口下手でもキャバ嬢と仲良くなって彼女にする方法

女ったらしの男は最低だ!という話は良く聞きます。
私の個人的な意見ですが、男は女ったらしでも良いと考えています。男たるもの、女に興味がなくなったら終わりだと思います。

まず、この私の記事をご覧になる前に、いくつか約束をしておいてもらいたいのです。
自分の欲望に素直になる事。
女の子を乗り換えるということに何ら罪悪感を持たない事。
これだけは約束してください。

最近、自分の欲望に素直になるという事を忘れている人が多いのではないかと思います。ビジネスでも恋愛でもそうです。
純粋にお金が欲しい!とか、純粋に女の子とイチャイチャしたい!と真っ直ぐに思う人が少なくなってきたように感じます。

今の世の中は弱肉強食です。2割の強者が8割の弱者を牛耳る時代になっています。
恋愛においても、モてる男が2割、モテない男8割という風に別れてくるでしょうし、その勝ち組負け組みの世の中は浸透しつつあります。

モテない人は一生モテないままで終わります。
しかし、逆を言うとモテる人は一生モテモテの人生を送る事ができます。あなたはどちら側の人間になりたいですか?私は間違いなく後者です。

一生モテモテで芸能人のような可愛い女性、あげくの果てには女子大生なんかとも毎日デートをするくらいモテモテになりたいのです。
私は、来年の12月までに、毎日デートの予定がはいっていて、女性を順番待ちにするくらいの男になりたいのです。

女性が私とデートしたくてもうたまらない!という状態にまで持って行きたいのです。

想像してみて下さい…。
良く街を歩いていてすれ違う、ミニスカートの超可愛い子、セクシーなキャバ嬢。
そんな女の子達が私とデートしたくて順番待ちをするのです。
あなたも、そんな風になりたくないですか?その手助けを私が少しでも出来れば光栄だと思っています。

実体験という大きな経験

このノウハウは、私自身がキャバクラで働いていた時の実体験や情報をもとに作成しました。なので、内容は当然すべて真実のみになっています。

私は若いころ、夜の世界でたくさんの時間を過ごしてきました。
私はキャバクラで働く事が多かったので、毎日キャバ嬢の裏話や、様々なディープな会話を聞いてきました。

そのため
「キャバ嬢の好みのタイプはどんな男なのか?」
「キャバ嬢が彼氏にしたい男のタイプはどんな男なのか?」
「キャバ嬢が絶対NGな男のタイプはどんな男なのか?」
という事については人一倍理解しているつもりです。

キャバ嬢とプライベートでお付き合いしたいと考えている人はたくさんいると思います。
この記事ではそんな私の実体験から得た、「口下手でもキャバ嬢と仲良くなって彼女にする方法」を全てお教えします。

お客はカモである

私は、キャバクラでは全般業務をこなしてきましたが、その中でキャバ嬢の偉大な仕事ぶり、考え方、そして彼女達の心理を勉強させてもらいました。

例えば、キャバ嬢がお客さんとお付き合いすることはそう滅多にありません。
言い方は悪いですが、たいていはお客さんのことをカモとしか見ていません。

「お客様がいくら使ってくれるのか?」
それが彼女たちの仕事なのですから、お客さんのことをそう言った前提で見ています。

ですから、あなたが最初にすることは「お金をたくさん使えばキャバ嬢が自分のことを好きになる」という間違った考え方を改めなくてはいけません。
さらに、はっきり言うと、お金を使ったからといってキャバ嬢が自分の事を好きになるケースはほとんどありません。あなたがお金持ちだったとして、毎週キャバクラで大きなお金を落としている。例えそうであっても、そのお金の使い方は間違っているのです。

「キャバ嬢を口説く」という目的でお金を使っているなら、それは多いに間違った考え方なのです。

例えば、毎週キャバクラでお金を20万円落としているとしますよね?
はっきり断言します。
「それでキャバ嬢があなたに落ちると思ったら大間違いです!」

キャバ嬢は一生あなたに振り向かないでしょう。なぜならあなたはそれでは、ただのお客様だからなのです。
まず、目的を決めて下さい。細かく明確にするのです。
あなたは、キャバ嬢と一時の時間を楽しみたいのですか?
それとも飲みにいったのをきっかけに彼氏彼女の関係を作りたいのですか?
この目標設定次第で全くもって戦略は変わります。

キャバ嬢が自分に振り向かない!と嘆く人に足りないはこの目標設定なのです。目標が曖昧なので結果も曖昧なのです。ましてや、キャバ嬢は中途半端な男を極端に嫌います。
なので、まずキャバ嬢と親密な関係になるという目標を設定したならとことんそれをつらぬいて下さい。何があっても諦めない!ギリギリまで行動する!という気合をもつのが小悪魔的発想です。

目的は良い人を演じる事でもないですし、キャバ嬢に気に入られる事でもありません。あくまでキャバ嬢と親密な関係になるという目的を達成する事に全力を尽くします。

大切なのは自己投資

もしあなたに「キャバ嬢の彼女を絶対に作りたい!」という目標があるのなら、目的の女の子との飲み代にお金を使うということは今すぐやめて下さい。
そんなお金は無駄です。飲み代に投資するお金は一回目の来店だけで十分なのです。
その最初の1回で勝負を決めます。

数回飲みに言ってたであろうお金を、1回分の約2万円程度にして、残りのお金を自分の洋服や小物に使って下さい。
女を落とす機会を溢れるほど勝ち取るためには、まず自分自身に力がなくてはいけません。インフラをしっかりと整えない事にはお金も女おも流れてきません。

この考え方が大事です。
キャバ嬢は見かけをすごく重要視する子も多いですから、この自己投資の部分にお金をかけたほうが良い結果がでます。間違っても、「キャバ嬢に高額なプレゼントを買おう!」なんて思わないでくださいね。

なぜなら、キャバ嬢はそういったプレゼントに関してあまりにも慣れすぎているからです。
例えあなたが高額なプレゼントをあげたとしても、大抵そのプレゼントに対して心底喜んでいる事はありません。表向きは喜んでいるかもしれませんが、それも仕事の一環なので、内心は極めて事務的に受け取っているだけです。

酷い場合は従業員に安く売られてしまう場合もあります。私自身もかなりお世話になってきました。一度、現金をお客さんに無理やり渡された女の子がいて、現金をもらったこともあります。

そうなんです。お客さんのそういう行為は大体が下心あってのモノなので、プレゼントをあげるあなたも同類だと思われてしまうかもしれません。
だから、ここであえて言わせて頂きます。
高額なプレゼントなんかは、逆効果なんです!

下心丸出し!と見られてしまうんです。
あげくのはてには「キモい!」なんて言われてしまいます。それこそ、自己満足の無駄な投資という事になります。

まず、キャバ嬢とのプライベートな関係を勝ち取りたいのなら、キャバ嬢には出来るだけ投資は避ける事です。
キャバ嬢自身にいかにお金をかけずに目的を達成するのか。最小の投資で最大の利益を得るビジネス的考え方が必要です。

では、お目当ての女の子や、会って間もないキャバ嬢を口説くにはどうしたら良いのか?
多くのキャバ嬢が言っていることですが、多くの子は自分が「素敵だな。」と一度思うとドンドンその人に惹かれていってしまうという傾向があります。

ではキャバ嬢は、一体どういう人に惹かれるのかというと、「自分を磨いている」という努力が見える人に惹かれるのです。

キャバ嬢はプライドが高いので、自分につりあう男性しか認めません。
私の経験上、キャバ嬢を口説くのは他の女の子を口説く時よりも、若干違う方法が必要だと感じます。
見かけをしっかりと整えたり目をひく格好をすると、かなりの確立で好感度があがるという傾向が高いのです。
全ての女の子というわけではありませんが、極めて高い確率の方法なので小悪魔的手法ではこの方法を採用しています。

これらの事実を踏まえた上であなたは、服装や小物など、自己投資に力を注ぐべきなのです。

キャバ嬢に人気の高い服装やアクセサリー

それでは、ここでキャバ嬢に人気の高い服装やアクセサリーを紹介しておきます。自分のキャラにあわせてチョイスすべきですが、たいていの女の子はこれが好きです。

1. スーツ

スーツは、高額なものでなくても、キレイに着こなしていることがポイントです。
ブランドなら、ドルチェ&ガッパーナやタケオキクチなんか結構ポイントが高いです。色はベージュなど、デザイナー系の着こなしが高ポイントです。

2.時計とアクセサリー

時計とアクセサリーもシンプルにつけこなしていることがポイントです。
なので、時計もブルガリなどのシンプル系がベストです。時計と組み合わせるアクセサリーは、基本1個が原則です。

3. 髪型と靴

髪型と靴はキレイすぎるくらいにしておきましょう。とにかく、清潔感が重要です。
結構、夜働いている人はイカツイ系の服装や派手な人が多いので、怖そうに見えない格好やオシャレな格好を心掛けて下さいね。

イメージ的には、さわやかで、紳士的でオシャレな印象を心かけて下さい。
ドルチェ&ガッパーナやタケオキクチはベストなチョイスなのですが、なかなか高額なので購入できないという場合も多いかと思います。無理して高額な物でなくても、たとえ安いモノであっても、ポイントだけ気をつけたコーディネイトで臨むことです。

コツは、なるべく夜を感じさせないような、爽やかコーディネイトです。
なぜなら、キャバ嬢や夜働いている人というのは、どこかで明るい光をうらやましく思うからです。夜働くという事は通常、マイナスの時間に無理やりプラスの時間を作るという事なのです。

夜働くという事はそういうストレスがあるのである。
生理不純になったり、肌が荒れたりと昼間に仕事をしていた頃には思い掛けないトラブルが続出したりするものです。
そんな中、キャバ嬢たちは心のどこかで常に、昼間の普通の女の子に戻りたいという事を考えています。

人間心理のない物ねだりで自分にはない輝きを持った男性や、人種に惹かれるのは当然の事なのです。
ですから、あなたはこの爽やかさと紳士的な風貌を心掛けなくてはいけません。

キャバクラではどうあるべきか?

しかしここまでいっても、いざという時下心丸出しだったり、シモネタばかりのしょうもない話題ばかりでは、最悪の結果を招きます。
なので、次に「キャバクラではどうあるべきか?」それを教えましょう。

まず、キャバ嬢も人間です。そして商売人です。 キャバ嬢は、本当にプロの商売人です。今、あなたの目の前にいる相手は、そういう相手なのです。

でも、女の子はみんなそうなのですが、寂しがり屋という一面があります。女の子なら誰しもそうなのですが、誰よりも「愛されたい!」という気持ちが強いのです。

人をもてなすことのプロである彼女達だからこそ「自分だけを好きになってもらいたい!」、「大切にされたい!」という欲望が強いのです。
そして「刺激」を常に求めています。

完全にそうしろというわけではありませんが、基本の考え方としては「何をしたら彼女達は喜んでくれるのか?」それを常に考えて下さい。
キャバクラではあなたが接待してもらうではなくて、逆にキャバ嬢をもてなしてあげて「日頃のストレスを晴らさせてあげよう!」というくらいの気合でいってください。

では、どういう事をすると彼女達は喜ぶのかというと、まずは変な気を使わせない雰囲気を作るという事です。

まず明るく、面白さを全面に出して下さい。気取ったり、かっこつけたりするのはマイナスです。
さわやかな感じであいさつをして下さい。女の子がお酒を作るのを取り返して、手伝ってあげたり、作りかえしてあげたり、とにかく女の子の緊張をほぐしてあげて下さい。
わざとお酒をこぼしてしまうのも結構、手です(笑)。下手にかっこ付けていると大変絡みにくいのでダメですよ。

自分から名前を聞いてあげて、可愛いあだ名なんか付けてあげるといいですね。あだ名をつけてあげたら、「俺にもつけてよ~!」なんて女の子に言って下さいね。
そのような、ノリノリな感じで終止楽しんで下さい。

タイミングを見計らって悩みを打ち明ける

そして、タイミングを見計らって女の子に悩みをうちあけてみて下さいね。ここは真剣に悩みを打ち明けて下さい。
悩みが無いという人も、何でもいいですから「何か一つでも彼女達に真剣なことを相談する」なり、お話などをして下さい。
そして女の子の悩みなんかも、聞きだして下さい。

ずっと楽しく話していた人がいきなり真面目になったりすると、そのギャップは結構効くものです。
これは、ばっちりはハマると結構強力なのです。ハマれば、完璧に電話番号を教えてくれます。

魔法の言葉

そして最後に、魔法の言葉があります。
帰り際にさりげなくこう言います。勝負(クロージング)は必ず最後です。

「いや~。 こんなに聞いてくれる人いないし、普通に君とあいたかった!」
「彼氏がうらやましいな!」
なんて言ってみてください^^

もし彼氏が、いない場合はそのままの勢いで電話番号なんか交換しちゃってください。
「えっ、じゃあ電話番号交換とかダメ!?」
「彼氏がいないなら普通にメールとかで話してみたいな!」

こんな感じで聞いてみて下さいね。さわやかに、もし断られてもノリで済むような感じで言ってみて下さい。

最後に簡単にまとめると無邪気で、素直に、変な打算のない態度が一番だという事です。
「素直な男性」これこそが一番のモテる男だと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする