腸の汚れが病気の原因に!自宅で腸をきれいにする2つのステップ

我々が急激に筋肉を付けようとして、タンパク質ばかりにフォーカスしていくと、どうしてもこの問題にぶつかります。
それが腸の汚れです。

これはタンパク質を多く取っているか、いないかに関わった事ではないのですが、とにかく現代人の腸は汚れています。
理由は様々ありますが、大きな原因の1 つは、酵素不足です。
酵素が足りないと、食べたものが胃で充分に消化されずに腸に進む事になり、消化不良の状態のまま腸内に残存します。

その消化不良の食べ物が、人間の腸内およそ37 度近くの真夏の暑さの環境に放置されたら、どうなると思いますか?
そうです。当然腐りだします。
そして、腐りだした食べ物は毒素を出し続けます。

この腐って停滞している食べ物の事を「宿便」と言うのですが、この邪魔な宿便が腸に居続ける事で、腸は栄養を吸収できなり、どれだけクオリティの高い食べ物を摂取しても意味がなくなります。
もちろん、筋肉の素である、タンパク質などの栄養素を吸収することもできないので、筋肉の構築は阻害されます。

ちなみに、現代人の腸には平均して1kgの宿便が詰まっていると言われています。
これはあくまで平均で、最高記録では25kg の宿便をため込んでいる人もいました。

この事実からわかるように、現代人の腸は不要なゴミ廃棄場になっており、これが原因となって筋肉どうこう以前に、様々な健康問題を引き起こしているのです。

一番有名なのは「癌」です。
日本の癌で1番多い癌は肺癌ですが、2位は大腸癌です。
アメリカでも3 番目に多いのが大腸癌で、癌死の原因としては2 番目に多いというデータが出ているのですが、その原因のほとんどが腸に溜まる宿便によるものです。

その他にも、腸のトラブルとして「憩室」というものがあります。
憩室とは、消化管の壁が外側に向かって袋状に飛び出した状態で、腸のある部分が風船のようになってしまう症状です。
これは宿便や宿便が発生させるガスの圧で膨らんでできてしまうものなのですが、もし目の前にパソコンがあったらGoogle さんで「大腸憩室症」と打ち込み画像検索をしてみて下さい。

写真でみるとその恐ろしさがわかると思います。
憩室という言葉をまだ聞いた事がない人もいるかもしれませんが、1952 年の段階で45 歳以上の人が10%持っていたのに対し、1992 年の段階ではほぼ全員が持っているというデータがあり、現在確実に増加傾向にある、腸の汚れを増殖させる原因の一つです。

ダイレクトに痛みを発生するものではないので、みんな気付かないのですが、もし45歳まで生きたら100%の確率で持つ可能性が高いという事です。
腸が汚れは恐ろしく、以下のような様々な問題を引き起こします。
頭痛、尿路結石、痛風、リュウマチ性関節炎、アトピー、肥満、

ED、ナーバス、歯ぎしり、吐き気、腹痛、かゆみ、口臭、疲労、不眠症、アレルギー、イライラ、記憶障害、などなど
あなたにも思い当たるものはないでしょうか?
あるとしたら、あなたの腸も汚れている可能性が極めて高いと思って下さい。

我々は、筋肉のためはもちろん、健康のためにも腸内をキレイに保たねばなりません。
ではどうやって腸をキレイにするのか?

腸の洗浄には大きく2つのステップがあります。
1.便を剥ぎ取る
2.便を押し出す

まずは腸内にこびり付いている便達を剥がしていき、その後で一気に押し出すというステッを取る事で腸は清潔に保たれます。
そして、ステップ1の便を剥ぎ取る役割を持っているのが「食物繊維」です。

食物繊維とは、腸内で水分を吸収してゲル状になり、宿便や食べカスといったゴミを全て吸着してくれる働きを持っているのです。
そして、食物繊維を含む最も優秀なハーブが、
アマニ(フラックスシード)
サイリウム

聞いた事が無い人も多いかもしれませんが、サプリメントなどで売られているので、検索してみて下さい。

通常の食品から摂取するのであれば、
オートミール
玄米

こちらはスーパーにも売っているはずです。
ちなみに食物繊維は便を出すだけで無く、脂肪蓄積ホルモンであるインシュリンの分泌も防いでくれる素晴らしい効果を持っています。

次に、ステップ2の便を押し出す役割を持っているのが「蠕動運動」です。
蠕動運動とは腸がミミズのように動いて便を押し出そうとする動きの事ですが、食物繊維を摂取した後、この運動を活発にすると剥ぎった便を全部押し出してくれます。

そして、蠕動運動を活発にしてくれる優秀なハーブが、
センナ
カシ(ミロバランノキ)

こちらもパウダーなどで売られているので、検索してみて下さい。
通常の食品から摂取するのであれば、
レモン
ジンジャー(生姜)
ハバネロ(唐辛子)

どれも非常にクセが強くて単体では食べづらいものではありますが、腸の動きを一気に活性化してくれるものなので、積極的に取り入れて欲しいと思います。

最後に、腸内洗浄において絶対に欠かしてはいけないのが、水(ミネラルウォーター)です。

便に限らず、体外に毒素を出す時は必ず水が使われます。
汗しかり、鼻水しかり、小便しかり、全てのデトックスは水が起因となっています。

便は一見、水分が少なそうに見えるかもしれませんが、その6 割以上は水分でできており、腸内に十分な水が無ければ便が出る事はありません。
ですから、毎日必ず水を摂るようにして下さい。

目安は1 日2~3 リットルです。
人間が1 日で失う水の量は平均2.5 リットルなので、このくらいの補充が必要です。
また、できれば、朝一番に500ml は必ず摂るようにして下さい。

人間の生活リズムで最も便が出やすいのは午前中なので、その間に一気に出し切れるよう、起床後すぐに水分を摂ることが大切です。ちなみに、蠕動運動も一緒に狙って、レモン水などにすると更に効果が高まります。

以上が解毒のパートになりますが、ほとんどの病気は腸が原因と言われるくらい、腸を綺麗に保つことは重要なことです。
もちろん肉体改造のためにも欠くことはできません。ぜひ腸まで意識した肉体改造を行って下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする