「この男ありだなあ」と思わせる男のファッション

女から見て♀「この男、ありだなあ」って思うポイントはいろいろあると思います。男と違って、女の価値観は様々なので、いろんな男たちに可能性があります。

イケメンが嫌いな女、白豚みたいなメタボ君が好きな女。女の価値はほんと多種多様です。

ですが、オシャレしない、オシャレをハズしてしまっている男でモテている男はいません。大金をかける必要はありません。でも、オシャレしないと、あなたの「当然意識」も働きませんし、きっちり、無駄なく作りこむことであなたの自信、女へのアプローチも変わってきます。

ここでは、あなたの「男としての価値」をアップさせるファッションの話をします。オシャレのポイントはいろいろあると思います。素材、流行、高級感であったり。

でも一番追求したいポイントは 「サイズ」 です。おしゃれがイケていない人って。。。必ず服のサイズがズレてるんです。

大きかったり、小さかったり。そして本人が一番、それに気づいていない。男の服がブランドものかどうか女にはあまり関心がありません。男の服は、ユニクロセータでも、GAPトレーナーでもなんでもいいんです。特に変な服とか、汚れている服でなければ。

こぎれいでサイズぴったりなら問題ありません。だから自分がいちばんかっこよく見える、服のサイズにウルサくないとモテるファッションを手に入れることができません。

服は自分が「見る」ものではないのです。周囲すべての人があなたを見る時に目に入るもの=それがあなたのファッションです。

♂「俺ってこういう人間です 」 というサインになってます。

だからなんか俺って垢抜けないんだよなあって悩んでいるなら、自分の着たい服を自分で選ぶのは辞めましょう。自分に似合う服をセンスの良い人に選んでもらう。これが大事です。

そして服選び最大のポイントはコンプレックスを隠そうとしないことです。

例えば、私はやせていますし、足も短いです。スタイルは良くありません。

私のコンプレックスは

  • 体格を良く見せたいということ。
  • 足を長く見せたいということ。

きっと太っている人なら細く見せたいとか、いろいろ悩みはあると思います。モテないときの私のファッションはコンプレックスをカバーしたくて、ものすごくヘンテコでした。

大きめのシャツやセーターを着て、細さを隠し、ブーツカットのジーンズで足の短さをカバーしてました。ジーンズだってもちろん細くなかったです。太かった。

本来のサイズより大きめのジーンズをベルトで止めている感じ。

当時の全身写真は撮ってないですけど見れたもんじゃないです(汗)コンプレックスのポイントが逆に強調されてしまいました。

あるとき、プロのコーディネーターさんと知り合いになり、一念発起して持ち服をすべて見直しましたことがあります。そこからさらにサイズと色と形にこだわって慎重に服を選びました。

プロの意見はホントすごいです。素直さは大事ですね。今ではオシャレな男の一員だと思っています。

プロのコーディネイターさんがいないならショップ店員と相談しながら服選びをするべきです。そうなると、ちょっと高くてもいいので専門店とかに行きたくなりますね。

最初、自分のスタイルが見つかるまでは専門店でチョイスしたほうが確実な投資になります。

私はバーバリーブラックレーベルの服が大好きです。シルエットがキレイでスタイルがよく見える。しかも、大切に使うと5年は使える。丈夫なんです。(お値段はそれなりですが)

自分のファッションが決まると、外出することに一切ストレスがないですね。人の多いところに出かけても自分の見た目にコンプレックスがゼロです。心に羽が生えます。オシャレは1日にしてならず。

そして行き着いた先は「自分にぴったり」の普通の服が一番、女に好印象だったということです。派手だったり、攻撃的だと第一印象が良くないですね。

変な第一印象を持たれると、イメージを挽回するのが大変です。オシャレも行き過ぎると「ナルシスト」の烙印を押されます。だから「普通の服」です。ユニクロやコムサのチラシに載っているモデルさんみたいに、普通の服を普通に着こなすのは、実はなかなか難しい。私は普通の服を、普通に着こなせるまで努力しました。

普通の服を、普通に着ることが最大のオシャレ。これは鉄則です。

女子受けもいい。服の色だって、グレーとか紺ばかりだったものを薄いピンクとか濃い緑色とか「強さ」を強調しすぎない色を選びました。

今では「自分にぴったり!」と思った気に入った服があれば色違いで2着以上必ず買います。自分の魅力アップの強力な武器です。服との出会いは人との出会いと同じ。同じMサイズでも実際に着てみるとメーカーごとに大きさが違うんです。試着は必ずしてくださいね。

ユニクロのチラシに載っているモデルのような普通っぽいアイテムを、ユニクロを使わず揃えると結構サマになります。

そして、セール時期は逃しません。安くなるのを待ちすぎると、お店から自分の欲しいサイズがなくなります。これだけは注意です。

12月で冬物も入荷はほぼ終了。1月には春物が出ます。1月末の冬物のセールにいったら欲しいサイズがない、色がないということもありました(笑)

また、夏であれば、6月に入るころには夏物モノの第一陣は終わってます。私は梅雨前に夏物はすべて買い足しました。

それとオークションで服を買うのは難易度が高いです。2着買って1着が使い物になるかどうかです。始めは5着買って全滅でした。

オークションはニオイやサイズでNGというのがやっぱり多いですね。香水の香りとか。出品者さんはウソを言っている訳ではないし着丈や身丈も間違いじゃない。そして現物を見れるわけではないので、服の生地や裁断方法によって同じMサイズでも 大きかったり小さかったりします。やっぱりというか、当たり前ですけど服と靴は絶対に試着すべきです。

繰り返しになりますが、コンプレックスを、服でカバーしようとしていると余計に強調することになります。太っている人も、小さい服を選ばないことです。

太った友人の服をコーディネイトした経験があるからわかります。思い切って自分にぴったりサイズの服を選ぶ事です。すっごく、かっこ良くなりました。出ているおなかに視線をひきつけるようなバックルだけはやめること、ズボンが落ちなくても、ベルトだけはキチンとつけること。

ベルトの位置、腰の位置が足の始まりの位置だと思ってください。(女にはそう見えるらしいです。・・・・へんなの・笑)

でもマタ上(がみ)がありすぎるズボンはNGです。おっさんくさいので。。。逆にローライズ過ぎても・・・イタい。しゃがんだとき、お尻見せないでくださいね。

それと靴(クツ)と靴下(クツシタ)。これは超重要です。靴(くつ)はクルマと同じ。靴を見ない女はいません。絶対に見られるポイントなので慎重に選んでください。そして靴下は見せても良い「下着」です。

もう一度言います。靴下は常に見せても良い「下着」なんです。 女たちはガチで見ています。ここにはセンスが出ます。バリッと服を決めていてダサイ靴下じゃあ・・・女は醒めます。

例えば、ビシっと決めたスーツ姿に白い靴下は絶対にNG。マザコン坊やにしか見えません。

オシャレは足下からと良く言われます。女は足もとを見て、この男は「おしゃれだなー」「ダサいな」と判断しているから。

なんとなく気付いたと思うのですが女はいつも男の目の届かないところばかり見ようとします。男のスキをついたところ、油断したところを見ようとします。女は常に、男のヨロイの隙間ばかり見る(笑)

女は男の後ろ姿が大好きだったりします。後頭部の寝グセをチェックしていたりします。それだけ女は男を信用していないのかも。女の見る「男の箇所・ポイント」は常に、常に、男の「手薄な」ところです。

オシャレは行き過ぎたりしなければ、(ナルシストにならなければ)気を遣いすぎるということは絶対にありません。なぜなら女たちは、外観、外見が整っている=内面も整っていると考えているからです。

我々男は人間の中身と外見は別と考えています。ここが大きく違う点です。女にすれば、
♀「内面がしっかりしている男は、女にアプローチする時、失礼のないように身の回りの準備をしていて当然。というか女と会うときの常識でしょ?」
と普通に考えています。

だから、我々男が外見を改善せず「心・中身だけで勝負したい」というのは甘えというレベルじゃなく、ただの マナー違反、ルール違反 なんです。外観を整えておかないと、中身で勝負させてもらえる土俵まで上がらせてもらえない。

あなたが、外観を整えることはあなたのモテる「当然意識」の育成にもとても大事ですし、女へアプローチするとき、絶対に避けて通れない道です。

外観を整える=アプローチの準備をすることさえしていない男からしつこく追われたり、しつこくアプローチされると、
♀「ただの非常識な男でしょ?」
と思わせてしまう。あなたの中身が最高にすばらしくても、勝負させてもらえる土俵にさえ上がれない。彼女があなたに嫌悪感しか感じなくなってしまう。

モテる男たちの歩き方、自信ありげな振る舞い方を身につける方法】を読み返して欲しいのですが、姿勢が決まって、さらに、さらに、外観が整い、ファッションが決まれば、女からの視線を感じる頻度も高くなってきます。

それと、本当のおしゃれ男は、スーツはトレンドを選び、私服は定番モノを選びます。

♂「スーツの形なんて変わらないだろう?」って思ってスーツは数年前から同じモノを着ていて、私服でトレンドを追いかける男たちがほとんどですが、これがやっぱりダサいんです。

私が毎月読んでいるファッション雑誌が、日之出出版社のSafari です。Safari誌でモデルさんがつけている 普通っぽいアイテムを 安いブランドでそろえています。

一気に説明しましたが、ここでも「普通の男をしっかり造り込む」という思想で、解説しました。イケメン気取りはいらない。普通の男を目指す。これが一番強い。そのための基本になります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする