようになり、余計な脂肪がつくことはなくなります。つまり、リバウンドすることがなくなります。

しかし、この最強のダイエット方法は、大手サプリメント業界にとっては脅威そのものなんです。

ダイエットサプリ業界の儲け方

マーケティングを勉強したことがある方ならご存知かと思いますが、ビジネスの基本はリピーターをいかに増やすか? これに尽きます。

では、ダイエットを売りにしたDHC やマイクロダイエットにとって、リピーターとはだれでしょう?
そう、それは筋肉をつけずに一回痩せて、リバウンドしてきた「おデブちゃん」です。
これらの会社は、世の中から「おデブちゃん」が消えたら、商売が成り立たなくなってしまうのです。
逆に、おデブちゃんが世の中に溢れ返っていれば、それだけこの業界は潤います。

つまり、世の中で最も「おデブちゃんが増えること」を望み、「そのおデブちゃんを生み出すリバウンド」愛していているのはDHC やマイクロダイエットのようなダイエットサプリメント会社なのです。

彼らにとって、リバウンドを全くしなくなる、筋肉をつけるダイエット方法は邪魔以外のなにものでもありません。
彼らはもっともっとデブが増えてほしいし、もっともっとみんなにリバウンドしてほしいと思っています。

そこで考えだした最高の儲け方が、日本国民をどんどん「リバウンド」させて、ダイエットを永遠に繰り返させる仕組み=恐怖のリバウンドスパイラル=「DHC プロテインダイエット」や「マイクロダイエット」なんです。

気付いていない方が多いのですが、DHC やマイクロダイエットは、積極的には「筋トレ」を勧めていません。
健康や運動生理学を少しでも知っていれば、筋トレを進めないなんて選択肢はありえないのですが、それにもかかわらず、これらの会社が筋トレを勧めないのは、みんなが「リバウンド」をしなくなってしまうからです。

とにかくデブが増えてほしいし、「リバウンド」を繰り返してほしい・・
だから、とにかく筋肉はつけないででほしい・・
そのために、あえてリバウンドしやすい方法を紹介して、購入者にリバウンドを繰り返させてまた金を絞りとります。
サイクルとしてはこんな感じです。

①太った人にプロテイン粉末を売る
※この時に積極的に筋トレは勧めない。

②一時的に結果を出させる
※ただしこの時に、筋肉を落とさせ、リバウンドしやすいカラダに変えさせる。

③プロテインダイエットを止めると筋肉が落ちているため、リバウンドを起こす。

④リバウンドを起こした客に、またプロテイン粉末を売る。
①~④が永遠に続きます。
この「恐怖のスパイラル」でこれらの企業は儲けているわけです。

DHC プロテインダイエットで激やせした友近さんは、8kgの「リバウンド」をし、再度DHC でダイエットに再挑戦し、宣伝に出ています。
DHC は自ら、自分の会社の商品がリバウンドすることを証明したのですが、これでもDHC を買う人がいるから、私は不思議でなりません。
まあ会社としてはジレンマといえばジレンマなのかもしれませんが、そんな会社の収益のために我々がお金を払い続ける必要はありません。

あなたはこの「恐怖のスパイラル」に陥らないように気を付けて下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする