筋肉トレーニングをすることで得られる4つのメリット

筋トレが我々に与えてくれる多くメリットを、あまり知られていないものも含めて紹介しようと思います。
この素晴らしい効果を知る事で、あなたは筋トレをせずにはいられなくなるはずです。

さて、私は日ごろ一貫して食事だけによるダイエットや肉体改造はお勧めしないようにしています。
それはもちろん、リバウンドリスクを避けるという意味がありますが、それ以上に大きな理由があるからです。

それは、筋トレやエキササイズは、「筋肉」のみならず、「脳」「精神」に対しても非常に多くの恩恵を与えてくれるからです。
これからその筋トレの素晴らしい恩恵を一部紹介したいと思います。

【脳】

筋トレは脳に対する影響力が非常に強い事をご存知でしょうか?
アメリカの大学の研究では、運動をすることで、記憶力、理解力、仕事効率、それぞれが30%アップするとわかっています。

実際、あるアメリカの学校で、1 限目の授業前に運動をさせつづけていると、テストの点数が飛躍的にアップしたそうです。
万学の祖と言われた、アリストテレスが、何かを発想するときは歩きながらが良いと言ったことは有名です。

以前から、血行が良くなり、酸素供給量が増えるといったレベルの研究結果はでていましたが、ここ数年で脳と運動の関係は飛躍的に解明され、運動には酸素どうこうなどのレベルを超えて、セロトニン、ドーパミン、ノルアドレナリンなどの、脳に強い影響を与えるホルモンを活発にしてくれる働きがあることがわかってきました。

更に、運動することはアルツハイマーの防止効果があることもわかっています。
運動は、脳に極めて良い影響を与えるのです。

【精神】

筋トレやエキササイズは、精神にも非常に良い影響をもたらします。
たとえば、精神への悪影響の代表格であるストレスは、筋トレやエキササイズをすることで改善されます
※ここでは「ストレス」=「精神的にまいっている状態」と定義し、ストレスの引き金となるプレッシャーを「ストレス源」と定義します。

もう少し具体的に説明します。
まず、生物はストレス源に直面すると、心臓がドキドキして、筋肉が硬直し、汗をかきはじめます。
これは本来、決して悪い反応ではなく、昔、ライオンなどの強敵を前にした人間が、「闘争逃走」を選択し、準備運動なく、素早く行動を移せるようにスタンバイする非常に優れた能力でした。

しかし、現代社会において、このライオン的な存在は私達の生活からほぼ消えました。
そして、目の前に現れたライオンは会社の上司へと変わったのです。

ライオンが上司に変わったことで、多くの人は上司を殴るという「闘争」も、会議室から逃げ出すという「逃走」も完全に禁止された状況に陥りました。
この現代人の置かれたどうしようもない状況と、カラダの奥底に動物として受け継がれているストレス源への自然反応とのギャップから生じる行き場のないエネルギーが、健康に悪影響をおよぼす「ストレス」なのです。

これを解決するのに手っ取り早いのは、このエネルギーを違う場所で出し尽くしてしまうことです。
カラオケで大きな声を出したら、スッキリしたことはあると思います。

これは溜まったエネルギーが放出されることでストレスが解消する良い例です。
つまり、闘争または逃走で使われるべきだったエネルギーを思いっきり放出させることで、ストレスは解消されるわけです。
筋トレやエキササイズには、こういった素晴らしい精神安定効果があるのです。

【肉体】

最後に、肉体への影響をお伝えします。
筋トレをすると重要なホルモンが分泌されます。
それが「成長ホルモン」と「男性ホルモン(=テストステロン)」です。

この2つのホルモンの力は絶大で、我々のカラダに多くのメリットを与えてくれます。
その一部を紹介すると、
精力が増強される。
髪の毛が増える。
体毛が減る。
脂肪が燃焼する。
リーダーシップ能力が芽生える。
夢、希望、成功欲が湧いてくる。
モチベーションが高まる。
コレステロール値が改善する。
肉体のパフォーマンスあがる。
肌が引き締まる。
脂肪がダイエットなしで減り始める。
セルライトが減る。
血圧値が下がって正常化する。
免疫力が高まる。
腎臓の機能があがる。
骨が強くなる。
自然治癒力がアップする。
肌が若返る。
髪の毛が太く力強くなる。
・・・
成長ホルモンと男性ホルモンにはこれだけ素晴らしい効果があるのです。
まずは大まかなメリットとして、これだけの効果があるという事実を抑えておいて下さい。

以前より筋肉に関する知見が広がったのではないでしょうか?
この知識が筋トレの基礎となるので、しっかり覚えておいて下さい。

筋トレに役立つ3つの知識

ここからは筋肉増強に役立つ筋肉トレの一般的基礎知識を紹介しようと思います。

「コンセントリック、エキセントリック」

「コンセントリック」は、重力や負荷に反して重りを上げるトレーニングのことで、それに対し、「エキセントリック」は、筋肉で重力や負荷ブレーキをかけながら行うトレーニングです。

スクワットでいうと、腰を上げるときは、重力に反して筋肉を動かしているので、「コンセントリック」です。反対に下ろすときは、重力にブレーキをかけているので、「エキセントリック」になり
ます。

そして、我々が目指す肉体作りには、エキセントリックが優れています。
理由は以下の2つです。
1.筋肉を、より傷つけることができる。
2.「速筋線維」を優先的に鍛えてくれる

坂道は上りより下りの方が疲れる、といった経験をしたことはあると思いますが、これはエキセントリックが、より筋肉を傷つけているから起こります。
更に、コンセントリックに比べ、エキセントリックは速筋線維を優先的には鍛えてくれることもわかっています。

エキセントリックを意識したトレーニングとしては、たとえばベンチプレスで、上げる時に2 秒かけたら、下げるときはその倍の4 秒をかけながら下げていくなどの方法が有名です。一度試してみてください。

アイソメトリックス

アイソメトリックをひと言で言うと、「動かない筋トレ」のことを言います。
具体的に体験してみましょう。
ちょっとその場で合掌してみて下さい。
そして、力いっぱいお互いの手のひらを7 秒間押し合ってみて下さい。

どうですか?胸が熱くなってませんか?
これが、アイソメトリックストレーニングです。
アイソメトリックストレーニングは道具を使わず、場所をとらずに手軽にできる筋トレであるにも関わらず、筋肉増強効果に優れたトレーニングの一つです。

スロートレーニング

「スロートレーニング」という言葉を聞いたことがある方は多いかと思います。
スロートレーニングは、その名の通りゆっくりやるトレーニングを指し、トレーニング中の血流を抑えることで、乳酸等の物質を大量にため込みます。

この乳酸などが溜まった状態は通常、筋肉が傷めつけられている状態に起きるので、実際には筋肉はそれほど傷ついていなくても脳が勝手に傷つけられていると判断し(=勘違いを起こし)、成長を促すのです。
現在、効率的なトレーニングとして広く認められています。
ちなみに、「加圧トレーニング」は全く同じ理屈で筋力の増強を図ります。

ただ、スロートレーニングが自らのカラダで血流を制限するのに対し、加圧トレーニングは、専用の器具をつかって外部から血流を制限するものであり、専門的知識がないと血栓ができて命にかかわる可能性があると言われています。
現在は資格がない人が行うことは原則として禁止されています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする