複数の彼女が欲しい!同時に複数の女を追うときの注意点は?

男の純情には価値がない。女にとって価値のある純情は、「彼氏の純情」だけ。

だから付き合う前に、狙っている女だけを一途に追いかけると、女は全力で逃げます。だから複数の女を追えという結論に達しました。【最短距離でモテる男になるために知っておくべき当然の意識とは?】などの項目を、再度しっかりと読み直してください。

複数を追え!複数の彼女を持つべしなどと言われると、公序良俗に反する行為だと感じる男たちもいるかと思うのですが、モテそうな男たちはあたりまえのように恋人候補が大勢いますし、モテる女たちの周りにも、彼氏・彼氏候補・男友達など、多数の男たちがいます。

一途に追いかけて、ようやく本命の女をゲットする。それただのフィクション=ドラマです。数人以上の彼女を保有しているモテる男たちは、女とのパワーバランス、恋愛フィールドにおける自分の安定感が欲しいのです。

候補を数人、保有しているとわかりますが、圧倒的な心の安定感が得られます。 これがデカイ!

女は常にずるく、そして無条件でモテまくることを知り尽くしている。だからモテる男たちは、複数の彼女を保有して、安定感を持って、ムリめの女、モテそうな女にアプローチできている。

そしてこれは、男の恋は浮気し放題なんだという意味ではないのです。こういうアプローチをしないと、男の恋愛は成功しないということなんです。

モテない恋愛最底辺地獄時代、私もこのパワーバランスの重要性に気づいた。そして、ふと思いました。

♂「出会いがないのに、複数を追えと?」
♂「たった1人にもモテないのに、複数を追えと?」

んな、あほなと・・・。

でも、見るからにモテそうな男たちは、あたりまえのように恋人候補が大勢いて、モテる女たちの周りにも、彼氏・彼氏候補・男友達など、多数の男たちがいるという、このアタリマエの現状を知ったとき、何をしなくてはいけないのかを知ったのです。

自分自身のことを、一途でマジメな男であると規定しドキドキハラハラなアプローチをしたところで、女にとって、宇宙にとって、地球にとっては、どうでもいいこと。

小さな自分自身の決めた、全力でマジメ男であろうとする「決意」「意思」なんて、社会の中では、ゴミ以下。それよりも安定感を持って女たちに接することができるという能力の方が大事。

自分のしたいことではなく、成すべきこと、成さねばらなぬことを成す。それだけ。その結果が複数の女を追えということなんです。他の恋愛にいそがしい男=女に不足してない貴重な男。これは見た瞬間、一瞬でわかります。

だから「俺はモテる」とかわざわざ言わない、見せつけないこと。(あなたの価値をオトしてしまう)。

あなたの心はあなたにだけわからない。周囲からはとても良く見えます。モテるモテるアピらなくても十分わかりますし、あえて言わないことで男の価値を上げます。

つまり、女にモテること、女がいることが(女たちには)一瞬でわかるのに、あなたが全然自慢したり見せつけたりしないことで、あなたの男としての価値が上がるんです。

だからこそ複数の女を追いかける行為を見えないところでやるということなんですね。

ここでは複数を追いかける注意点をまとめます。

複数を追う注意点

複数を追おうとして、無軌道に複数の女を追うと本命女も必ず逃がします。私も少しだけモテだした時に、この大失敗を経験しました。未だに悔やむ失敗です。

複数を追うときの絶対ルールは、

  1. 本命女を同じ環境にいる女を誘わない
  2. 本命以外の女を本気にさせない。

この2つが大前提なんです。

1.本命女を同じ環境にいる女を誘わない

当たり前ですが、少しモテレベルが上がると職場やクラスで「いい感じ」で接してくれる女が出てきます。もう少しで「お茶くらい誘えるな」っていうレベルです。

でもここで注意が必要です。社内に本命の女がいるなら誘ってはダメです。絶対にダメです。

複数を追いかける目的はあなたに余裕をもたせること。本命女が同じ環境にいるのに、そこで別の女に声をかけるという行為は、ものすごい遠回りになります。

別の女を誘って嫉妬を狙う? この考えは甘いです。本命女はあなたに嫉妬なんかしません。ましてや高嶺の花、職場のアイドル級の女であれば絶対に嫉妬しません。

誘ってもバレない?
いいえ。社内の女の情報網は光ファイバー & 超高速うわさ網 です。

翌日には本命女の耳にも絶対に入ります。そして男が見落としがちな部分。社内やクラスには「女の序列」があります。女は職場やクラスでは1人では生きていけないのです。

男からみたら職場のアイドル、クラスの華でも女の世界で序列が上だとは限らない。かわいいからっていい気になるな!と思われて、職場のアイドル女は、女のグループの中では序列が低いことも多い。

かわいい女が、女の世界で冷たく扱われていることがとても多い。女の世界は、かなり厳しいです。超・体育会系。

例えば、あなたが狙っている本命女がいるとして、あなたが社内で別の女を追いかけたとします。その女が本命女から見て、自分より先輩だったり序列が上の女であれば、本命女が、あなたと付き合う事は、その会社にいるあいだ絶対にありえません。

こうなってくると、何のために複数を追いかけているのか? 意味がわからなくなります。複数を追うのは手段にしかすぎません。あなたに余裕をもたせるためです。アプローチの問題点の洗い出しをするためです。本来の目的は本命の女を落とすことです。

複数を追いかける課程で、本命女に知れてしまい、お互いに身動きが取れない状態になってしまったらアウト。手段と目的を間違ってはいけません。

女は仲間グループからハブられるくらいなら、あなたからのアプローチなんぞ100万回でも断ります。

先輩にアプローチしているあなたに食事に誘われただけで、ウワサやイジメの原因になりえるのです。女の世界は陰険です。イジメなんて日常茶飯事です。だから社内に本命の女がいるなら、同じ社内で別の女を誘っては絶対にダメ。ただの遠回りなのです。

あなたがその会社の部長とか社長で、その社内における「女の序列」を破壊できるほどの権威者なら♀「仕方なくOKしました。。。」とグループの女たちへ言い訳ができるかもしれない。

でも、あなたが新人君であったり、平社員ならば、いくら複数の女を追って余裕をゲットしようと思っても、社内の女を誘っては絶対にダメなのです。

女の序列に亀裂を生む男。社内の女たち全員から白い眼で見られます。

♀「あたし、○○さん(あなた)に食事に誘われたの」

♀「え?あたしも! なにそれー!?(怒)」

はい。これで、2人もアウトです。可能性ゼロ。女たちは動けない。

結局、自分の誠実さを社内に示すためには、あなたが複数を追いかけようとした課程で、アタックした「予備の女」に真剣にアタックを続けるしか、解決方法がなくなります。そして付き合う状態にまでもっていくしかない。

仮に予備の女にフラれでもしたら、女という生き物は「他の女のおさがり」は嫌なので、結局、社内にいる別の女たち(本命女含む)もゲットできない。

また、仮に予備の女と付き合えたとしても、その事実が社内の女たちにすべてが発信されます。最悪なことに、あなたの本命女も、あなたと予備女との情事含め様々なニュースをすべて知ることになります。

そして、あなたが(予備の彼女を)、冷たく扱う、冷たい態度を取る、デートの時間に遅れる、つまらないデートをする等々、これら全部、社内に筒抜けになります。本命女と同じ環境にいる、別の女は対象外にしましょう。

2.本命以外の女を、本気にさせない

例えば、本命女が近くにいないため、ネットで知り合ったコを予備の女にしようとした場合。そういう環境で予備の女をもった場合は、社内調達より比較的簡単で安全です。

でも油断は禁物。 「距離感」だけは大切にしましょう。手に負えないと思ったらサクッと斬ります。

複数を追いかける目的はあなたに余裕をもたせるためです。負担を増やすことではありません。

複数を追えという意味は、本命女を複数探せというのが目的ではありませんし、本命でない女に恋で悩めと言うわけでもありませんし、予備の女相手にデート代や時間を浪費するためでもありません。

私の場合、今現在のアイドル級の女のコ 6人同時進行が限界点です(笑) 一人欠けても、すぐ補充しますが。

とにかく、予備女を本気にさせてはいけませんネ。女は本気になると、あなたの私生活にさえ介入してくるようになります。女は、離れさせようとすればするほど本気になるので、始末が悪いです。

あなたという男をあきらめてくれない場合、女は、あなたの恋愛環境の破壊者となる可能性があります。

つまり、あまり関係を持ちすぎないこと。ほどほどにしておくことです。キレイに別れるコツは 飽きられることです。

本命をオトしために複数を追わなくてはいけない、モテる男たちはバランス環境を持っている。でも、追うときは慎重に追う。そして複数を追うメリットは、いくつかのデメリットも同時に生み出します。

複数の女を追うということは、それだけ恋の悩みも増えます。予備の女相手に恋で悩めと言うわけでもありませんが、それでも悩みは発生します。

さらに、予備女の調達に際して、どうやって新しい女を見つければいいのかわからない、どうやってアプローチすればいいかわからないなど、調達に際しての悩みも増えます。

まず、私がおすすめする出会いの手法は

  • 出会い系パーティーに出席する
  • コンパに行く
  • 出会い系サイト、SNSなどネットを使って知り合う
  • ネットのSNSなどのオフ会に参加する
  • 街頭や飲み屋でナンパする

など、いくつかあります。このブログでは特に、出会い系サイト・SNSなどのネットでの出会いに特化してご説明しようと思います。

また、どうやってアプローチすればいいか? という部分ですが、出会い系サイト・SNSなどのネットでの出会いに特化した以上、メールを使ってアプローチをするという形になります。

会社員や大学生にとって(時間・金銭・プライバシーの観点から)ネットでの出会いは、安全で安上がり。そしてなにより秘密裏に行動できるという、様々なメリットがあります。

このあたりは、次回くわしくご説明します

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする